御浜海水浴場 如何やら、8月初めまで、猛暑が続く様ですね。
 
 その後は、平年の気候だそうで、一応、ホッとして居りますが、如何ですかな?

 写真(左)は、西伊豆戸田「御浜海水浴」ですね。

 その関連記事は、

 「8月の初め頃にかけて猛暑続く 気象庁1か月予報」 によると、

 気象庁は19日、向こう1か月の予報を発表した。東・西日本は太平洋高気圧に覆われ、向こう1か月の気温は高い見込み。特に7月後半は、平年よりかなり高くなりそうだ。北日本も暖かい空気に覆われやすく、気温は平年並みか高い予想となっている。

暑さは8月の初め頃まで

 週別の気温予報によると、1週目(7月21日〜27日)から2週目(7月28日〜8月3日)にかけては北日本〜西日本の広い範囲で太平洋高気圧に覆われて、気温が平年より高くなる見通し。高温傾向が特に顕著な東北や東日本、近畿、中国、四国、九州北部に対し、気象庁は「高温に関する異常天候早期警戒情報」を発表して、体調管理や農作物の管理に注意するよう呼びかけている。
 
 なお、この暑さは3週目以降(8月4日〜17日)落ち着いて、平年並みに近づく見込み。また、沖縄・奄美では台風や湿った空気の影響で2週目にかけて気温は平年より低くなる予想だ。

降水量はほぼ平年並み 日照時間は日本海側ほど多い

 台風や湿った空気の影響を受ける沖縄・奄美で降水量が多く、日照時間が少ない予想となっている他は、全国的にほぼ平年並みの降水量で、日照時間は平年並みかやや多い見込み。

と言う事だそうですね。予報が的中してくれることを祈りましょう。(*_*)/~