大喜利 笑点 本日の笑点は、歌丸師匠追悼大喜利が行われましたな。

 その中で、歌丸師匠と円楽師匠の関係が知られ、涙しましたね。

 素晴らしい落語家をなくしましたな。

 その関連記事は、

 「円楽、歌丸さん追悼大喜利で涙『ジジイ!早すぎるんだよ!』」 によると、

 2日に慢性閉塞性肺疾患のため死去した落語家、桂歌丸さん(享年81)がレギュラー出演していた日本テレビ系演芸番組「笑点」(日曜後5・30)が8日に放送され、メンバーは涙をこらえて歌丸さんへの感謝の大喜利を披露した。

 歌丸さんが出演していた直前ミニ番組「もう笑点」(日曜後5・25)には黒い着物姿のメンバーが出演。「笑点」で司会を務める春風亭昇太(58)が、「7月2日に桂歌丸師匠が旅立たれまして、50年間『笑点』を支え、私たちの礎を築いてくれた歌丸師匠をしのびまして、きょうは『ありがとう歌丸師匠スペシャル』をお送りします」とあいさつした。続けて始まった「笑点」では、1966年の番組スタート時からレギュラー出演し、2006年から10年間、司会を務めた歌丸さんと番組の歩みを映像とともに振り返り、メンバーがそれぞれ思い出のエピソードを披露した。

 その後、「歌丸さんありがとう大喜利」と題し、それぞれが感謝の思いを笑いで表現。お題は天国にいる歌丸師匠に向かって「歌丸師匠○○してくれてありがとうございました」と叫び、司会の昇太が「ありがとうございます」と返し、その後続けるというもの。

 歌丸さんとは高齢をネタに「くたばれ!」など舌戦を繰り広げ、司会を担当してからも愛のある毒舌で笑いを提供しあってきた三遊亭円楽(68)は、「回答者だった頃、そして司会になられても、私の悪口を優しく受け止めてくれて、罵詈雑言にも耐えてくれて、ありがとうございました。最後にひと言、言わせてください…。ジジイ!早すぎるんだよ!」と絞り出し、目元を潤ませた。

 最後は昇太が「みなさんに楽しんでいただくのがわれわれの仕事でね。この追悼の大喜利もたくさん笑っていただいて歌丸師匠も喜んでいただけたと思います。81年間の生涯でしたが、その中の50年以上笑点に携わっていただいて、われわれもこの後に続いて、頑張って、みなさんに楽しい気持ちになっていただけるような放送をしていきたいと思います。歌丸師匠本当にお疲れさまでございました」と締めた。

 この日の放送分は7日、歌丸三の死去後初めて全員が集合して収録された。同局は12日に歌丸さんをしのぶ「ミスター笑点 桂歌丸追悼特番」(後7・0)を放送する。

と言う事だそうですね。m(_ _)m