hannsinnawajidaisinnsai
 もう、26年が経ちましたか!

 実に早いもので、その教訓が生かされて居りますかね?

 その関連記事は、

 <阪神淡路大震災から26年「がんばろう」コロナ禍に…> によると、

 6434人が亡くなった阪神淡路大震災から17日で26年です。新型コロナウイルスによる緊急事態宣言のもと、神戸は深い祈りに包まれています。

 今年は新型コロナ感染防止のため、密への注意を呼び掛けるアナウンスが流れるなか、祈りが捧げられました。

 毎年、並べられる竹灯籠(とうろう)の本数も去年の半数に減り、1.17の文字は小さくなりました。

 来場者:「子どもたちにも命を大切にすることをこれからも伝えていきたい」
 友人を亡くした女性:「亡くなった人の分も私は生きてるんや。(コロナでも)負けたらあかん」

 会場には式典に来られない人のメッセージが書かれた「紙灯籠」約8000本で「がんばろう」の文字も作られました。主催者によりますと、「がんばろう」の文字はコロナ禍で悩む全国の方々への励みになれば、と選ばれたということです。

と言う事だそうですね。m(_ _)m