ストリートサッカーで世界を制す 〜未来のフットボーラーへのラストパス〜

観客を魅了する一瞬の創造性 そして身体と球体の驚くべき一致 日常のテクニックへの鍛錬のみが全てを可能にする 遊戯をまとったフットボーラーが育つ過程を描いたブログです。

恩はゴミのように落ちている 気になるか気にするか。

本日は夏日の中O solo交流戦

【小学生】

水石FC・アルテーロFC

すずかけSSS

勿来SCS

O solo内町


【中学生】

平三中

リベルダード磐城

水石FC

O solo uchigo


ウチは小1〜中2まで休み無しでゲーム、コテコテ。
暑さに弱さを表情に出せる選手、それでも目が生きてる選手。

全て吹き飛んだ
平三中さんとのゲームは割と多く組まれその試合中立ちっぱなしで選手を鼓舞する顧問の先生がいた、恐らく60歳近い。

ほぼ解散し終えた後に駐車場の隅でごみ拾いをしているその顧問の先生が目に入る、かれこれ30分近く。
それを見るしか出来ない自分もそこにいたり不甲斐ない気持ちでいっぱいになりながらも失礼を承知でウチの中学生が残っていたので先生の元へ行かせ感じるものを感じて来るように話した。
生きる教科書、おこがましくて素晴らしいなどとても言えませんが「表情」が物語る。
帰りに先生は車を降りて「わざわざ選手から挨拶まで…ありがとうございました」と一言。

中学生、信頼出来る方の表情が一つ組み込まれました。





ジュニアカップ

歓喜を発散し悔しさを滲ませる。
そんな姿を見て6歳から10歳まで、それぞれの立ち位置を確認出来ました。
選手が10名いれば10もの思いがあるもの。

時間がかかろうと寄り添いながら10の思いを育てていきたいですね。


10歳までに天狗の鼻も伸ばすこと、土を耕やすことどちらも大切です。


数名をスタート地点に立たせることが出来そうです。


選手の想いから優しさで関わろうと思います。


選手の想いから厳しさで関わろうと思います。


自論、ボールに縛られてはいけない年代。
身体がキレキレ、そこにボールが付いてこない、だから先が楽しみ。



番外編
O soloの先輩たち一日中遊びまくっていました。


もちろん応援も。

追いかける 追いつく 追い越す

まだまだ長い坂道の途中だと感じた日。



高校生との余裕感に差を感じた日


大人の巧さに打ちのめされた日


それでも普段は出せていた


それでも積み重ねが動きになった


それでも果敢に逆を取った


決勝で敗れたけど高揚感を味わえました


depo#10
球際、身体能力を見せてくれました。


depo#24
運び方、使い方を見せてくれました。



depo#21
ライン際の判断力を見せてくれました。


食って


寝る


まだまだ先は長いけどそれを感じれた、それでいい。

いつかの必要性

今日のトレーニングは明日のためにしていません。
今日のトレーニングはいつかのためにしています。
必要性を感じた選手の心だけが着火点となるでしょう。



明日U-12はリーグ戦、すぐに育ってすぐに枯れる事がないように。














優先順位の一番上かもね。

目の色変えてやった感

大人が目の色を変えるか変えないかの瀬戸際にいる中学生、大人に対してもっと生意気に。


6/3
大人のフットサルに参加


参加したことだけで意味が持てるわけではないのよん。


機会は作れる、けど意味を加えるのは自分自身だね。


良く聞く「良い経験」とはそんな一瞬一時のことではないからね。


大人に対してもっと生意気でいて欲しい、それは自分を堂々と表現出来る自信かな。


決して生意気さは生意気には写らない。


仮に小学生なら平気で足も蹴るね、それはボールが欲しいから、そんな直向きさが年を重ねるごとに消えないように。


OBも


OGも


叶わなかったものは次の機会に。

バーモントカップ

勝利を楽しむことは先にありプレーを楽しむことは今にある。

5/27.28
準決勝敗退
こんな大差で負けてるのに攻撃ばかりしているゲームを初めて目にしました。
スペース皆無、間をえぐる、最終ラインから仕掛けにいく、追う、奪う、止めるの全てが攻撃的だったゲーム。
育成の一歩目、幸せを感じた試合でした。


昨年ブロック優勝した中1と敗戦直後の小6、この関係に勇気もらうね。

知る人ぞ知るフットサル過去最強世代

ボール保持率最高世代

フットサルって…
5対5でやるからフットサル?
フットサルボールでやるからフットサル?
ピッチサイズが狭いからフットサル?
ウチらはたまに体育館でサッカーしてるだけ、フットサルと言う競技が色を引き出してくれてるだけと思ってます。

ほとんどフットサルのルールを知らないシロちゃんもゴールを決めました。

心強い応援ありがとうございました。

膨らみ

100膨らむ風船を50しか膨らませない。
これは今時点の話。
膨らむことを経験させるのもよし
自分でどこまで膨らませるか挑戦させるのもよし
現場はその時々です。


5/20.21 
交流戦(U-7〜11)
土曜日は草野緑松さん

日曜日はアルテーロFCさん

遊びながらやればコート作成も楽ちんの絵

フェイト、いらないよね!
フェイントって必要か?の疑問。




ミーティング(小6〜中2)
冒険してないなと思う時が多々ある。
許容、序列、経験…
もつ
どちらにせよ僕からは明確な意志を伝えたので小6は準備、中1は実行、中2は習慣、中3は共有なんとなくこんな基準で選手たちを観ていきたいですね。

トレーニング
最近はボールを動かすと言う観点リフティングとドリブルで身体を生かしている、幅とかスピードとか変えて行ける度胸みたいなもの?
ボールを保持した時の野心と保身のバランスを変えていかなきゃいけない選手がたくさんいる。
ここで感じるのが「失敗」してきた選手の飛躍、単に奪われたら失敗でとかではなく自分相応に挑戦してきたかの部分、荒削りで何の問題も無い時期に技術の使い方が保身に傾いてはいけない一例。

日常で磨いて非日常で磨かれて

苦労、経験、知恵のサイクルを持ちいつどんな時もフットボールを受け入れられる選手になって欲しい。


5.13 ハワイアンフットボール
神奈川から横三FC、既に雨。


ウチは小5から中2で参戦


転げる


飛ばされる


滑る


とりあえず80分ハーフ


どろどろ、水たまりピッチでなぜ推進力持って運べるのか、チーム内ではここが分岐点、例えピッチ状態が良くても明らかに質の違いとして現れる。


この日、最後までピッチに残る事は簡単ではないと思うしそれでも楽しみ抜いた選手のサッカーをどのように受け入れてるかの心に迫ろう。



残りの時間は場所をハワイアンズに移し心身ともにリカバリー


しっかりリセット機能を持っているようですね。


横三FCまた来て下さいね。



5.14 内郷フットサル交流戦

Deportivo va uchigo(社会人)

内郷二中(OB多数)

Osolo uchigo

Osolo 内町U-12




小学生から社会人まで4チーム総当りリーグ戦、それぞれのモチベーションを尊重しながら締りのあるゲームになった、この環境に意義を感じてくれたら選手の成長後押ししてくれるね!

人それぞれという環境はその捉え方により変化する

甘いタマネギが好きですか
辛いタマネギが好きですか




交流戦in内郷二中
今回は5年生帯同、思う存分やっていたし中1.2の選手も思う存分やれる環境を作ってた。



この日は中央台南中、内郷二中とのゲーム



南中さんは先日行われた中体連大会のチャンピオンらしい。
たっぷり痛めてもらった、学年差はあったにせよ自分達を表現するなら相手のストロングポイントを受ける力がこれからの鍵になるね!



内郷二中さんはショウマ、エイジ、キョウスケのOB、スクール生のカイトがいて顧問の先生がウチの中1の担任の先生だったり不思議な混じり合い。



敵味方無く観れる試合って良いね、緩さも無くドリブルの特徴は守備をみればお互いにリスペクトしている感じ。
お互い切磋琢磨して欲しいけどまだまだOBと競えるその器じゃない、苦労も表現力も意地もまだまだ及ばない。




横三GWフェス2017in横須賀・三浦
移動に9時間、滞在5時間、到着して即試合、ウチは8人で参加、対戦相手も渋滞で現れず 笑、玉ねぎ頂き即退散。
そんなイレギュラーがたくさん経験出来る交流のある環境。



対戦チーム

横三FC(神奈川)

エスポルチ藤沢(神奈川)

エストレーラFC(神奈川)

ルゼルSC(兵庫)

碧FC(愛知)

明大八王子中(東京)





愛知のタカコーチ


レオがOMAさん削ってた


徳さんピンクじゃないんかい



15才の感性

色々なチームと試合してきましたけどOsoloの選手は一人一人ドリブルの仕方(型)が違いますねってOBが言ってくれた。
そこ、大切にしてるからね。
ギャラリー
  • 恩はゴミのように落ちている 気になるか気にするか。
  • ジュニアカップ
  • ジュニアカップ
  • ジュニアカップ
  • ジュニアカップ
  • ジュニアカップ
Profile
訪問者数

    Diego Armando Maradona
    Diego Armando Maradona

    Argentina+v+South+Korea+Group+B+2010+FIFA+zDnC7zt5dDel



    サッカー少年


    ウチマチ
    DSCN3625
    2006



    2009
    d4f8ccd5a9d7c0aaf0d8.jpg
    2011
    P1040327

    2013
    画像1



    2014 明八(OMAつり)
    image
    2014 バーモント
    image
    2014 チャレンジ8(U-10)
    image

    QRコード
    QRコード
    • ライブドアブログ