2017年05月06日

H29春季団体戦 結果報告と感想①

5月3~5日にかけ、國學院大學渋谷キャンパスにて平成29年度春季団体戦が行われました。参加された皆様、お疲れ様でした。

さて、気になる結果は・・・

続きを読む

dentsuigo at 21:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)囲碁 

2017年03月03日

たまにはシャドウバース以外のことも

arkです。
電通大囲碁将棋部の方々には4年間お世話になりました。
無事に博士本審査も通りまして、修了出来る予定です。
4月からはとある会社で働きます(すでに話した人も居ますが、一応会社名は伏せておきます)。
さて、修了前に何か少しくらい記事を書いておくかと思い、S野君からIDとPWを教えてもらいました。
書く内容はいくつか考えていたのですが、何というかこのブログは最近シャドウバースの記事ばかりで、囲碁から離れて行っているので、一旦囲碁に戻そうと思います。
という訳で、自作の詰碁をいくつか載せておきます。昨年の11月末から時々作っています。
まだ30問ほどしか作れていませんし、駄作、失題も多いのですが、比較的良く出来たかなと思えるものを3問載せておきます。
創作詰碁20161130






















創作詰碁20170131






















創作詰碁20170201






















全部黒先です。

なお、余談ですが、私もシャドウバースを数日前に初めてみました。
1日にソロプレイ1章くらいのペースですが、今日の例会で「3章でルナに殺された」と言った所、「3章で死ぬのは中々ですね(苦笑)」という感じだったので、私には向いていないかも知れません(汗)。



dentsuigo at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)囲碁 | Shadowverse

2017年02月06日

Gripper 4のレビュー、というか注意

もうとっくに2月ですが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
2016年はアルファ碁が李世ドル9段を破るなどして、囲碁AIが大いに脚光を浴びる年でした。2017年もMasterの60人斬りから始まり、これからとても楽しみですね。3月26日には第5回電聖戦が予定されているのでそちらも要チェックです。

さて本題ですが、ここからは分かる人にだけ分かれ、という態度で最近買ったダーツのパーツについて書きます。Gripper 4はご存知Unicorn社のシャフトです。3はGary AndersonやMichael Smithあたりが使っているのを見ますが、4は割と最近出たらしく、使ったことのない方も多いかと思います。今回はその未使用の人達に向けて言いたいのですが、Gripperはネジの精度が比較的悪いようなので買う時は注意して下さい。

Gripper4画像はWinmauのStratosに装着してみたものです。上下ともに同じパーツの組合せですが、上の方は奥まで入っているのに対し、下の方は隙間が出来ています。一応ラジオペンチを使って入れることは出来ましたが相当きつかったです。きついのですが、入れる外すを繰り返していく内にネジ山?谷?が削れていき、ちょっとずつ入りやすくなります。ただし結構面倒です。
加えて実はこのネジきつすぎ問題、以前から3でも気になっていました。3もきついんです。なので4の問題というよりUnicorn製シャフト全体の問題かも知れません。
また、シャフト根元部分の径も気になりました。手元のノギスで最大径6.20±0.05mmでした。比較のため去年ぐらいに買ったPro Gripの方も測ったところ5.70±0.05mm。Gripper 4、結構太いです。ということで装着時にはバレルとの間に段差ができます。グリップの仕方によってはそのへんに指が触れる事になるので、該当する人は気をつけましょう。

ここまでネジと径について文句を垂れましたが、いいところもあります。

3n4こちらGripper 3との比較画像となっております。左が3で右が4です。ちょっと見づらいですが、4の方は先っちょが丸っこく出来ており、この点では僅かに優れていると思います。3はフライトの装着のし易さを重視しての事か平たい頭をしているのですが、これはハードダーツにおいてはある事故を誘発します。










robinhoodダーツにダーツが刺さっていますね。正確にはシャフトとフライトとの隙間にポイントがねじ込まれているのですが、ハードダーツでは時々これが起こります。俗にロビンフッドと呼ばれるこれ、見る分には面白いですが、得点は損なので避けたいものです。そこで命運を左右するのがシャフトの先っちょの形状なのです(あくまで個人の見解)。ただし裏抜きがしっかり出来ていて矢速も出ていればそれも解消される(実際、世界トップランカーの試合を見ると殆ど起きていない)ので、道具に神経使う間に練習する方がよっぽど効果的でしょう。
 
まとめ:
Gripperはオススメしません。

※本記事は2017年2月の時点で手元にある製品について扱っています。それらの仕様は製造時期などによって変わる可能性があります。

dentsuigo at 04:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)