ストリートサッカーで世界を制す 〜未来のフットボーラーへのラストパス〜

観客を魅了する一瞬の創造性 そして身体と球体の驚くべき一致 日常のテクニックへの鍛錬のみが全てを可能にする 遊戯をまとったフットボーラーが育つ過程を描いたブログです。

小6の立ち位置

Room’s cup

広げない移し方と広げない運び方、狭さをストレスに感じなくなるまで世間と逆走してみます。
ショートパスをたくさん使った(使わせた)試合が数試合。
ポンポン小気味よく、見た目はボール保持して綺麗に見える。
よく分からない人はそれを観て良いと評する。
要は相手の一番嫌な場所に入り込めないダメな試合でリズム感を変えられないゲーム 、そんなのに慣れちゃダメ、でも時々やらせてみる。


ウチにはそこに風穴を開けるために6年生がスタンバイしています。

スタイルあるある


組織で勝利を目指すチーム
個のレベルアップを優先するチーム
前者は個のレベルアップを捨ててるわけじゃない。
後者は勝利を捨ててるわけじゃない。
優先だったり得意だったり、でもどこかで紐付いてるはず。

ここの食い違いが生むベンチやサイドからの声を選手はどの様な気持ちで聞いてるのか…
気にしてないか。

双方が競い合えたら良いのに現状は潰しあってるね。

一つは、ボールを持つからドリブルでボールを離すからパス、そんな創造性の無い枠で個々のプレーを観ていたらサッカーの奥深さは味わえない。
なぜかそんなささやきがガヤガヤと聞こえてくるんだよね。



Room’s cup
と言う事でRoom’s cup初参加。
主催頂いてる宮城先生の思惑、趣旨「目指すところはサッカー」手法は多岐にわたりアプローチの仕方も様々、共感。
トレセンの手法とか勝つチームスタイルとかほんの一つの参考。
Osoloは小6から中2が参加でウチの主張はプレーで惜しみなく出せてたと思う。
現時点で強さもあれは弱さもある、現時点での弱さを突いてくる大人もいるだろうけどそこまで理解は求めない。


中坊の個が現われるショット


今回は2つのリズム感を繰り返し、ゲームの状況に応じて使い分けられるのはまだ先になるだろうけど辛抱強く一つにしていきます。



穂積先生ともねじる、ひねる、ちぢめる、のばす…濃い話が出来ました、話す、伝える中でもっと核心に迫っていける機会は大切なひと時です。

慌てずとも勝手に向上していく

スピードやスペースの対処に戸惑い良い感じで失点は増えてます、ですが今の時点で学びのスタートはそこにあります。
そこに執着せずとも今必要とされるベースを突き詰めていく事に向き合えば勝手に派生していくものだと思っています。
ボールを持つことってそれだけ多岐にわたります。


復興祈念井田勝通杯
ダンゴを作って背中を取る瞬間

パスが結果ドリブルに変わる瞬間

広げない運び方、広げない移し方

少しずつ実戦向きになってきました。

2日間、御蔵島から菊地さんとコウ(小5)を迎え交流、ありがたい時間でした。

ここ、御蔵島。
滋賀からの帰りに竹芝で合流。

水石FC
リベルダード磐城FC
いわきトレセンA/B
平三中
錦中
モンターニャFC
forte福島
福島二中
中村二中
松稜中
今回は11チームとの交流、ありがとうございます。

もちろん全試合斬り込む。

小6が中学トレセンチームに斬り込む。
これだけ包んでたら奪われない。

師匠黒津さんのモンターニャさんともやり合う、けどウチの余裕感の無さは否めない、ゲームして気付ける部分がたくさんあった。

懇親会、井田監督にも斬り込むけど深さが違う。

島でサッカーするコウの第一声は「広い」島では対戦する相手もいなく普段はフットサルが主らしい。

仲間と球を蹴ることも無いらしく新鮮な時間だったようです。
お互いの「当然」の違いに踏み入り新たな芽を自分の中に育てて欲しいね。

いわき踊り〜滋賀〜竹芝〜いわき
おわり

「開ける」

広げず戻さず飛ばさず唯一の選択肢は自ら開けると云うこと。
上手さは目の当たりにし感じなければ何のスタートもきれない。


滋賀遠征
徳三、小野三、横三お世話になりました。


第2回裏日本クラブユース選手権参加チーム
ホワイトスター(群馬)
オーレ大阪(大阪)
弥栄FC(京都)
レボナ滋賀(滋賀)
三河FC(愛知)
FC TERRA(兵庫)
ルゼルSC(兵庫)
FCフガール(神奈川)
FC REGAS(茨城)
fantasista栃木(栃木)
SA・tricot(島根)
FC グリフォン(岐阜)
碧FC(愛知)
デソーニョ(愛知)
横三FC(神奈川)
O solo uchigo (福島)
FC dream(千葉)からヨシキ、カズ、ジュンタ合流


懇親会
一次会「中川総帥を囲む会」
二次会「中川総帥に囲まれる会」
三次会「中川総帥を見送る会」


中川総帥=POISON♪


こじ開け合いがたくさん経験できた。
いつもよりこじ開けられないでいる。
いつもよりこじ開けられてしまってる。
個人と複数の差を頂きました。
持てる選手は奪い方も上手い、弾かず刈り取る。


広げれば時間を作れる
下げれば時間を戻せる。
飛ばせば時間を超えられる
知ってるよ、分かってるよ、だからなに?
数ミリのボールタッチ、コンマ数秒のボールタッチを楽しんでる。


ピンクとピンク、選手に聞いたら見やすいらしい。


Osoloの選手もこんなド裏な環境でも少しずつ楽しめるようになってきた。


オフショット


宿泊は十二坊キャンプ場


トゥールさんも愛用する「霧王」


朝方、次の会場へ到着      続く

秋田の目

客観的な目が重要だったりもする。
秋田からの目も間違いなく一つの参考、外からもたくさんの目で育てられている有難い一例
七夕杯
追分小玉氏(左) 明徳小嶋氏(右)
淡々と試合を済ませてサラッと帰っていった。


内町SSS(U-9.10.11)


O solo 内町(U-12)


ここをスイカ割りロードと言う


七夕杯D4、何十年も平地区を盛り上げて来た面々


悪の中枢、問題行動はいつもここから始まる


休む間も無くtry・try・try
失って、走られて、失点して
それでもまたtryして
そのうち奪い返すことが増えたり失う回数が減ったり、サッカーのスタート地点を堪能する。


追われて急ぐな、一呼吸
いくつ勝っていくつ負けたかは分からないけどたくさん勝負してた、その繰り返しが微妙なタッチの違いやエグいコースを選べることにつながってる。


Osoloの選手も地元の小学生と交流、強いチームに無いリズム感を出してたみたい


オレンジ軍団、ユニークに育ってるね。

ちゃうな

7/29.30 VIVAIOフェスU-13

ボールを奪いに行けばピッチが広い
ボールを持てばピッチが狭い
これは「差」じゃなく「違い」
どのゲームも同じような叩かれ方だった、同じリズム感だった。



水石FCさんと合同で参加 


通じ合う同士は多く感じた


優しさを厳しさで伝えたりもしてみた


貴重な経験かはこれからが決めること。


まだまだ埋もれることに居心地が良いのかな…
自分で立たせたい。

いわき踊り‼️

団体名…O soloドリ部等〜
開催…8月8日(火)20:00〜20:40
*19:40に東邦銀行脇仮設トイレスペースへ集合




su-an14へkz-14より

日常にサッカーがありサッカーで日常が豊かになるそんな環境や取り組みを発信し続ける、夢。


人は人柄
お付き合いとしては10年と少し、それ以前のsu-anを知る方とも葬儀の際にお話しすることが出来ました。
su-anの人柄に集まる方々、そして子供達からの勇気を頂けました。

いいんじゃね
色々な相談もしましたよ、突拍子もないアイデアもいいんじゃねって、時に我が子の相談も。
その度「いいんじゃね」って、この人冒険してるなって感じた。

自分らしく
想いを背負ってなどおこがましい、どんな成功も失敗も、長所も短所も「らしいね」って寛容な深い愛情だね、だから僕も想いを背負ってとかじゃなく自分らしく生きたい、そこにsu-anがいるはず。




今回は少し話しが長くなります、ゆっくり聞いて下さい。
進さん、今回は少し休憩が長いような気がしますが。
その居心地の良さ、不思議ですね。
今振り返るとたくさん甘えてましたよ。
毎週のように相談して報告して、結局進さんに聞いて欲しい、頷いて欲しい。
進さんは僕に対して絶対否定はしなかった、そして常に背中を押してくれました、そんな存在がいつの間にか無意識の関係となっていました。
突然の訃報に接する前日、いつものように「ではまた」と帰って行きましたよね。
今日まで気持ちの整理はしてきましたが悔しさだけは残っちゃいました。
子供たちに振りまいた無数の愛情、夢を一途に一緒に共有してきたからこそ感じるものもあります。
何よりも子供たちの行く末を楽しみにしていたんだろうなと思うと本当に悔しいです。
今はこおして涙していますが、この涙は進さんとともに過ごした誇りに変わっていくはず、ですから10年後20年後進さんが蒔いた種からデッカい大人がたくさん育ちますので見ていて下さい。
進さんの夢、必ず見せますから、一緒に見ましょうね。
進さん、本当にお疲れ様でした。



恩はゴミのように落ちている 気になるか気にするか。

本日は夏日の中O solo交流戦

【小学生】

水石FC・アルテーロFC

すずかけSSS

勿来SCS

O solo内町


【中学生】

平三中

リベルダード磐城

水石FC

O solo uchigo


ウチは小1〜中2まで休み無しでゲーム、コテコテ。
暑さに弱さを表情に出せる選手、それでも目が生きてる選手。

全て吹き飛んだ
平三中さんとのゲームは割と多く組まれその試合中立ちっぱなしで選手を鼓舞する顧問の先生がいた、恐らく60歳近い。

ほぼ解散し終えた後に駐車場の隅でごみ拾いをしているその顧問の先生が目に入る、かれこれ30分近く。
それを見るしか出来ない自分もそこにいたり不甲斐ない気持ちでいっぱいになりながらも失礼を承知でウチの中学生が残っていたので先生の元へ行かせ感じるものを感じて来るように話した。
生きる教科書、おこがましくて素晴らしいなどとても言えませんが「表情」が物語る。
帰りに先生は車を降りて「わざわざ選手から挨拶まで…ありがとうございました」と一言。

中学生、信頼出来る方の表情が一つ組み込まれました。





ジュニアカップ

歓喜を発散し悔しさを滲ませる。
そんな姿を見て6歳から10歳まで、それぞれの立ち位置を確認出来ました。
選手が10名いれば10もの思いがあるもの。

時間がかかろうと寄り添いながら10の思いを育てていきたいですね。


10歳までに天狗の鼻も伸ばすこと、土を耕やすことどちらも大切です。


数名をスタート地点に立たせることが出来そうです。


選手の想いから優しさで関わろうと思います。


選手の想いから厳しさで関わろうと思います。


自論、ボールに縛られてはいけない年代。
身体がキレキレ、そこにボールが付いてこない、だから先が楽しみ。



番外編
O soloの先輩たち一日中遊びまくっていました。


もちろん応援も。
ギャラリー
  • 小6の立ち位置
  • スタイルあるある
  • スタイルあるある
  • スタイルあるある
  • スタイルあるある
  • スタイルあるある
Profile
訪問者数

    Diego Armando Maradona
    Diego Armando Maradona

    Argentina+v+South+Korea+Group+B+2010+FIFA+zDnC7zt5dDel



    サッカー少年


    ウチマチ
    DSCN3625
    2006



    2009
    d4f8ccd5a9d7c0aaf0d8.jpg
    2011
    P1040327

    2013
    画像1



    2014 明八(OMAつり)
    image
    2014 バーモント
    image
    2014 チャレンジ8(U-10)
    image

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ