電気通信大学ロボメカ工房 Humanoid Robot部門ブログ

電通気通信大学 ロボメカ工房Humanoid Robot部門のブログです。2足歩行・ヒューマノイド・ロボットをキーワードにした活動の様子を日記に綴ります。

ROBO-ONE出場報告その2

はじめまして、3年のカミヤともうします。先々月行われたROBO-ONEに出した機体について書きたいと思います。

BlogPaint


名前はMARSといいます。火星とか戦いの神様とかそんな意味でつけたとかなんとか。決して某美少女戦士アニメからとったわけではありませんよ。うん。

特徴といった特徴はありません…
目標は歩くロボットを作ること。
軸数は17、脚は平行リンク、腕ははさみをイメージしてつくりました。

頭はMDFをレーザーで切って作りました。
が・・・現在家出中です・・・衣裳直ししたらお披露目しますね♪

ちょっとこだわったことといえば、メンバーが女子オンリーということで肉抜きのモチーフをハートにしたんですが、、、部隊員に気付いてもらえず。残念です。

予選ではもう少しでゴールという結果でした。前日まで加工誤差の影響もありなかなか安定しなかったり、コントローラが反応しなかったりしていたんですが、本番ではしゃかしゃか歩いてくれてよかったと思います。

まだまだ発展途上ということで、悪いとこを改善して、これからちょいちょい大会に出していきたいと思います。

KIMG0955

ROBO-ONE出場報告その1のつづき

どうもみなさんこんにちは
毎度おなじみのシジョウです。

900hPaの台風が1000hPaになったらどうしようという会話を小耳にはさみ、
一足早い嵐が腹筋あたりにキています。
皆さんも台風には注意してくださいね。

前回は機体紹介をして満足してしまいそのまま終わりましたが、
ついさっき「あれぇ?タイトルがROBO-ONE出場報告なのに結果書いてないぞぉ?」
とセルフツッコミをしたところです。

肝心の結果ですが


予選敗退です。


敗因はやはり取り掛かりが遅かったことに帰着するかと……

基本の移動モーションは及第点ギリギリ
起き上がりは"とりあえず"できてる
といった感じで文字通り詰めが甘かったです。

あとは前々日あたりの操縦者変更とか
慣れる前に本番向かえるのはよろしくないですね。


わろしです。


操縦者が複数台掛け持ちできないとなると操縦者の育成も重要な課題ですね。

ROBO-ONE出場報告その1

可愛い系からの脱却を図り、気付けば秋。
こんにちは
シジョウです。

今夏は人生初の3kg級の機体を作りたいということで、
同期のタチバナと二人で製作に取り組んでみました。

夏休み前は試験に集中し、夏休み入ってからは
片やインターン、片や免許合宿とお互い忙しく過ごし、
9月にようやく本腰を入れられるようになりました。

製作期間ですか?
えぇ、2週間です。

BlogPaint

機体名:マルドゥーク
重量:3kg
全長:54cm

上半身の設計担当:シジョウ
下半身の設計担当:タチバナ

ヒューマノイド部隊がおくる太陽系プロジェクトの第2弾として製作。
(勝手にMARSを第1弾にしてます^^)
守護惑星は木星。

KIMG0919

木星といえばゼウスやユピテルがフィーチャーされますが、
古代メソポタミアの都市神マルドゥークから名を頂戴しました。
……ところで、神様の名をこんなに気安く騙って良いのでしょうか?

KIMG0920

上半身の特徴は、この腕先の形です。
製作中周りの人に何に見えるか聞きましたが、
葉っぱとか、錨とか、果ては骸骨とか言われまして……

へこみました。

正解はコントラバスです。
1.5厚のアルミ5枚重ねの7.5厚。
ここだけで100gあります。
おかげでかなりの打撃力。
腰が心配です。

では下半身について
ヘイ!タチバナ!

ここからはタチバナがお送りします。
下半身の特徴は、なんといってもシリアルリンクとパラレルリンクの融合です。

KIMG0921

ももの部分がパラレルで、すねの部分がシリアルです。
コンセプトとしては、コンパクトにシュッとです。
よくわかりませんね。

もう一点、多面曲げをすねとふくらはぎの部分に採用しました。
精度がイマイチですが、なんとか組みあがりました。
あまりやらない方がいいですね。

下半身はマゾいことばかりチャレンジしてみました。
意外とうまくいったので皆さんもぜひ。

シジョウに戻ります。
MAXIMUM JOKERや葉月から受け継いだ様々なものを詰め込んではいるのですが、
しっかりとお見せできるのはいつになるのか。

次回は早稲田の理工展のロボットバトルに出場します。
バトルはやったことがないのでデータ取りも兼ねての参加。
よろしくお願いします。
訪問者数

Twitter プロフィール
Recent Comments
記事検索
Archives
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ