こんにちは、3年のヤマダです。

最近HAKUの調子が悪かったのですが、この前メンテナンスが終わり無事に復活を遂げてくれました。ベアリングがダメになっていたらしく、それを交換するとHAKUをまわしているときの音が非常に小さくなりました。今年からロボメカの予算もなくなってしまい、気軽に新しい加工機を買うこともできないので、HAKUにはまだまだ頑張ってほしいです。
CNC加工機担当のタナカさんもメンテナンスお疲れ様でした。また、メンテナンスの際、手伝って下さった多くの先輩方、本当にありがとうございました。


さて、今回は先日開催されたコミセン祭りについて書きたいと思います。
まず、コミセン祭りとは毎年武蔵野市のコミュニケーションセンターで開催される地元のお祭りのことです。そのお祭りにHR部隊は参加させてもらっていて、幼稚園生・小学生向けにロボットの操縦体験会を開いています。ちなみに参加するのは今年で4回目となります。
去年のコミセン祭りでは、

三軸ロボット2機
1キロ級3機
3キロ級2機

の計7機のヒューマノイドロボットを持っていきましたが、3キロ級の機体は子どもに操縦させるのは危険なので、機体紹介のパフォーマンスのみとし、操縦はさせませんでした。よって結局操縦できるロボットは5機のみとなってしまい、順番待ちで並んでいる子どもたちが多くなってしまいました。
そこで今年のコミセン祭りではOBの先輩方にも協力してもらい、

三軸ロボット1機
1キロ級6機

の計7機を持っていきました。

114608













デモの様子↓
1















2















3


















そういえばロボメカの動画撮影班もコミセン祭りに同行し、子どもにインタビューなどをしていたので、近いうちにロボメカのyoutubeアカウントに動画が投稿されるかもしれません。そちらも楽しみですね。


しかし、HAKUのメンテナンスも、このコミセン祭りもOBの先輩方から多くの手助けをしてもらい、本当にありがたい限りです。自分も先輩方を見習って、後輩の見本となれるような先輩になりたいものです。