IMG_0131dr.mino-hitokotomonomousu 本当に、困ったものですね。

 現場を分析し、現状に似合った、早急な施策が必要ですな!

 その関連記事は、

 <「現場」を知らない的外れな施策! タクシー&バス業界の「運転手不足」解消にならない「二種免許」受験資格の緩和> によると、

受験資格が19歳以上、普通免許等保有1年以上となる

 2020年6月2日に“改正道路交通法”が可決及び成立し、6月10日に交付された。今回の改正道路交通法では、“第二種免許等の受験資格の見直し”が行われた。なお施行については、2022年までを目指しているとのこと。

 現行法下では、タクシーやバスなどの旅客輸送車両の運転に必要な第二種免許の受験資格は、“21歳以上かつ普通免許保有3年以上”となっている。なお受験資格の特例として、旅客自動車教習所の教習修了者等(第二種免許)については、21歳以上かつ普通免許等保有2年以上となっている。これが改正道路交通法では、特別な教習を修了した者について、第二種免許(大型免許・中型免許も緩和)の受験資格を19歳以上、普通免許等保有1年以上となる(21歳に達するまでの間に、基準に該当する違反を行った場合には、講習の受講義務あり)。

 第二種免許と同時に受験資格が緩和される、大型免許や中型免許が必要なトラックドライバーの方が、人材不足は深刻なのだが、同じようにタクシーやバス業界も慢性的な乗務員不足となっているので、今回受験資格が緩和されている。

 とはいっても、じつは世の中には第二種免許を持っているのだが、旅客輸送業界に関わっていないという人が多く存在しているのもまた事実。つまり、高齢化が進むなか、次の世代が入ってこないため、慢性的な乗務員不足となっている。 “稼げない仕事”とか、“きつい仕事だから”といったことで、第二種免許を持っていても異業種で働く人が多いため、そのような人を呼び寄せるような魅力的な仕事にしていく方が効果的ではないかとの声もある。

本当の改善策は免許を取りやすくすることではない!

 「若年層から積極的に乗務員を集めようというのが法改正の背景にはありますが、そもそも若年層は、第一種免許すら保有していないという人も少なくありません。そして若年ドライバーは年配ドライバーよりも運転操作がアグレッシブなことが多いので、事故発生率が高いとも聞きます。また、社会人経験が浅いので、多種多様な乗客に対して接客が十分できずにクレームにもなりやすいなどのリスクも高いともいわれています。しかし、それより……」と、業界事情通がさらに続けた。

 「隔日勤務(連続19〜21時間ほどの勤務)ならば、新型コロナウイルス感染拡大が起きていないような平常時では、月に12から13出番(タクシーに乗ることができる回数)あります。ただ、基本的には同じことを繰り返すだけですので、若いうちから始めて長い間続くのかという不安があります。また、たとえば4年制大学を卒業してすぐに乗務員となれば、その時点では稼ぎ方次第ですが、同期で一般企業に就職した人より乗務員のほうが収入は良いでしょうが、その後はサラリーマンのような定期昇給はないので、一定年齢で立場が逆転することにもなるでしょう。さらには、乗務員をやめ、異業種に転職しようとしても、前職が乗務員(とくにタクシー)だと選考時点で不利になるともいわれています。若い人を多く乗務員として採用できたとしても、結果的に長続きしなければ、“第二種免許を持っているだけの人”を増やすだけになるという不安もあります」と話してくれた。

 タクシー事業者としては、いままでのように異業種経験がある人を採用すると、なまじ社会人経験があるだけに、スムースな労務管理ができないこともよくある。そこで、社会人経験がなく、世間に染まっていない学卒者の採用を積極化するという気持ちもわからないではないが、根本的に魅力ある職業でなければ、思うように人が集まらなかったり、どの世代の人を雇おうが長続きしないなど、乗務員不足を解決に向かわせることは難しいといえるだろう。

と言う事だそうですね。m(_ _)m