NOS Gasket

またまた、需要の無い商品ですが、個人的にはこれを逃すと次の無い商品だと思って飛び付いたものです。
58〜63年までのフロントウインカー、それに似ているけど出目金みたいなのが時々付いているクルマたまにあります。
個人的少し変わっていて、でも、その年式と違うものとはまた違う、独特な感じが好きなんですが、丸たまNOSのAssyとかで入手とかじゃない限り、まずガスケットが欠品もしくは、ドライフルーツばりに干乾びたやつが付いている位です。
そりゃー50〜60年ももつゴムはありませんよね。
そんなガスケットの単品が、NOSで売っているのを初めて発見したんで、無くなる前に飛びつきました。
誰も喜ばない&需要も無い気もしますが、、、、次のチャンスは確実に無い気がするので。。。
NOSって言う割には、、、って気もしますが、有るだけ良い類な気がします。
少し劣化ありますね。
DSCN5453DSCN5454






ウチのガスケットなしに当てがってみて、ピッタンコ。
これで全然合わない違うヤツだったら、、、泣きそうですね。
DSCN5455DSCN5456






位置決めのノッチ&取り付け穴も、バルブホルダーにピッタリとマッチング。
変なαみたいな刻印が、インチキっぽく見えるかもしれませんが、ウチにあるNOSAssyのガスケットと同じです。
DSCN5458DSCN5457






NOS Gasket for HELLA Fr Turn Signal
¥12000+Tax/Pr

NOS IG Key Cylinder & 2SG keys

オリジナルHufKeyが2本付いた、IGキーシリンダーです。各部の状態からして、ほぼ間違いなく新品だと思います。
キー溝がSGですので、このSGキーのHufブランク2本だけでも、今や大変高価なんで、なかなか価値の有る品かと思います。
通常SGの年代だと、配線がネジ留め&スターターの押し廻しのタイプ(Ovalまで!?)というイメージですが、プレスケーシングからしても、60〜62年位までのタイプに似ています。
なんで2個イチかとも思いましたが、しっかりマッチングしたキーナンバーも刻印されていますので、元からこの仕様かと思います。
リプレイスメントで出ているものは、〜59年までのものでも新しい仕様なのかもしれませんね。
DSCN5411DSCN5412DSCN5413






鍵もグッドコンディション。
裏側の樹脂や端子の接点も傷みなく良好です。
DSCN5413DSCN5416DSCN5417







ただ残念だったのは、、、そしてウチにあったUsed品と比較したら、、、、カルマン用です。
SG溝のカルマン、多分角テールですね。
ウチで重要なさそうだなー。
少し勿体無いですが、キーシリンダー&キーとIGスイッチを別々に販売した方が重要ありそうですね。
〜67年までのカルマンは年式問わず、専用のIGスイッチがないので、Type-詰僂魏湛!?して取り付けなんていうのが多いです。
元のキーシリンダーを移植すれば、鍵も変えずに済みますし。
左、SCキータイプ1の60年位のIGスイッチ、右はUsedカルマン用との比較。
このカルマン用もSGキーです。
売れなそーな在庫が増えますね。
DSCN5419DSCN5418

工作

思い付きでなんですが、何んとなく作ってみようかな!?って思い立って手を付けました。
ステンワイヤーを成型して曲げます。
DSCN5227DSCN5228




もう1点も。
イメージの形に曲げて溶接して輪に。
同じ大きさにステンプレートを切り出して、型紙に合わせて大体曲げます。
まだ、なんだそりゃ!?って状態ですが、、、暇見てそのうち形にする予定。
その前に整備したいところも幾つかありますが。。。
DSCN5235DSCN5238DSCN5240

Wide View Room Mirror

以前からオーナーさんが探していた、状態の良いルームミラー、海外に行かれた際に入手出来たとのことで、更に鏡を張り換えでお預かりしました。
T−3の66年までのルームミラーは、程度の良いものは滅多に無いそうです。
依頼を受けたのは随分前、合間に時間作ってやりますなんて言っておきながら、長らくお待たせしました、すいません。。。。
手を付けれたのも数カ月前、ですが、いざ湾曲鏡で分解したミラー本体に合う寸法の鏡を用意したら、、、、横方向の長さの有る分、湾曲の凹凸分で本体に収まりません。
隙間開き開きです。
9b73089c11b6b149






時間の関係で一旦ストップしていましたが、こんな感じにアルミのプレートを加工して延長。
良く見れば継ぎ目もみて判るし、元々ミラーに対して直角じゃない分で角度も違いますが、上も下もクルマに付けるとあんまり見えない部分ですので、あんまり追い掛け過ぎずに程々に仕上げました。
肌合わすのに、ミラー本体のアルミ部分も一緒に磨いて。
DSCN5070DSCN5071DSCN5073








装着後の写真、良いのが無かったので、オーナーさんから拝借しました。
見た目そのまま実用性アップ☆
リアウインドー全面にプラスして、右側クウォーターまでしっかり写ります。
手間掛からなければイイ事尽くめなんですが、、、、手間考えるとお仕事的には辛いかも。。。。
オーナーさんには気に入って頂けた様で良かったです。
IMG_733620181009213119ce6

SWF Wiper Blade

SWF製ワイパーブレードが入荷しました。
ゴムだけ交換出来るタイプです。
Type-詰僂280mmは昔ながらの細いタイプです。
330mmと400mmはゴムだけの交換は可能なんですが、少し幅のあるタイプです。
昔ながらの形状の物が、何時まであるのか判りませんので、拘る方はお早めに入手しておいて下さい。
雨の日のドライブも、ワイパーの拭き取りが良いと、見やすく安全ですので。
DSCN5298DSCN5300







でも、なんでドイツの部品メーカーは、黄色い箱が多いんでしょうね。
BOSCH、HELLA、Conti、Bilsteinのショックなんかも黄色いイメージです。
気のせいでしょうか?

INDEX

ragtop601INDEXを更新しました。
もう10月が半分過ぎて、今年も残り少なくなってきて焦っています。
年々、1年が早く過ぎ去っていく感じがします。
年内は、予定している車検その他で作業で、軽作業以外は出来ないかも知れません。
ご依頼、お早めにしていただけると助かります。

お疲れ様でした。

本日参加いただいた皆様、ありがとうございました&お疲れ様でした。
天気は少々残念でしたが、こんな感じの集まりもたまにあると楽しいですね。
あさいち、今回は一番乗りで到着しました。
主宰のShigeさん&奥様と先に中でコーヒー飲んでました。
DSCN5332DSCN5333






そうこうしている内に集まりだしまして、誰も来なかったら、ちょっと悲しいですね、、、ってことも無くホッとしました。
少ない筈のT-3オーナーさんは、参加率高いですね。
遠方からありがとうございます。
DSCN5335DSCN5338







もう少々増えて、このあと早めに帰られた方と入れ替わりでいらした方もいて、今な天気の割に10台は超えてくれたので、まあまあじゃないでしょうか?
少ない分オーナーさん同士、顔とクルマが一致していろいろお話出来た感じでした。
写真撮れていないオーナーさんすいません。
このあと帰る頃は雨も止んで空も少し明るくなるという、、、もう少し早く雨が止めばって感じでしたが、、、天気だけは運任せですね。
次は春ですかね。
DSCN5340

VWs & Coffee morning cruise 2nd

20180926215020124今日電話でShigeさんと打ち合わせした結果、雨の本降りは無さそうなんで決行します。
http://shigezfasty.blog62.fc2.com/blog-entry-2285.html
この時期の秋晴れなら、爽やかで暑くなくベストかと思いますが、天気ばっかりは選べませんね。
一応開催地の印西牧の原のピンポイントでの天気予報だと、雨じゃなくて曇りになっています。
パラっと降っても、外に居られないほどの降りじゃないことを期待しています。

https://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/12/4510/12231/2701331.html

https://tenki.jp/forecast/3/15/4510/12231/1hour.html

明日に備えて

DSCN5312一応明日に備えて、重い腰を上げて、昨日家に帰る前に洗車しました。
そんなに汚れてはいませんでしたが、最近涼しくなってきたので、軽く雨に降られたり、帰りは夜露で濡れて、薄っすら汚れていました。
洗車自体は、WAX効いているので手間掛からず。
前からそのうちって言ったまま放置していたくすんだホイール、軽く磨きました。
しっかりやるなら、ホイール外してって感じですが、そこまでやる気がありません。
お腹空いて早く帰りたかったので。
タイヤWAXも塗ったので、一応それなりに綺麗そうに見えるようになりました。
最近仕事終わってから、ひと作業の気力・体力がありませんね。
DSCN5319DSCN5320






会津のお土産

先日の西会津のイベントに行かれたお客様から、お土産を戴きました。
ありがとうございます。
ウチの子はラーメン好きなんで、見た途端にかなり食いついていました。
ベビースターはご当地モノで、この辺じゃ普通に売っていませんね。
ご馳走様です。
P1070066P1070070DSCN5330

Flake

今更ながらようやく手を付けれました。
まずは、テンプレートでケガきます。
ちなみに2セットあります。
DSCN5304






まだ此処だけx2ケース分ですが、大量の切粉。
削った時に舞った切粉で、頭からギラギラになれます。
本題はこれからですね。
DSCN5310DSCN5311

懲りずに再入荷

何となくくだらなさが気に入っている、足跡ペダルラバー、売れる気はあんまりしませんが再入荷しました。
似合うクルマが限られるかもしれませんが、加工も何にもせず、工具も使わず嵌め換えるだけですので、お遊びに良いかと思います。
まあ激安ではないんですけどね。
DSCN5295DSCN5294





Brake&Clutch Foot Shaped Pedal Rubber Set
New set of 2
\6000+Tax/Pr

あんまり反響があると思えず、商品というより、オブジェになるような気がしています。
これは売り物じゃなけど、同じ類いですね。
付けるとか付けないじゃなくて、見つけるとなんとなく欲しくなってしまいます。
DSCN5296DSCN5297

純正キー&キーシリンダーセット

DSCN5198高年式用のMプロフィールキーシリンダー&純正Hufキーです。
Usedですが、各シリンダーしっかりしていますし、組み換えしていない新車時からの状態のものなので、シリンダーに打ってある打刻も鍵の打刻も全部マッチしています。
10年前なら、何だ高年式かよ!って言われるのでしょうが、今や高年式でもそのままで揃った状態のものは、なかなかありません。
ドアはシリンダーのみですが、ドアハンドルを外せば、簡単に交換出来ます。
デッキリッドのロックハンドルも、新品同様ではないものの、メッキも比較的良い状態だと思います。
イグニッションのシリンダー、鍵を挿す廻りがクロームなのは74年辺りまでだったと思います。
DSCN5206DSCN5207DSCN5204








下3桁消していますが、ナンバーは全部揃っています。
DSCN5205







別途になりますが、新品のスチールブランクで、スペアキーも製作出来ます。
あくまでもUsedですので、装着前にシリンダーを洗浄・グリスアップしてからの方が尚良いかと思います。
DSCN5214







Genuine VW Key & Key Cylinder Set
M Profile
Good Used Condition.
¥19000+Tax/Set

スモール不灯

DSCN5177先日リアのスモール灯が点かないとのことで、玉切れかな!?ってことで、点検しましたが、バルブホルダーまで電気が来ていません。
ヒューズを見たら切れていたので、交換しましたが、秒殺で切れます。
配線の何処かがおかしいようですので、改めてお預かりして点検することになりました。

改めてお預かりして、順番に点検していくと、当たり前と言えば当たり前ですが、フロントのスモールも右だけ点いていません。
ヒューズボックスからの配線を順次見ていくと、挟まれてしまっている箇所を発見しました。
僅かな傷ですが、アースに触っていたようです。
補修して、新しいヒューズを入れて、前後共に問題なく点灯です。
DSCN5176DSCN5175

脱線作業

また店内の物置き度がアップしそうな予感もあり、またせっかく磨いたのに、変なとこに置いて傷だらけも悲しいので、壁に引っ掛けれるラック!?を作りました。
たいしたものじゃないですが、左右なるべく均等&対称に見えるように作ったので、地味に面倒。
大体思いついて頭の中で考えてた時より、現実は手間と時間が掛かります。
溶接して軽く磨いて。
面倒なんで、溶接の焼け取りまではしていません。
見えないと思うので。
DSCN5220DSCN5222






壁の骨に装着。
後ろが無地じゃないので、よく判らないですが、出っ張らず、スッキリ。
3段にしてあるので、少しキャパに余裕があります。
こんなことしている場合じゃないですが、、、、そう言っているとその内にって事が増え過ぎて消化出来ないので。
DSCN5223DSCN5225DSCN5224

作り溜め

DSCN5156以前に数セット作っておいたフューエルパイプ、知らぬ間に使い切っていました。
数ヶ月前から暇見てって思っていながら手付かずでしたが、いい加減重い腰を上げて製作しました。
只溶接するだけのように見えると思いますが、突合せ部分の形を削って合わせたり、溶接した部分を磨いたり、溶接後につき合わせた部分に穴を開けて貫通させたりと意外と工程があります。
まず最初は突合せ部分のRに削る加工から。
ピッタリにしないと、あとの溶接時にハマリますので。
手作業なんで、地味に面倒くさいです。





溶接が完了したら、ドリルで穴開けします。
ロングのドリルじゃないと届きません。
相手がSUSなんでこれも地味に時間が掛かるのと、異径で作っている方は、パイプ内径の違いと合わせ目の関係上、3種ドリル径違いを使います。
DSCN5161






溶接部分の出っ張った部分を粗削りしたら、内圧掛けて、漏れが無いかの点検します。
エアーの圧力マックスなんで、多分7kgf/cm2ぐらいは掛けていると思います。
1本だけ見て判らないピンホールから、薄っすらプクッとしたので、マーキングしてケガいて、この状態でもう一度点検したら、なぜか気泡が出てきません。
なんで!??
一応心配ですので、このマーキングした廻りをもう一度溶接入れて、表面を粗磨きしたあとにもう1度圧を掛けて、問題ないのを確認しました。
DSCN5182DSCN5183






で、磨きを。
粉っぽいの苦手です。。。。
全身真っ黒です。
オエッてなる作業です。
DSCN5193DSCN5192DSCN5196







最後の仕上げは、手磨きします。
アクセサリー的な意味では磨いていないので、磨き甘いですが、普通にクルマに付いていて汚く見えないぐらいには仕上がっています。
これで当分の間は、使うとき困らなそうです。
で、何処置くの?って思い、脱線を。。。
DSCN5218DSCN5217DSCN5216

お気に入り

5ce7b808.jpgお客さんに単品で販売するような品物ではないけど、作業で使う消耗品、銘柄のないものなんかは、頼む度に品質が違ったりなんてことも多く、取ったけど使わずに寝ている部品もまあまああります。
そう頻度は無いんですが、使えば無くなるこの手のハードウェアー、数年ぶりに注文して同じ品質のものが入手出来ると一安心です。
同じなようで微妙に違う、その微妙な差がやっぱり違うので、お気に入りな部品が届く嬉しいし、作業もし易く安心です。
外車で古いクルマの割に部品はリーズナブルで豊富ですが、国産車と違って、あれば使えるものが届くとは限りませんので。
こういった地味な部品一つダメでも機能しない部品もありますので、お値段以上の価値がる気がしちゃいます。

12th St.VWs Jamboree

599e40c7.jpg今年は11月11日に開催だそうです。
お台場の会場は今年が最後の様ですので、行きやすい地での開催は今年が最後かもしれませんね。
エントリーは、今月の17日と日がありませんが、エントリーをお考えの方はお早めに是非。
良い天気だとイイですね。

ワイパーブレード

DSCN5160雨の多い9月でしたが、ワイパーの拭き取りが悪いと運転疲れますね。
憂鬱な雨の日の運転を少しでも快適に、新品のワイパーブレードに交換です。
雨の日乗らずに済むのが、一番いいのでしょうが、そうも言えない場合もありますので。
晴れの予報でも急に降られちゃったりとか、不安定な天候な日も多いので、拭き取り良好で備えバッチリですね。

Maltaのお土産

観光でマルタに行かれたお客様からお土産を戴きました。
いつもありがとうございます。
現地を走っているバスだそうです。
日本だと馴染みの薄い国ですが、写真をいろいろ見せて頂きましたが、大変キレイな街ですね。
世界中に知らない素敵な場所っていっぱいありますね。
DSCN5086DSCN5087DSCN5088






こちらは、一緒に戴いた、途中の経由地ベルギーのビールです。
アメリカのビールなんかと比べると濃厚な味ですが、濃いなーって思って飲みながらビンを見ていたら、アルコール8%とホントに濃いようです。
ご馳走様です。
DSCN5089DSCN5090

エンジンマウント

オーナーさんが購入直後、思い掛けないクラッチトラブルがあり、エンジンを降ろす機会がありました。
その際に、ついでで片側の傷んだマウントを交換したのが、5年半前でした。
もう反対側は交換して間もないようで、この時点で左右共に新品に近い状態です。
この年式は選ぶほど、マウントに選択肢がありません。
そのノーブランドのマウント、ジャダーが出始めているとは言え、5年以上使って剥離して如何しようもない程でもないのを考えると有る意味優秀ですが、本来はエンジンを降ろすような機会があるまで問題なく持って貰いたいものです。
今回は、先々のいろんなプランも踏まえていろいろな作戦が有ったのですが、取り敢えずは、現状ダメなエンジンマウントを、より信頼できる形で、復旧させることにしました。
この年式用のリプレイスパーツは使いません。
他車のものを流用+アダプター製作で行くのですが、作業の開始まで時間の猶予があったので、寸法的にいろいろ下調べして、選び出しました。
費用的には、只リプレイスパーツで交換よりも掛かりますが、マウントの品質的な信頼性で考えると、交換スパンが倍伸びてくれれば、コストの相殺も出来そうですし、次回はアダプター製作もないので、マウントの小加工で済む分、長い目で見るとさほど割高にはならないかと思います。
事前に大体寸法を測っておいてあったので、後は如何レイアウトするかでしたが、いろいろ現物合わせして、こんなのを作っていきます。
DSCN9373DSCN9376DSCN9450






マウントに合わさる部分は一番力が掛かるので、45Cの板厚のある材料から切り出しています。
意外と取り合いが厳しいんです。
DSCN9454DSCN9457








仮合わせして。
マウント自体の干渉箇所を、ミニマムにカットします。
こういう部分が寸法からだけだと出ない部分です。
DSCN9458DSCN9470DSCN9471






問題なく納まるのが確認出来たので、バラしてペイントです。
そして、組み上げて完成。
ボルトナットの関係が逆になった分、少々組み辛いのですが、本来そんなに外す機会のない筈なところですからね。
DSCN9472DSCN9475







オーナーさんに納車後、お初な試みな作業な事もあり、何か問題ないかを確認しましたが、特に不具合もないそうです。
それプラス、停止からのスタート時、余計なたわみの無くなった分、クルマの動き出す感じがシャープになって乗り易くなったとのことで良かったです。
良いとこ取りな良い結果になって、なによりですね。

上高地のおみやげ

先日、お客様から頂いたお土産です。
夏に上高地の方まで行かれたそうです。
いつもありがとうございます。
上高地の方にむかーしむかし、バスツアーかなんかで行ったような記憶があるのですが、
どんなとこにどんなルートとか、全く思い出せません。
でもたぶん行ったと思うんですが、、、季節すら何時だか思い出せず。
一度、季節の良い時にゆっくりと回ってみたいですね。
ウチの下の子は、ミルクケーキに妙にハマったみたいで、喜んで食べています。
ご馳走さまです。
DSCN5091DSCN5092DSCN5093

秋晴れ

369cb622.jpg台風も過ぎ去り、昨日はようやくさわやかな秋晴れでした。
と言っても、明日からまた台風接近みたいですけどね。
今年は、地震にはじまり、猛暑に台風と、自然災害の猛威が凄いここ数ヶ月でしたね。
そういう意味では、この辺りはまだ平和だったかと思います。
それでも先日の台風、千葉県だと今年一番強かったでしょうか、夜2時位に風が強くて風音で目が覚めて、よっぽどだったら仕事場に偵察行こうかと、心配で朝方まで起きていました。
翌日朝ちょっと買い物もあったので、寄り道しながら仕事に行ったのですが、樹が折れて道路にはみ出ていたり、信号機が向きが曲がっていたり、シャッタ−が飛んじゃっている建物があったりはしましたが、大打撃な被害はないようで一安心でした。
仕事場も外のものが散らかっていたり、枯れ草が吹きだまっていたり程度で大丈夫で一安心でした。
全国各地の被害を見ると、もうこれ以上勘弁して頂きたいですね。
自然の脅威を思い知る夏でしたが、もうそろそろ、古いクルマに乗って気持ちいい季節が到来です。
寒くなるまでの短い期間、10月は晴れて穏やかに過ごせると良いですね。

ミラーの振り幅

DSCN5074ミラーの鏡の張替え前、お掃除をしているときに、アームの付け根の廻りに歪みを修正した痕を発見しました。
このミラー、以前にオーナーさんが角度が悪くて全然見えないと言っていた気がしますが、振り幅的に幅が狭過ぎて、それ以上曲げようとミラーを振った時に歪んだ痕かと思います。
せっかく修正されていても、このままじゃまた同じことになってしまいますから、バレている内に振り幅が広くなるように小加工。
樹脂のワッシャーを加工して、こんな部品を製作。
Before & After、振り幅がだいぶ広がります。
DSCN5075DSCN5076DSCN5077







目いっぱい振ると、挟んだ樹脂ワッシャーが少し見えますが、ミラーとして見えないよりよっぽどイイかと思いますし、これ以下の振り幅で良い角度になれば、ワッシャーが見えないで済みますね。
別に頼まれていませんでしたが、大変お待たせした分のサービスです。
DSCN5078

Sarah McLachlan

Recent Comments
Profile
千葉県八千代市でDer Bugee Shopという空冷Volks Wagen専門のショップをやっています。
パーツの販売から修理、車検等、空冷VWに関する事は何でも承ります。
ここでは仕事に直接関係ないこと、あること問わず、日々気になる事に触れてみたいと思ってます。

Add: 千葉県八千代市島田台1287−31
Call: 047−459−1662
Close: Friday, Saturday
お気軽にお問い合わせ下さい。よろしくお願いします。
Archives
counter
  • ライブドアブログ