IMG_0578a まあ、そうなるでしょうな!

 一刻も早い停戦を望みますがね。\(*_*)/

 その関連記事は、

 <ウクライナの民間ドローン製造会社、攻撃ドローン製造へ「ドローンは私たちの命を守ってくれます」> によると、

 2022年2月にロシア軍がウクライナに侵攻。ロシア軍によるウクライナへの攻撃やウクライナ軍によるロシア軍侵攻阻止のために、攻撃用の軍事ドローンが多く活用されている。

 ロシア軍はロシア製の「KUB-BLA」で攻撃を行っている。ウクライナ軍はトルコ製のドローン「バイラクタルTB2」やウクライナで開発した軍事ドローン「PD-1」でロシア軍の装甲車を上空から破壊してロシア軍による侵攻を食い止めている。またアメリカのバイデン政権は米国製の軍事ドローン「スイッチブレード」をウクライナ軍に100台提供する。英国も攻撃ドローンをウクライナ軍に提供することを明らかにしている。

 またウクライナ軍はロシア軍に侵攻された直後から、民生品のドローンを利用して上空からロシア軍の動きを監視、偵察していた。民生ドローンを販売しているお店がウクライナ軍にドローンを提供したり、個人が積極的に提供している。また海外から監視や偵察用のドローンや救命物資輸送用のドローンがウクライナ軍に寄付されている。紛争で多くドローンがあらゆる面で活用されているのは、ウクライナの紛争が初めてだろう。

「3〜4キロの爆弾を搭載して敵に攻撃できるドローンを開発」
 ロシアとウクライナの紛争で軍事ドローンによる攻撃が続いている。このような中、ウクライナのドローン製造民間企業が、今までは農業用の監視ドローンなどを製造していたが、攻撃用の軍事ドローンの製造に切り替えているというニュースを英国のForces Newsが報じている。

 報道の中でドローン製造企業の担当者は「3〜4キロの爆弾を搭載して敵に攻撃できるドローンを開発しています。現在まで3週間で30台の攻撃ドローンを製造しました。ウクライナ軍の必要に応じた様々なドローンを開発しており、ウクライナ軍からも喜ばれています。ウクライナ軍のドローンは私たちの命を守ってくれるのに役立っています」と語っていた。

 ウクライナ軍による民生品ドローンでのロシア軍の監視と偵察でのロシア軍の動向把握、そして攻撃ドローンによるロシア軍の装甲車などへの上空からの攻撃によってロシア軍の侵攻を阻止するのにドローンは貢献している。

 だが攻撃用であれ監視・偵察用であれドローンは何台あっても足りない。上空のドローンは偵察用でも攻撃用でも地上のロシア軍から容易に破壊されてしまう。電磁波でドローンの機能を停止したり、物理的にドローンを銃撃されて破壊されてしまう。攻撃ドローンは敵陣に突っ込んで爆破させるので破壊力はあるが、1回使用して攻撃したら、そのドローンの再利用はできない。ドローンは戦闘機や装甲車のように製造にかかるコストは高くないし、そのような重厚な兵器に比べると簡単に開発製造して使用できるが、容易に破壊もされてしまう。

と言う事だそうですね。m(_ _)m