これは一昨年の夏に作った記事なのですが、これをアップして以来、夏休みの宿題や自由研究関連の検索でこちらのブログにたどり着くお父さん・お母さんが増えました(笑)
夏休みももうすぐということで、再度この記事をトップにもってくることにしました。

自由研究・自由課題の宿題は何にしよう?とお困りの方、

電流イライラ棒を作りませんか!?


d1f5cd84



以下、昨年の記事を一部修正したものです。


子供たちが夏休みに突入しました。
というわけで、当分の間はグラトラをいじる時間がとれません。

仕方ないので、小4になる息子の宿題の一つ、「自由課題」に付き合うことにしました。
昨年の自由課題はパチンコを作ったのですが、今年は自分にとっても自由課題といえる「電気関係」にチャレンジしてみようと思います。 いや、息子がチャレンジすることになったんです。
もちろん私がすすめたわけじゃないですよ。

今年の自由課題は・・・・!?
皆さんご存知ですか? その昔、テレビ朝日のバラエティ番組「ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!」で放送されていたゲーム「電流イライラ棒」を!!

これは、電極棒をスタートからゴールまで迷路のフレームに接触させずに運べばOK!というもの。
もし途中で棒がフレームに接触してしまうと・・・大爆発!
いかに慎重に運べるか、集中力がカギとなるゲームです。
無題



で、これの小学生版を作ってみようということになりました。

息子の書いた設計図がこれですが、う~ん・・・ よくわかんない。
DSCF1755



息子の書いたものを参考に、自分も書いてみました。
う~ん・・・・ 意外と難しい!!

本当にイライラ棒がフレームに接触したら大爆発!という仕組みにしたら小学校で大問題になってしまいそうですね。
ネットで調べたところ、電子ブザーというものが数百円で売っていることがわかったので、イライラ棒接触時にそれが鳴るようにしようと思います。
あと、豆電球が光ればいいかな・・・?
電池は一本1.5V。 ブザーは6V前後に対応のものがあるみたいだから、それに合わせて電池4本を直列にすればいいのかな?
あ、豆電球は・・・ 6V対応のものをブザーと直列に繋げばいい? いや、並列・・・?
だったら6Vの豆電球ではなく、1.5Vの豆電球を4つ並べれば・・・・?
う~ん、わからない! でもこれは勉強になりますねー!!
息子と一緒に頭を抱えて相談しました。 ネットで一から全部調べればいいものを、わからない者同士2人で相談して、きっとこれでいいんじゃない!?って感じで計画が進んでいきます(笑)

無題


豆電球とブザーの繋ぎ方がよくわからないまま、買うものリストを作って子供たちとホムセンに行ってみることにしました。
ボックスってなんだ? あ、乾電池のソケットのことか。
ブザーってホムセンで見たこと無いなあ。
DSCF1753



パチンコ作った時と同じ板が売ってたのでそれを選びました。(当時の記事はこちら
DSCF1748



迷路の銅線を固定させるのに使う釘。
パチンコみたいな感じに打たないとダメかな。
DSCF1750



イライラ棒はアルミの棒にすれば電気が通るしいいかな?って思ってたら、息子がこれを選びました。
ん、穴に配線通しやすいからいいね。
DSCF1752



どんなのがいいのかわからないまま、一番安い配線。 1メートルで30円! そんなに安いの!?
DSCF1749



針金ぐるぐる巻きカスタムで大変お世話になった銅線。
今回は0.9mmのものを買ってきました。
DSCF1747



今回のメイン作業の一つ、ハンダごての使用。
自分が何よりも苦手にしているものの一つだというのに、息子に今回は教えます!!(笑)
子供の宿題ということで、材料費は家計から出るので大きめのはんだ買ってきました。
残った分は今度ウインカー移設の時に使うもんね~。  
DSCF1751



あとは豆電球、豆電球と乾電池のソケット、スイッチ を買おうと思ったのですが、ふと思いつきました。
これらを1つにまとめたものがダイソーにあるじゃないか!
あったあった! 自転車用のライト!
単三を4本使用なのでソケットはそのまま使える(?)、もちろんスイッチが付いていて、電球も単三4本に対応しているものが使われているはず。
これをそのまま流用してみることに。
DSCF1741



電子ブザーはやはりホムセンにもダイソーにも置いてありませんでした。
ネットで注文~。
img57569348


家に帰ってさっそく息子と自転車ライトを分解。
ソケット、このまま使えばいいかな?
電球は取り外さないとね。
DSCF1743



スイッチもこのまま使ってみよう。
あれ? これって4本が直列になっているの? 並列ではないですよね・・・。
DSCF1744



先の飛び出た2箇所の部分が+と-みたいです。
ここに配線を繋いでいけばいいかな~。
DSCF1746





板に簡単な迷路を油性マジックで書いて、釘を打ちつけていきます。
迷路はテキトーに書かせました。
トンカチの扱いは、去年の宿題でパチンコを作ったので問題なくできました。
トンカチは100円ショップのものです。
板の土台には、カスタムバーニングというバイク雑誌が適していることが判明しました。
トンカチを叩きすぎて板を突き抜けてしまった釘をしっかりとおさえてくれます。
IMG_0766



釘をひと通り打ち終わったら、次は銅線を張っていきます。
釘に巻きつけたり、ピーンと張ったり、緩めたり・・・ やり方は自由ですね。
息子の手の皮がやたらとめくれていますが、空手をやっているからなんですよ。
IMG_0772




意外とテキトーに張り巡らせたほうが完成した時におもしろいものになることがわかりました。
マジックで書いた迷路の通りに銅線を張る必要なんてありません。
ともかく、イライラ棒がギリギリ通れさえすればいいのです!
あれ!? 板をよく見ると、イライラ棒ではなく、ビリビリ棒って書いてある! 名前が違うじゃん!!
IMG_0770



ゴールでは銅線を折り返させ、スタート地点まで戻ります。
IMG_0773



銅線を張り終えました。
釘と釘の間隔などは最後にトンカチとペンチで調整していきます。
長い釘や短い釘など使い分けると面白味が増しますね。
電気の流れるものはなんでも利用できるので、アイデア次第でもっともっと楽しいものが作れると思います。
でも・・・ これは子供の宿題! ついつい親が頑張って本格的なものを目指してしまいがちなので気をつけて!(笑)
IMG_0775




電子ブザー・電球・電池とつなげていきます。
P8160268



こーんな感じで。
最後に超簡単な図を載せますので、私のように苦戦しているお父さんは参考に(?)してくださいね。
P8160266



このイライラ棒、穴があるおかげで簡単に取り付けできました。
太さもなにげに絶妙。
P8160271



電子ブザーと電球を直列でつないでみたんですけど、電球が光りませんでした。
理由がよくわからないんですけど、直列だと電気が弱くなるのかな・・・?
並列につないでみたら、ブザー・電球ともにOKでした!
P8160278



もちろん、すべてハンダ付けします。
う~ん、相変わらずうまくできません!(笑)
P8160279



小4の息子もハンダ付けにチャレンジ! もちろん下にはバーニング誌を敷きます!
読んでよし! 投稿してよし! 土台にしてよし! あらゆる場面で役に立つカスタムバーニング!
全国のお父さん、ぜひお買い求めください。
P8160272



むむう? 息子のほうがうまい・・・?
P8160280



とりあえず配線はつなぎ終わりました!
ほんとにこれで大丈夫なのかな・・・?
P8160277



スイッチをONにしてイライラ棒を釘や銅線に触れてみます。
ピーーー!!と大音量! そして、自転車のヘッドライト用の電球がピカー!!
やった! ばっちりです!
P8160281



電子ブザーは楽天で購入できます。
私が買ったものが現在でも売っているのか確認していないのですが、楽天で「電子ブザー」と検索するといろいろ出てきますね。
こういうのならハンダ付けができなくっても、なんとかなりそうな気がします。
4521718760827

私が買ったものは、電池2本以上を使えば85~90dBという音量が出るっぽいです。  
バイクに例えると、原付の騒音規制ギリギリの音量です。
これで330円。安いですね。


釘と釘の間隔をペンチで調整します。
あまり難易度が高すぎるのもつまらないですからね~。
ゴール間近から急に難しくなるようにしました。
IMG_0776



電球や電池ボックスの固定は、あえてダクトテープで貼り付けて簡単に済ませました。
もう少しちゃんとした物を作ろうかとも思ったのですが、小学生のやるレベルではないような気がしたので。
また、配線の状態がちゃんと見えるのもポイントです。 
一番大事なのは、ゲーム性よりも学習としての効果があったかどうかですもんね。
いや~電気の勉強になりましたよ! 私は。
IMG_0780



光るとかなり眩しいです。 普通に豆電球を使うよりおすすめです。
LEDのヘッドライトを使っても作れるかな・・・?  
IMG_0783



今回作った電流イライラ棒のかんたん配線図です。
<その1>の記事をご覧になればわかりますが、電球・電池ボックス・スイッチは100円ショップの自転車用ヘッドライトを分解して使用しています。
分解といっても、手でパカっと外すだけの超簡単作業でしたが。
電子ブザーは身近なところで手に入らなかったので、これだけはネット通販を利用しました。
電気専門店に行けば置いてあるかもしれませんね。
無題




ブザーが鳴り電球が光った時は、「おおおーー!!」と息子と叫んでしまいました。
いや~ たまには宿題もいいもんですね!
いま、息子はこのゲームにハマっています。
IMG_0785



ちなみに来年の夏休みの宿題は、先生のドン引き覚悟で「世界一びっくりするビックリ箱」を作る計画です。
びっくりといえば・・・ アフターファイヤー!?? 
そんなものを簡易的に発生させる方法は・・・??