ニュージーランドからこんにちは今タウポなんです。

2009年04月16日

NZ爆走日記 今ロトルアです。

ハミルトンに泊まっていた時に知り合ったスペイン人曰く、NZは高速道路もチャリで走れるとの事。朝の7時にスペイン人のおっさんに見送られながらハミルトンを出発。

待っても待っても青にならない信号を5分くらい待ち、結局信号無視して数分、高速に乗りました。高速といっても路肩を広くとってありチャリでもゆうゆうと進めました…と思っていたのもつかのま、路肩の工事が行われていました…。しょうがなく車道を通ります。スペシャル怖いです。
見かねた工事の人が工事中の道を通ってもいいと許しをくれたので工事中のでこぼこ道をチャリを押して進みます。

工事地帯も終わりチャリで高速を爆走していると次第に坂道が増えてきます。たくさんの人がニュージーはアップダウンが激しいよと教えてくれましたがこの道はアップダウンではなくアップアップです。汗がだくだく流れ休憩も増えます。路肩にチャリを置き、水を飲みチョコを食って一服していると車の運転手が挨拶をしてくれます。

こういうのがあると頑張れるってもんです。でも軽快にクラクションを鳴らして僕を応援してくれるのは勘弁してほしいです。僕はそのたびにひどく驚いています。

しばらくするとTIRAUという小さな町に着きました。昼飯がてらコンビニでパイとコーラを購入。お店のおばちゃんが超ファンキーな人で「手伝うことない?お水入れようかい?」などと超親切でした。……でも、そこまで親切にしてくれるのならばおトイレくらい貸してくれてもいいじゃない。

ティラウを出て数時間。景色が変わってきました。ずっとファームだったのですが、次第にファームが消えて森が続きました。またしばらくすると本格的な上り坂が永遠と続きます。息も途切れ途切れ必死にチャリをこいでいたのですがふと横を見ると、実は結構山の上のほうにいたことに気づきました。山はシダ系の植物が多く日本の山とは雰囲気が異なり面白かったです。山の高い位置から見下ろすとあぁー旅してるなぁと実感し楽しくなります。そんな時でもクラクションで応援されて僕は驚きます。

ですが、日が傾いてくるとさすがの僕でも心細くなります。今回は街頭のない山道を突き進んでいるのです。もし真っ暗にでもなったひには生きて帰れる気がしません。
気持ちよさそうに尻尾を振っておいしそうに草を食べている牛を見るとうらやましく感じます。どこでも寝れる動物はいいですね。でも君たちはもしかしたら僕の胃袋に入るんだよ。と、自分に言い聞かせぎりぎり優越を保たせる事に成功しました。

更に数時間ようやく下り坂が始まりました。しかも数十分!!寒くなるくらいです。あんだけきつい思いをしたのだからこれくらいのご褒美は当たり前です。ビューっとペダルを踏まずに滑走!rotorua20kmの文字!!更に風を浴びて下る下る下る!!!!ロトルア湖が見えた!町は近い!!!「ロトルア湖ーー羊ーー」と今のうれしさと興奮を羊に伝え町に到着!!

10時間のチャリの旅でした。温泉の匂いがします。どうやらここは温泉街。
明日もあさっても楽しいことが起きそうな予感です。

p,s ホテルのパソコンを使っているため画像がアップできません…。今度sdカードが使えるパソコンか自分のパソコンが使えるホテルにめぐり合ったときに写真をアップするようにします。

depson5 at 17:42│Comments(3)

この記事へのコメント

1. Posted by きょろ   2009年04月16日 23:08
よっぴーは有言実行やね

画像UP楽しみにしてるよ〜☆

楽しんで〜
2. Posted by いっしょにケイビング   2009年04月17日 09:00
この景色の感動も、牛に優越感を覚えるナーバスも、ビクビクする驚きも、ぜんぶ、旅に出た者だけが経験できるんだよね。

安全運転、祈願してるよ!
3. Posted by yoppy   2009年04月18日 14:38
キョロちゃん
ありがとう!!だいぶ楽しんでるぜ!ふふふ!

いっしょにケイビング
そのとおりだね本で読んでワクワクしてた世界が今自分が経験しててなんだか素敵よ!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ニュージーランドからこんにちは今タウポなんです。