菊の御紋2dr.mino-hitokotomonomousu まあ、言わずもがなですな。

 さてさて、如何なります事か?

 その関連記事は、

 <「皇女」にふさわしい方は? 眞子さま結婚望むも気になる女性皇族のお相手の“資質”〈dot.〉> によると、

 いま、皇族減少の課題に対して「皇女」の制度が政府内で検討されているという。女性皇族が一般男性と結婚した場合に、特別職の国家公務員として皇室活動を担うという案だ。具体的に、誰に「皇女」の呼称を贈ることになるのか。そしてそのお相手は……。

*  *  *
 注目を集めている「皇女」の制度は、以前から議論されてきた女性宮家創設とは別の案。女性宮家は皇籍を離脱せずに女性皇族が皇室にとどまるのに対し、皇女は結婚後に皇室を離れたのちに「皇女」の呼称を贈り、公務を担ってもらうというもの。となると、すでにご結婚された方も「皇女」として活動できるのかなど、対象の範囲が気になるところだ。

 現在の皇室は18人で構成。うち未婚の女性皇族は、天皇皇后両陛下の長女の愛子さま、秋篠宮家の長女眞子さまと次女佳子さま、三笠宮家の長女彬子さまと瑶子さま、高円宮家の長女承子さまの6人だ。

 近年、結婚を機に皇室を離れた女性は、2014年に高円宮家の次女の千家典子さん、2018年には同じく高円宮家の三女守谷絢子さんがいる。そして、いま秋篠宮家の長女眞子さまも結婚を希望されている状態だ。

 「皇女」にふさわしい人物として国民がまっさきに思い浮かべるのは、2005年に東京都職員の黒田慶樹さんとご結婚された黒田清子さんではないだろうか。天皇陛下の妹であり、上皇・上皇皇后両陛下の長女。そのお人柄については、美智子さまが言葉を失ったときは清子さんの存在が心の支えだったと報じられるほど。

 国民の期待が高まるが、皇室ジャーナリストは次のように推測する。

 「皇女として皇室活動を担うのに望ましい方だというのは私もその通りだと思っています。ただ、残念ながら清子さんはご辞退されるのではないでしょうか……。というのは、清子さんは伊勢神宮の祭主を務められています。これは皇室にとっても非常に大事な役割なんですね。清子さんも、それを大切に考えていらっしゃるはずです」

 神宮祭主は、天皇の代わりに伊勢神宮に赴き、大祭をつかさどる。清子さんは、昭和天皇の長女で上皇陛下の姉の池田厚子さんから2017年にその役割を引き継いだのだ。

 「皇女の対象となる方を女王まで広げるかどうか。現実的には内親王の範囲にとなることとが考えられます。つまり、愛子さま、眞子さま、佳子さまの3人です」(皇室ジャーナリスト)

 しかし、眞子さまに対してはいま、国民から厳しい目が向けられている。小室圭さんとの結婚については、長期化している母親の金銭トラブルと、結婚後の生活にも不安が残ったまま。国民が手放しでお2人の結婚に賛成できない状態が続いている。

 「皇女も、国民からの尊敬を受ける存在になることが望まれますが、配偶者によっては厳しい声が出てくるかもしれませんね。ただ、眞子さまはもともと国民からの人気が高い女性皇族ですし、内親王としてのご公務はしっかりとなさっていました。その点は心配ないでしょう。本来ならば皇女の呼称を贈るのに異論はない方です。正直、小室さんに対するこだわりが抜けてくれればと思いますが……」(同)

 女性皇族の結婚相手に求めるものは、人として尊敬できること、自覚のあるふるまい、高収入よりも安定した生活だという。果たして今後、小室家の金銭トラブルが解決したとしてもこれまでの経緯から、小室さんにそれらが備わっていると国民は判断できるだろうか。

 こうして配偶者となる人の存在を考えると、女性宮家の創設よりは皇女は「不安要素」が少ない制度といえる。皇女の制度は、女性皇族は結婚で皇籍を離脱することには変わらないので、その配偶者はあくまで一般人。皇室の活動とは一線を画すことになるのだ。国民もそれで気持ちに折り合いをつけることができるかもしれない。

 切り離して考えることはできない、皇女の議論の行方と眞子さまの結婚問題。今後の展開を国民は注視している。(AERAdot.編集部/鎌田倫子)

と言う事だそうですね。m(_ _)m