dr.mino-hitokotomonomousu ほう、そうなりましたかな?

 「新型コロナ禍」で、新しい生活習慣に変わって来ましたね!\(*_*)/

 その関連記事は、

 <近ツリ「アバターが対応」、JTB「ビデオ通話活用」…旅行プランのデジタル化が加速> によると、

 大手旅行会社が、旅行プランの販売でデジタル化を加速させている。スマートフォン経由での販売に注力するほか、会員制サイトでの割引サービスなども広がる。コロナ禍の業績悪化でコスト削減が急務となっており、店舗中心だった従来の旅行販売の見直しが進んでいる。

ネット経由 店舗を逆転

 日本旅行は今月1日、旅行サイト運営会社の旅工房と組み、10〜20歳代を狙った合弁会社を設立した。オンライン限定で旅行プランの予約を受け付ける。動画共有アプリやSNSでプランの情報発信にも力を入れ、「スマホに慣れた若者の需要を喚起する」(広報)考えだ。国内個人旅行のオンライン販売比率を2019年末の4割弱から25年末に7割に引き上げる目標を掲げる。

 クラブツーリズムも1日、月額550円で利用できる会員制サイトを始めた。観光地の歴史や鉄道といったテーマ別のオンライン講座を受けられるほか、会員限定のツアーなども申し込める。

 エイチ・アイ・エス(HIS)やJTBはスマホでのビデオ通話による接客を導入。近畿日本ツーリストは、コンピューターグラフィックス(CG)の分身「アバター」が専用サイトで相談に対応するサービスを近く始める。

 コロナ禍で旅行大手各社は業績悪化に苦しんでいる。21年3月期の連結最終利益が過去最悪の1051億円の赤字に陥ったJTBの山北栄二郎社長は、「(過去の苦境とは)次元の違う経営危機だ」と話す。

 JTBはコスト削減のため、店舗を19年度の480から21年度中に365まで減らす。日本旅行は昨年末に194あった店舗を来年末に半減させる。

 コロナ禍で店舗での接客が敬遠されるようになったことや、旅行販売の変化も店舗削減の背景にある。英調査会社ユーロモニターインターナショナルによると、国内の旅行販売額は20年、オンライン経由が店舗経由を初めて逆転した。「楽天トラベル」など店舗を持たないオンライン専業の旅行会社を利用する人が増えているためだ。

 近畿大の高橋一夫教授(観光マーケティング)は、「旅行各社はオンライン上で使い勝手の良い仕組みをつくり、認知度を高めていく必要がある。そのための大胆で継続的なシステム投資が欠かせないだろう」と指摘している。店舗削減などで固定費を削減しつつ、デジタル強化で新たな顧客を開拓し、売り上げ増につなげられるかが問われる。

と言う事だそうですね。m(_ _)m