IMG_2768 そうなんだ、知らなかったでは済まない事に・・・。

 確りと、油性の細字ペンを使用し、署名して置きましょう。

 その関連記事は、

 <知らないと危険!クレカ裏面の署名、しないとどうなる?!> によると、

 クレジットカードの署名欄、「ちゃんと名前を書いたほうがいいの?」と思っている方もいるかもしれません。それは、必ず書かなくてはいけないものです。なぜなのか、書かないとどうなるのか解説します。

■クレジットカードの裏面の署名は必須!
 普段使っているクレジットカードの裏面、じっくりと見たことはあるでしょうか。よく見ると名前を書く欄があり「署名のないカードは使用できません。」「上欄に署名されたご本人以外は使用できません。」などと小さな文字で書かれています。

 クレジットカードの署名は、本人であることを示すものです。また、カードを使って買い物をした際に、クレジットカードの署名と伝票に書いたサインを見比べて、カードの所有者と利用者が同一人物であることを確認するためにも使われます。

■署名がないとどうなる?
 署名がないと、お店によってはクレジットカードの利用を断られる場合があります。

 また、もし自分のクレジットカードを誰かに不正利用されてしまった場合に困ることになるでしょう。本来なら、不正利用の被害に遭ってもカード会社から補償を受けられますが、クレジットカードに署名がなかった場合は自分にも責任があるとみなされます。利用分の支払いを求められる可能性があるので必ず署名しましょう。

■署名するときの注意点
 署名するときは、次の点に気を付けましょう。

●油性ペンを使う
 水性ペンや消せるボールペンは、使っているうちに署名が読めなくなってしまうのでNGです。また、太すぎるペンでは文字がつぶれてしまいます。油性の細字ペンを使いましょう。

●利用時のサインと同じように書く
 クレジットカードの署名は、本人の名前なら漢字、ひらがな、ローマ字、いずれでも構いません。ただ、伝票に書いたサインと見比べることがあるため、カードが漢字なら伝票も漢字、カードがローマ字なら伝票もローマ字というように、常に統一するようにしましょう。

■クレジットカードが届いたら、まずは署名を
 クレジットカードに署名がないと、不正利用などのリスクが高まり危険です。手元にカードが届いたら、忘れないうちに名前を書いておきましょう。

と言う事だそうですね。m(_ _)m