アルファエックス 何と、その試験走行が記者試乗に・・・。

 豪く、静かだったそうですね。(*_*)/~

 写真(左)は「ALFA-X」で、先頭と後尾では車両の形が異なって居りますな。

 その関連記事は、

 <時速380キロの乗り心地は? 次世代新幹線「ALFA−X」〈宮城〉> によると、

 時速380キロの世界を体験です。JR東日本が開発を進めている次世代新幹線の試験車両「ALFAーX(アルファエックス)」の走行試験が報道陣に公開され、記者が乗り心地を体験してきました。

 10月27日午後11時すぎ、JR仙台駅に次世代新幹線の試験車両「ALFAーX」が入ってきました。

記者リポート
 「私の後ろにあるのがALFAーXです。特徴はこの長い鼻です。その乗り心地を、今から体験してきたいと思います」

 先端部分の長さは22メートル。トンネルに入る時の空気抵抗を少なくします。

 今回の走行試験は仙台駅と盛岡駅の間で行われました。徐々にスピードを上げていきます。そして、岩手県の一関市付近で時速380キロに到達。

記者リポート
 「今、速度が380キロを越しました。これははやぶさの最高速度を60キロほど上回る速度です。かなり速いんですけども音や圧力をほとんど感じません。私の目の前にあるお茶を見てみても分かりますが、それほど揺れていないのが分かると思います」

 JR東日本では最高時速360キロでの営業を目標にしていて、試験では400キロに達したこともあるということです。

JR東日本研究開発センター 浅野浩二 所長
 「時速360キロでも、320キロの乗り心地と同等かそれ以上を目指す」

 JR東日本では今後も騒音や耐久性などの試験を続け、北海道新幹線の札幌延伸が予定される2031年春までに導入したい考えです。

と言う事だそうですね。m(_ _)m