2006年08月01日

インプラントシュミレーションソフトの進化 シムプラントバージョン10

ここ最近のインプラントシュミレーションソフトの発展には目を見張るものがある。シムプラントは1ヶ月ほど前からニューバージョンを発表した。このソフトは従来は骨の平面画像にインプラントの太さのバーをシュミレーションで埋め込む簡単なものであった。このシステムは半年に1回ぐらいのペースで確実に使い勝手よくなりすばらしい出来になっている。








今回から立体画像上のシュミレーションしたインプラントのアバットメントを装着してさらに人工の歯をのせられるようになった。しかも今まで英語で苦労した部分がすべて日本語表記に変わった。私の病院では歯のついた状態を患者さんに画面上でお見せしている。患者さんにもとてもわかりやすい画像が得られることも大きな魅力である。







トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

dentalimplant

livedoor ピクス
本ブログパーツの提供を終了しました
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: