大工の山崎でございます

長い歴史、日本の気候風土の中で育まれてきた伝統の木の家、建物づくり。 新潟はなかでも最も気候風土の厳しい土地だから、手間ひまかけてつくる家のよさを肌身に感じる土地柄です。 そんな中で手仕事にこだわった、大工のひとりごと。 毎日が新鮮で楽しく、今日がこれからの人生でいちばん若い日と意気込んで、日々木と向き合っています。 伝統の木の家づくりが大好きな、こだわり職人のつぶやき、ときにぼやき。すきに書かせてもらっています。    

子育ての家・寺尾東にてお引き渡し

寺尾東で建設中だった子育てをテーマにした木組みの家が完成しました。きょうはそのご紹介前半編ということで、アップさせていただきます。
子どもの気配を感じられるL形配置のLDKほか充実収納など、見どころもいっぱい!

子育て世代の家_寺尾東DSC00716
玄関前の表情

子育て世代の家_寺尾東DSC00764
木の香あふれる玄関ホール

子育て世代の家_寺尾東DSC00685
帯鋸の自然な風合いの腰板

子育て世代の家_寺尾東DSC00718
玄関収納室

子育て世代の家_寺尾東DSC00725
L型配置のLDK

子育て世代の家_寺尾東DSC00733

キッチンからダイニング

子育て世代の家_寺尾東DSC00695
食器棚とスライド式の炊飯台

子育て世代の家_寺尾東DSC00731

寺尾東の家は間もなくお引き渡しへ

子育て世代の家、寺尾東の家の建築工事が、月末のお引き渡しに向けて進んでいます。
あちこちに職人の手がとられていた今年でしたが、今日は建具屋さんに入ってもらって最後の調整です。
新潟市西区寺尾東の家_DSC00698

新潟市西区寺尾東の家_DSC00696
ふんわりと間仕切る障子をリビングダイニングキッチンに入れて
今はこんな感じです。

その彼が見詰めている先は・・・

新潟市西区寺尾東の家_DSC00714

新潟市西区寺尾東の家_DSC00691

新潟市西区寺尾東の家_DSC00688

階段手すりの親柱に埋め込まれた瓢箪。

末広がりの形をしたひょうたんは、昔から縁起かつぎ、
開運ものとして愛され
、除災招福のお守りや魔除けとして
伝統的に用いられてきたものです。

家族の笑顔と笑い声がきこえる家づくり、あとちょっとで実現です!


子どもにも、お年寄りにも優しい家

しばらくぶりの投稿ですが、いま建築中の家の様子です。
玄関前の様子はこんな感じ。 
寺尾の家DSC04471

ポスト口も未完ですが、こんな意匠に。
ポスト口_SDSC04461

二階に上がると、主寝室から子供部屋まで
ロフトのあるつくり。
小屋裏構造、化粧垂木までがみえるので、
視覚的にもやさしい感じで、使い勝手も
喜んでいただけるように。
ロフトのある家_SDSC04466

緩勾配で明るい階段室。
蹴上げ18.8cm、踏み面29cmのゆったり階段は、
きっとお子様にも、歳をとった方にとっても
(人は必ず年を取るもの)やさしいはずです。
明るい階段室DSC04468


プロフィール

木組みの家

記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ