電気通信大学ロボメカ工房 Humanoid Robot部門ブログ

電通気通信大学 ロボメカ工房Humanoid Robot部門のブログです。2足歩行・ヒューマノイド・ロボットをキーワードにした活動の様子を日記に綴ります。

コミセン祭りに行ってきました

こんにちは、3年のヤマダです。

最近HAKUの調子が悪かったのですが、この前メンテナンスが終わり無事に復活を遂げてくれました。ベアリングがダメになっていたらしく、それを交換するとHAKUをまわしているときの音が非常に小さくなりました。今年からロボメカの予算もなくなってしまい、気軽に新しい加工機を買うこともできないので、HAKUにはまだまだ頑張ってほしいです。
CNC加工機担当のタナカさんもメンテナンスお疲れ様でした。また、メンテナンスの際、手伝って下さった多くの先輩方、本当にありがとうございました。


さて、今回は先日開催されたコミセン祭りについて書きたいと思います。
まず、コミセン祭りとは毎年武蔵野市のコミュニケーションセンターで開催される地元のお祭りのことです。そのお祭りにHR部隊は参加させてもらっていて、幼稚園生・小学生向けにロボットの操縦体験会を開いています。ちなみに参加するのは今年で4回目となります。
去年のコミセン祭りでは、

三軸ロボット2機
1キロ級3機
3キロ級2機

の計7機のヒューマノイドロボットを持っていきましたが、3キロ級の機体は子どもに操縦させるのは危険なので、機体紹介のパフォーマンスのみとし、操縦はさせませんでした。よって結局操縦できるロボットは5機のみとなってしまい、順番待ちで並んでいる子どもたちが多くなってしまいました。
そこで今年のコミセン祭りではOBの先輩方にも協力してもらい、

三軸ロボット1機
1キロ級6機

の計7機を持っていきました。

114608













デモの様子↓
1















2















3


















そういえばロボメカの動画撮影班もコミセン祭りに同行し、子どもにインタビューなどをしていたので、近いうちにロボメカのyoutubeアカウントに動画が投稿されるかもしれません。そちらも楽しみですね。


しかし、HAKUのメンテナンスも、このコミセン祭りもOBの先輩方から多くの手助けをしてもらい、本当にありがたい限りです。自分も先輩方を見習って、後輩の見本となれるような先輩になりたいものです。

HeartToHeartもどき その2

こんにちは、3年生のヤマダです。

ついこの間、新入生にとって初回となる定例会も終わり
新入生もだんだんロボメカ工房に慣れてきたように感じます。
ちなみに今年はHR部隊には新入生が10人も入ってくれて
講習で忙しい日々が続いています。


さて今回は以前Processingで作ったHeartToHeartもどきを
少し改造してみました。
前回の記事→HeartToHeartもどき


banana1

以前は全体的に青色で統一していましたが、今回は部隊長の要望で
バナナで統一してみました。おさるさんが可愛いですね。
POSボタンの中身はこんな感じになっています。


banana2

画像では分かりませんが、おさるさんは左右に動いています。
おさるさんが目障りな場合は、おさるさんを上手くクリックしてあげれば
おさるさんを奈落の底に叩き落すことができます。

banana5

あと、以前に紹介したときと比べて、機能も大幅に追加しました。
例えば最初の画面に戻り、バナナの房のボタンをクリックすると・・・

banana4

上のような設定画面が開き、CHの名前やスライダーの最大・最小値などを
変更することができます。


最近チームメンバーのタナカさんが機体を完成させてくれたので
早速このバナナGUIを使ってモーションを作りたいと思います。


新機体紹介

こんばんは、タナカです。
今回は、以前製作中としていた機体を紹介します。
image1
機体名:TESSA(テッサと読みます。諸事情より変更)
チームメンバー:ヤマダ・もっくん・タナカ
重量:2.5kg
身長:49cm
脚のピッチ間距離:105mm

小さいほうの腕が元々のもので、現在改装中です。
3厚にして大型化しましたが、ずいぶんイメージが変わりますね。
最近は腕のほかにも、部分的に塗装を行ってみたりもしています。
夏のロボワンに向けて、制御班と連携していい機体に熟成させていきたいですね。
訪問者数

Twitter プロフィール
Recent Comments
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ