gijidou ほう、いよいよ解散ですな!

 さて、一体如何なりますかね?

 その関連記事は、

 <国会あす解散 与野党最後の論戦 コロナ対策全体像「今週中に指示」> によると、

 岸田総理は、あす衆議院を解散します。国会では与野党が岸田総理を相手に“最後の論戦”を繰り広げました。

国民民主党 大塚耕平 代表代行
 「第6波が発生した場合、何をどのように改善するつもりかお答え下さい」

 野党側は“第6波”への備えなど、岸田政権の今後のコロナ対応を質しました。

岸田文雄 首相
 「新型コロナ対策については、今週中にどのような事態を想定するか、公的病院の専用病床化を含めた病床確保策など、対応策の全体像、骨格を指示いたします。“第6波”への備えも含めて、今週中にその骨格指示をいたします」

 岸田総理は公的病院の専用病床化を含む病床確保など、これから取り組むコロナ対策の全体像を今週中に指示すると表明しました。これには、岸田総理が総裁選を通じて訴えた「健康危機管理庁」などの組織整備も含まれるとみられます。

公明党 山口那津男 代表
 「国産のワクチン、治療薬の開発・実用化を強力に支援することが急務です」

岸田文雄 首相
 「より強力な変異株や新たな感染症にも対応できるよう、国産ワクチンを含め産学官の研究開発を集中的に支援するとともに、国内外の治験環境や製造拠点の整備、薬事承認プロセスの迅速化などに取り組みます」

 岸田総理は国産ワクチンだけでなく国産の飲み薬の開発も積極的に支援すると答えました。代表質問を終え、岸田総理は、あす衆議院を解散します。一方、野党側は与党側に繰り返し、解散前に予算委員会を開催するよう求めましたが、与党側は拒否しました。

立憲民主党 安住淳 国対委員長
 「自民党に対して、また政権に対してですね、抗議声明を出さざるを得ない状況だと思っております。我々野党の提案を拒否して解散することは、政府与党の数を背景にした横暴な態度であり、断じて容認できるものではない」

 各政党はいよいよ本格的な選挙モードに突入します。(13日14:59)

と言う事だそうですね。m(_ _)m