ストリートサッカーで世界を制す 〜未来のフットボーラーへのラストパス〜

観客を魅了する一瞬の創造性 そして身体と球体の驚くべき一致 日常のテクニックへの鍛錬のみが全てを可能にする 遊戯をまとったフットボーラーが育つ過程を描いたブログです。

高校生のフィールド

IMG_6582
IMG_6583


小さな子とサッカーしてるとき緊張なんてしてないでしょう。
揺さぶって、騙して、逆取って、隙を見て全てを解放しながらプレーしてるでしょう。
相手が強くなろうが早くなろうが大切なのはその感覚を上手く生かすこと。

今日はFリーグを観戦、高2.3年生のOBや良く遊びあった選手の試合を見てきた。
プレースピードを上げるためには緊張や固めることじゃなくしなやかさを使うこと。
早さを早さで凌駕できるのも強さを強さで凌駕できるのもごくごく一握り、タイミングというサッカー感。

失点は失敗ではない

たくさん失点をしました。
失点は失敗じゃないんです。
少しずつ得点出来るようになりました。
得点は選手がつながるエネルギーです。


2018.7.7-8 ジュニアカップ
IMG_6409

失点してもすぐにボールを持ってキックオフするツートップの姿が目に焼き付いてます。


IMG_6412
IMG_6417



子供の中でも子供の時期

10歳です。

自分がサッカーやりたいって言ったんでしょ、頑張りなさい。
無言のプレッシャーが子供に伝わります。
頑張るためにサッカーをするようになります。
頑張りと結果しかフォーカスされないから。

「頑張ってこいよ」じゃなく「楽しんでこいよ」って送り出して下さい。
「迷惑かけないでね」じゃなく「楽しんでこいよ」って送り出して下さい。

親の発散のためにサッカーがあるわけじゃありません。
勝っても負けても我慢です。
子供が逞しくなる過程には保護者の我慢が必要です。

と、毎年この大会では保護者の方に話させて頂いてます。
逞しくなるので待ってて下さい。
IMG_6383


スコア

1-0でギリギリのゲームって思われるけど…
こっちは負の再現を試して遊んでんねん。
追い付かれたらそれはそれで財産として向き合う覚悟持ってんねん。

10点差ゲームで負けた試合もあるけど…
サッカーを足だけじゃなく全身で表現してんねん。
感情ありのままプレーしてんねん。


スコアで語られることについていけず。
他チームの知り合いの方に「勝った」?と聞かれることに会話の限界を感じる。


IMG_6395
IMG_6373
IMG_6371

南米がトーナメントから消えた朝

ムバッペを生かし表舞台に立たせながらグリーズマンとジルーが上手く結果を出してる。
ありとあらゆるルカクを封じるミランダを観ていて楽しんだ今朝方。



遅刻が蔓延してる。
たかが1分とか3分とか。
今日は朝からその話。
「たかが」やがてこの感覚が大きなビハインドを生む。
チームという枠で活動していれば大小何か問題は起きるのは当然。
選手と向き合えるのは学校であったり家庭であったりそんな時間に比べればごくわずか。
そのごくわずかにキッカケを落としていくために「その時」だけのものでは根っからの変化は期待出来ないのであえて問題を引きずらせる、当事者意識を持たせる。



IMG_6358

今は車内から眺めている。
なんとなく引き締めてゲームをしている、笑いもあり楽しそう、良し悪しもいつも通り出ている。
「笑い」…注意を受けたあと笑っているなど反省してないんじゃ?って思うかもしれないけど子供なのでそれで良いと思う、正しいかと問われれば正しさはそこでは図れないので別の機会を見なきゃならない、この別の機会は大事。


この子供たちの切り替えの良さを生かさなければならないって目の前のゲームを眺めて思う。
昨夜もワールドカップを観てとてつもなく寝不足、車内で過眠を取ろうかな…と
この子たちはそっとして次の会場へ向かおう。



ワールドカップ

今朝、日本代表の敗退が決まった。
応援してたし期待もしてたから残念。
それと同時に開幕前から観たかったカードが実現する。
ブラジル vs ベルギー
悔しいな、でも嬉しいな。
嬉しいな、でも悔しいな。
そんな気持ちが入り交じるのがワールドカップ。
IMG_6331


日和

試合を見る距離感って色々ある。


IMG_5963
こんな感じで



IMG_5936
こんな距離感で


操らず普段を眺める
シャキッとした姿も
ダランとした姿も
大人が一喜一憂しててもしゃあないね。


IMG_5966
今日は筋トレで追い込み



IMG_5957
横ミのボスとは今年に入って毎月会ってる。
7月も8月も、9月はまだ未定


IMG_5943
#11.イッペイ(REGAS)、サッカー好きだけどGKはとことん嫌い。



IMG_5953
試合が終わると次第に自分たちの荷物置き場には戻らなくなった。



IMG_5951
犬伏の保護者の元へ直行…



IMG_5956
飲んだ食ったさせてもらってた。



IMG_5938
しばらくは暑い中しっかり身体を動かしてた。



IMG_5939
ボールを持たない選手も仕事を探していた。



後々、普段の甘えん坊に戻ってた  笑


犬伏FC
ハラドリ
横ミFC
REGAS
あざす










互いに尊重するとこんなゲームに

2018.5.27 バーモントカップ
IMG_5798
IMG_5803
IMG_5808
IMG_5806
IMG_5802
IMG_5800
IMG_5804
小5.6で参加しています。
ウチの選手のプレーを見ていると一つ一つのプレーが重なり勝利に行き着くんだなと改めて思います。
未だ勝利は訪れませんがその一つ一つのプレーは間違いなく勝利へ向かっています。
正直のほほんな奴ら 笑      
でも試合を見た人だけはそのイメージを変えられる、そんな逞しいプレーの応酬でしたね。

もう一つ、ウチの2名の選手が靴ひもを結んでいるのを見て相手チームの子がキックインをためらった場面、4秒ルールもありながらコーチも「早く」なんて急かさずに待っていてくれた場面がありました。

結果は大敗でしたがそれすら飲み込んだキャラの発揮ぶり、見る人は心を動かされたゲームだったと思います。


ちびっ子とGW(ゲリラウィーク)

走れ〜 戻れってベンチから言ってあげれば子供たちは走るし戻るよ、でも動いているのは身体だけ、選手の心から動いて欲しい、だから不甲斐ない場面が立て続けに起こっても大人から動くことは控える。
そんな2日間で圧倒的に追いつけない場面でも追う子が出てくる、少しずつ大きな相手の前にも立てる様になってきた。
たくさん損しているうちにその瞬間にしか押せないスイッチを入れる子が出てくる、走れとも戻れとも言ってないのにね。
IMG_5342




2018.5.3-4 茨城遠征U-8.9.10
IMG_5343
出来ないことをたくさん確認して元気に帰還しました。
多くの出来ないことが出来ないままで帰って来た訳ですがいくつか動きに変化も見られこれからの成果と宿題を整理しています。



IMG_5234
「かんとくぅ、次だれ出るんですか〜」
「かんとくぅ、キーパーだれですか〜」
常に聞かれました、「俺はメンバー決めるためにいるわけじゃないの、疲れたら休む、やりたきゃやる、キーパーいなけりゃ相談する、自分たちで話して決めてみたら」程度に話してみました。
そんな1日目でしたが2日目は気づいたら自分たちで決めてることが何度か見られました。



IMG_5265
試合中ベンチにいてられなくてどこに行ったかと… 笑



IMG_5272
お風呂もバタバタ、隣のお客さんにも迷惑かけてたみたい 笑



IMG_5292
ゲストからのお土産m(_ _)m



IMG_5290
関心と無関心 笑



IMG_5273
夕飯



IMG_5274
夕飯



IMG_5289
4年生



IMG_5326
8人ちょうどで2日間持つのか心配はしていましたがやりきり!



IMG_5382
最初の試合でキーパーで大量失点して泣いた2年生「もう絶対やらない」と言いながらまたチャレンジしてるうちに気付いたら勝手にボールに合わせてポジション変えれる様になってた。



IMG_5324
バンビーノさん、REGASさん、あしかびさんお世話になりました、なにより吉江さんm(_ _)m



IMG_5305
自分が何者かを知らない年代
大人から良し悪し決められて動かされ自分を知らない自分になってる子、いつの間にか柵を作られその中でしか身動きがとれない子、たくさん見てきた。
一人一人の熱量とベクトルを優先したくさんの試合経験から自分を知り認めて行く時間。
・俺はこんなドリブルが出来るんだ
・私はここでボールもらうとプレーし易いんだ
…etc
これらは本気で楽しむことで自分を知る機会となる、いわゆる自分がスイッチを入れる作業。
試合は自分を探しに行く機会で良い。

新潟遠征

知らないことを知ることで視野の広さを
無いってことに気付けることで視野の深さを
自分に対して、相手に対して、サッカーに対して謙虚であればなおさら小さな世界観は広がるね。
IMG_5205



2018.4.28-29 新潟遠征
IMG_5160
IMG_5164
IMG_5183
IMG_5184
IMG_5188
IMG_5191
U-14.15はステラU-14.15と合同、U-13はステラU-12を1名加えて参加しました。
DEVA新潟
県央
南浜中
白新中
内野中
開志JSC(高1)
色々と経験させて頂きました、ステラの竜矢コーチにも選手と親身に向き合って頂きウチの選手の心に何か落ちた気がします。



IMG_5163
IMG_5201
IMG_5196
IMG_5195
たくさんのチームと入り混じる機会に恵まれているウチの選手たち、おさらいしておくと常に見る良い選手を真似よう、目指そうって話しじゃなく生かそうと発想が向いた時に自分の最大化が訪れるんじゃないかなと思う。

全てなんて理解する必要もない、取捨選択出来る自分かが自分自身にとって大切なこと。



IMG_5176
水の神、ホウキの神、そして今回洗いの神。




IMG_5167
IMG_5199
今回もたくさんのイレギュラーがあった、その都度考え乗り越えて自分に返ってくる、



ギャラリー
  • 高校生のフィールド
  • 高校生のフィールド
  • 失点は失敗ではない
  • 失点は失敗ではない
  • 失点は失敗ではない
  • 子供の中でも子供の時期
Profile

ストリートサッカーマン

訪問者数

    Diego Armando Maradona
    Diego Armando Maradona

    Argentina+v+South+Korea+Group+B+2010+FIFA+zDnC7zt5dDel



    サッカー少年


    ウチマチ
    DSCN3625
    2006



    2009
    d4f8ccd5a9d7c0aaf0d8.jpg
    2011
    P1040327

    2013
    画像1



    2014 明八(OMAつり)
    image
    2014 バーモント
    image
    2014 チャレンジ8(U-10)
    image

    Archives
    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ