dr.mino-hitokotomonomousu ほう、「唾液」の後は「呼気」ですか!

 医療技術の発展は、凄いですな。

 今後は、如何なる発展が見られるのでしょうかね?

 その関連記事は、

 <画期的!息による新型コロナ検査法開発 東北大・島津製作所> によると、

 東北大学と島津製作所は、息から検体を採取して新型コロナウイルスの感染を調べる新しい検査システムを開発したと16日発表しました。痛みを伴わない画期的な検査方法の開発です。

 新型コロナウイルスの検査では、鼻やのどの奥から粘液を採取し、分析にかける方法が広く使われています。ただ、採取には痛みを伴い、幼い子どもなどから確実に検体をとるにはハードルが高いのが現状です。
 
 東北大と島津製作所が新しく開発した呼気による検査システムは、吐いた息を結露させて専用の装置で処理をし、分析器でウイルスの有無を調べます。従来の検査では、鼻の奥など感染が広がった部分からサンプルを採取しますが、呼気の場合は肺や気管支の状態を診ることができます。
 
 また、従来のPCR検査は新型コロナウイルスにターゲットを絞り、特定のDNAを増やして感染の有無を調べていました。この分析方法では、新型コロナウイルスといった特定のウイルスの検出だけでなく、呼気中に含まれる別のウイルスや体の異常を引き起こすタンパク質なども検出することが可能です。

 東北大では臨床試験でデータを集め、早ければ1年後にも実用化に向けた申請を目指したいとしています。

と言う事だそうですね。m(_ _)m