ストリートサッカーで世界を制す 〜未来のフットボーラーへのラストパス〜

観客を魅了する一瞬の創造性 そして身体と球体の驚くべき一致 日常のテクニックへの鍛錬のみが全てを可能にする 遊戯をまとったフットボーラーが育つ過程を描いたブログです。

群れから抜けるとき

泣きじゃくって誰かまわず向かってくる子。
そこに群れはない、もしかすると我もない。
そんな子は減ってきた、全員では困るけどもう少しいても良いかな。
そこに大物を感じる時もある。

我逢人in新潟

人と逢う事で枝葉を広げられる人間にとっては素晴らしい三連休となったと思います、ウチのスタッフしかり、参加した選手しかり。


10/7.8.9
新潟遠征 TSUTAYAカップ(U-10.11)
*レボナ滋賀さんと合同


10/7.8
新潟遠征 交流戦(U-12.13.14)
*ボンジボーラ新潟さん、Locus新潟さん、レボナ滋賀さん


10/8
民報杯(U-12.13.14)


10/8
U-12リーグ(U-10.12)


10/9
交流戦(U-7.8.9.10)
*湯本キッカーズさん


10/8
滋賀▶︎新潟▶︎いわき
進さんの御墓参りに山pと行ってきました。



数ある活動の中から
今年もレボナ滋賀さんからお誘い頂きTSUTAYAカップに参加した4.5年生、負け、負け、負け…そんな報告の連続、山pと電話で話してる最中も3度の歓声(通話時間3分ちょい)
まだ外を知らないそんな選手たちと僕が最終日に再会した時「楽しかった‼︎」って言う、そんな姿を見て大人は「悔しさは無いのか?」と言う人多数、確かに悔しいと思うよ、ただ表現しないだけ、まだまだ良き子供の渦中なんだよ、だから邪魔しないであげて。
そして共に闘ったレボナ戦士と戯れる。
この姿をみて疲れは全て吹き飛ぶね。


2年前のTSUTAYAカップ



御縁、山p、勝太郎さん、関根さん、ウチのコーチが人との出会いに感激していました、3日間のアテンドありがとうございました。


現状、2年ほど急いでることに行き着く。
子供は子供でいなきゃ成長出来ないところもある、これから少しずつ後戻りしなきゃならないかな。


選手、スタッフ一同出会いによって一回り成長出来そうです。




踵でボール
踏んでる?
乗せてる?
扱ってる?
目も置けてる。
動きが無いと分からないけど工夫の賜物。
次回じっくり見てみよ。

笑いのドミノ倒し

12失点し1得点したゲーム。
#8#12#6が笑顔でいるね。
相手チームの選手も苦笑している様に見える。

なにがあったんだろうか…
こんな写真に想像を掻き立てられる。

一生懸命楽しんだ(試合はバッチバチやられたみたいだけど 笑)後の笑顔は良いね!

見え方

自分の見え方を気にする方と自分の見え方を気にする方がいる。
分かりやすく言えば自分からどの様に見えるかと自分がどの様に見えているか。
存在をどちらに置くのかになる。

追跡U-12

週末二日間は中学交流戦とカマーナカップへ参加、交流頂いた対戦チームのみなさまのおかげでゆっくり観戦出来ました。



急激に大人びたなと感じる場面が何度か見られました、それでも魅力は勝手な部分にありますね。
しばらく選手たちには主観的に行動してもらいましょう。




群れてる場合じゃ無く自分で変えれるべきものは自分で変えていって下さい。



しばらくはワガママに逸れて熱い指導も受けるでしょうし仲間を通した挫折もあるでしょう、そんな痛い経験が必要な時期、親心は是非とも閉ざして頂きたい。


ふわっと仕上げる

11歳、12歳を過ぎた頃からニュートラルを持つように心がけている。
試合が終わると静止画を観ながらフィードバックしている。



遠くに蹴りたい
速く走りたい
強く当たりたい
この欲求が力任せになってる選手はなにか間違ってませんかね?
目の前の答えを追いかける習慣、今はその一線じゃないよって伝えたいが一度身に付いた事だから時間がかかる。
指導者や親に強要されてる選手は見てわかる、ふわっとして欲しい時にふわっとしてない瞬間がある。
本当に速いヤツは走ってない
本当に蹴れるヤツは蹴ってない
本当に倒れないヤツは当たってない
何かで読んだけど本人のスペックを拡げてあげれば良い話、他はきっとそのスペックに準ずる。

正しいか間違えかではない、身軽さが好きなだけ。

再現環境

「悔しさ忘れたのか」って台詞

当然だけどそれは忘れるというか薄まるもの。
それを言ってる大人は覚えてるだけ
それを経験した選手は感じたもの
覚えてるのと感じてるのは全く別もの

賢い人間やチームはそれを再現する。

大概はその必要な時間は優先順位が低くなり気持ちは薄まり消えてく。


繰り返しているのは成長してないのではなく厚みを持たせようと意図的に置かれているのです。

プルシン

根深さを認識していると原因に行き着く。

表面的なものに捉われると現象で留まる。

上手さは複雑にも出来るけど必要性は単純なものだと心技体ともに分かってる。

複雑な事をするのは簡単にするための前置き。

原因に行き着くために複雑を辿ったとしても単純に辿り着きたいね。

複雑は難しさではなく曖昧だから。


と思った。



現地には行ってないけど大概分かる

マラビージャ…うまい
グリフォン…ちゃらい
レボナ…いない
そんな選手の感想と世間の評価と現場の現実
ウチは「何」に向かうのかね…
独自のある3チームに混ぜて頂きました。


静岡遠征(プラタナス杯)


#18

#1

#14

#8

#70




ジョンさん、お世話になりました。
来月新潟遠征でお会いしましょう。


久保田さん…
ギャラリー
  • 群れから抜けるとき
  • 我逢人in新潟
  • 我逢人in新潟
  • 我逢人in新潟
  • 我逢人in新潟
  • 我逢人in新潟
Profile
訪問者数

    Diego Armando Maradona
    Diego Armando Maradona

    Argentina+v+South+Korea+Group+B+2010+FIFA+zDnC7zt5dDel



    サッカー少年


    ウチマチ
    DSCN3625
    2006



    2009
    d4f8ccd5a9d7c0aaf0d8.jpg
    2011
    P1040327

    2013
    画像1



    2014 明八(OMAつり)
    image
    2014 バーモント
    image
    2014 チャレンジ8(U-10)
    image

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ