牛タン

仙台のお土産で戴いた、牛タンサイコロです。
ありがとうございます。
おつまみに美味しく戴きました。
ご馳走様です。
DSCN4693DSCN4695





で、やっぱりとられました。。。
美味しい!と言ってます。
DSCN4721

シート交換 ファミリー快適仕様へ

DSCN9843作業したのが6月なんで、既に3ヶ月位経ってしまいましたが、シートの取替え・加工取り付け作業です。
元々ストックのオリジナルシートではなく、10年以上前に加工して取り付けたポルシェシートが付いています。
シート自体、座り心地やホールド感、位置関係も何の不満も無いのですが、家族が増え、4人でお出掛けすると、後ろの席の足元が狭いと言うのが、交換する一番の理由でしょうか?
今回希望に近いシートが手に入ったので、付け替える事になりました。
もちろん要加工ですが、既に加工されていて、年式違いの空冷ビートルのレールが付いているようです。
ポルシェのシートを取り付けるときに作ったフレームを小加工してあげれば付くかな〜って安易に考えていましたが、そんな甘い訳がなかった。。。
フレーム側にスライダーが無いので、別途用意した汎用のシートスライダーも一緒に取り付けします。
まずはこれから取り付けるシートを分解して、シート座面のフレームだけにします。
綿や表皮の付いた状態だと切ったり張ったりが難しいので。
DSCN9844DSCN9845






そして溶接加工して付けてあったフレーム、、、、切り刻んで全部剥がしました。
これから溶接するであろう部分の廻りも下拵えしておきます。
DSCN9863DSCN9865DSCN9866






撤去した部分、こんな仕上がりです。
剥がすの大変でした、要りません。。。
付け直しの跡が何箇所か。
恐らく、シート位置を微調整するのに何度か高さや角度を変えている模様です。
ちょっとの傾きや捻れも、結構気になるもんですからね。
DSCN9867DSCN9869DSCN9870







裸になったところで、作業前にオーナーさんと話し合って決めた高さになるよう位置出しです。
もちろん中綿分を引いてフレームの高さを合わせています。
DSCN9848DSCN9851DSCN9852






スライド量や、スライダーのレバーのストロークを加味して出した位置に取り付けできるよう、鋼材を追加して繋げます。
社外シートの様に、下が平らで4点留めとかになっているものとは違って、寸法出しやカットが難しいです。
作業前、そんなこと何にも考慮していませんでした。。。
浅はか。。。。
DSCN9854DSCN9855DSCN9857






色塗って。
DSCN9858DSCN9859






当初、土台のフレームは余計な費用が出ないようにノータッチのつもりでしたが、スライダーのレリースハンドルの操作がし難かったので結局加工しました。
最初ただの鳥居型でしたが、邪魔な部分を切る為に数センチ下にフラットバーを横に流して、角に補強を溶接してあります。
DSCN9880DSCN9877







そんな感じに一通りの作業で完成です。
いろいろ途中迷いも有って、地味に時間が掛かってしまいました。
夏に家族旅行に行かれて快適だったとのことで、良かったです。
ライフスタイルに合わせて、クルマを替えるんじゃなくて仕様変更、他のクルマだとあんまりない選択肢ですが、こういうのも有りなのもまた面白いですね。
DSCN9882

Adaptor

仮設なんで、有り物ポン付けのつもりでしたが、そう上手くは行きませんでした。
ちょうど60度ぐらいズレてくれていれば、ある意味楽に変換出来そうでしたが、微妙にボルト1本半ぐらいのズレです。
後々また何かに使えることに期待!?して、変換アダプターを作ってみました。
本当はもっと短くしたかったのですが、ボルトを通す関係上、あんまりフランジ間が近過ぎると、上手く組めなそうでしたので、この長さに落ち着きました。
楽は出来ませんね。
DSCN4808DSCN4807

Coke

DSCN4606先日作業したお客様から、納車の際に戴きました。
1箱です。
ありがとうございます。
暑い時期にグビグビ、美味しく戴いています。
やっぱりコーラは、カロリーとかじゃなくて、濃いのが美味しいですね。
節度が無いので、いっぱい飲み過ぎて、デブりそうですが。。。
ちなみにカロリー低い人口甘味料の味が苦手です。
個人的には甘いのにカロリー低いんの飲むんだったら、甘くないもの飲むので、OKです。

Wレンズ

お預かりした際は、あんまり気にしていなかったのですが、よーく見ると中も外もレンズで、これだとカットが2重になってしまい、光軸が上手く出ません。
外して中はシールドビームでしたので、別なものを用意して、改善します。
DSCN4794DSCN4795






途中の写真、ちょっと時間が押してて撮っていませんでしたが、、、、完成しています。
表情がちょっと変わりますね。
反射板が良いと、眼力アップで、表情が力強くなりますね。
もちろん、明るさもアップです。
DSCN4810

レギュレーターハンドル崩潰

以前やっつけで仮補修して使っていましたが、一旦ダメになったモノには延命程度で本来の状態に復旧している訳ではありません。
振り返るともう仮補修から1年です。
そのうち何とかとは以前から思っていましたが、ここ数日のうちに如何にも具合悪く、分解寸前な香りがしたので、重い腰を上げて対処しました。
外したハンドルは、分解間近。
キャスティングでカシメてある部分が、ほぼ割れてしまっています。
DSCN4722DSCN4723






スチールの板材から、こんなドーナッツ形状を切り出します。
一応、内径・外径のピッタリな大きさです。
裏にあてがってハンドルのアーム部分にケガきます。
DSCN4781DSCN4782DSCN4783






位置決めに重ねて固定した状態で、穴を開けます。
そしてケガキ位置でカットした元のアームと切り出したドーナッツを溶接で繋げます。
点付けで位置を確認してから、裏表しっかりと本付けです。
DSCN4784DSCN4786DSCN4787





最初に位置出しして開けた穴に、ドーナッツ側にタップで雌ネジを立て、キャスティング側は皿揉みして、固定ネジが出っ張らないようにします。
M4の皿で作りましたが、あると思っていたスチールのM4皿ネジが在庫なし。。。
取り敢えず、SUSのHex皿ボルトがあったので代用しておきます。
DSCN4789DSCN4790






一応取り付け前に、表面の錆をさっと落として色塗ってから付けていますが、帰る前のひと作業で早く帰りたかったので、半乾きで塗って付けたら、クルマの中が溶剤臭かったです。。。
機能的には見た目以上にしっかりしていてバッチリです。
DSCN4792






手間を考えるとお仕事的には辛いかもしれませんね。
最初は、せっかくならいろいろ手を加えて、、、とかもうちょっといろいろ考えていましたが、そこまで求められている部分でもないので、壊れた部分だけの加工です。
直すの自体は、いろいろなやり方がありますが、手間(時間工賃)との兼ね合いを考えると、成り立たない感じがするものも多いですね。
自分のクルマは度外視、というよりか、実験台ですね。

採れたて直送

d92dbf02.jpg海で採れたての生のアワビをお客様から戴きました。
生というか、戴いた時まだ生きてる?
お出掛けの帰り道に寄って、持ってきていただきました。
教わった食べ方で生半分、バターソテー半分で戴きました。
美味しく戴きました、ご馳走様です☆

ブレーキ

数年前の販売時にブレーキ廻りは全交換しているクルマですので、基本開けてビックリはないと思っています。
強いて言えば、乗らな過ぎなぐらいの走行距離なので、逆にホイールシリンダーが如何か位でしょうか。
開けて見て、僅かに錆びによる傷が出来ていましたが、磨けば大丈夫そうな位かと思います。
傷み易いフロントでそんな程度、リアは至ってキレイでした。
DSCN4752DSCN4753





DSCN4756DSCN4754






此処が一番傷の深かった箇所ですが、磨けばこんな程度です。
カップグリスを塗ってカップを組み直します。
DSCN4762DSCN4763





DSCN4764DSCN4765






摺動部やアジャスターのネジ部などにしっかりグリスを塗って組み直します。
一度しっかり手を入れたクルマ、数年は突発な修理も出ないので、維持が楽ですね。
DSCN4766DSCN4767





DSCN4771DSCN4774





フロントは、ハブベアリングを分解して洗浄してグリスアップしてから組み直します。
ドラムを装着して、フルード補充&エア抜きをして完了です。
マスターから、ホイールシリンダーまで良い状態だとスパッとエアーが抜けますね。
DSCN4770DSCN4777DSCN4779






P.S.
作業の方、一通り終わっています。
日曜日にお電話入れます。

Continental

DSCN4735タイヤを積んでタイヤ屋さんに行ってきました。
ウチでは意外と少ないContinentalの165です。
お値段、見た目、乗り味のバランスが良いですね。
今回は、フロントのタイヤ&ホイールの影響を受け易いストラットモデルですので、キッチリバランスを取って頂きました。
そして元位置も記録していますが、タイヤ&ホイールの優秀な順に、元位置を無視して前後左右を振り分けて装着しています。
装着後、見た目も引き締まりましたね☆
思っていた以上にクラシックな雰囲気が残っていて、高年式ビートルの年代の雰囲気にマッチするように感じます。
定番はミシュランですが、このサイズに限っては、4本交換すると結構な差額があるので、お薦め出来る選択肢ですね。
DSCN4748DSCN4745DSCN4750

シール交換

オイル漏れの汚れを洗浄してから、オイルシールを交換しました。
凄くキレイになった感はないかもしれませんが、元の真っ黒よりはだいぶキレイです。
DSCN4718DSCN4717







ミッション側も洗浄して、新品のメンドラシールに交換して組み直します。
DSCN4725DSCN4726






車載して、各部調整。
下回りも少し洗浄したので、元のオイリーな状態よりはキレイになったと思います。
最後にオイル交換して完了です。
プッシュロッド廻りやヘッド廻り等、その他の箇所もあるので、オイル漏れがなくなるとはいえませんが、元よりは良くなるかと思います。
DSCN4727DSCN4737

降ろし

まずは降ろしました。
DSCN4703






オイル漏れ、全バラしないと完全に直りませんが、根本的な部分を直さずにオイル漏れの為だけの分解は、とっても非効率なんでお勧め出来ません。
なんで本体ばらさなくていい範囲で、シール交換します。
ダダ漏れではないけれども、ジワジワきていそうなオイルクーラーシール、クランクシール、そしてミッション側のメンドラシールです。
今回は3箇所のつもりで各部をバラしたのですが、クランクシールは全く漏れていなくて新しかったのでパスしました。
一番漏れが多かったのはメンドラっぽいです。
DSCN4704DSCN4705DSCN4706







ついでにって部分で、T/Mマウントやクラッチもありますが、点検して現状不具合もなかったので、予算の関係上で今回は交換等していません。
やっておくに越した事はないですが、そこはケースバイケースでその時の状況で判断しています。

Beer

先日納車の際に戴きました。
いつもありがとうございます。
いろいろな味を楽しみました、ご馳走さまです。
P1060595P1060596

ウインドーレギュレーター

回らないとか、壊れて空回りとかではありませんが、運転席側に比べて、回すのが重たいとのことで、トドメが刺さってしまわぬ内に、分解してクリスアップします。
まずはドア廻りを分解して、レギュレーターを摘出します。
結構一通り分解しないと摘出できませんね。
見た目は汚いですが、付いていて良かった!純正品です。
DSCN4696DSCN4698





やっぱりですが、油っ毛無しで錆び粉まみれです。
半バラしてから洗浄して、古い固まったグリスと磨耗かすを落とします。
撮ったつもりで写真が無いのですが、、グリスを内部に詰め込むのにグリスを塗りながらレギュレータハンドルをくるくる廻して、何度も上下に動かします。
空の状態でもだいぶスムースさに差が出たのが体感出来ます。
DSCN4699DSCN4700






4年半前の販売時にドア中の洗浄+サビ止めWAXの塗布をしてあるので、今回はレギュレーターのみの作業で済みました。
装着して、ガラス位置の微調整をして復旧完了です。
フェルトチャンネルの表面も少し摩擦が増えているので、最後にシュッと愛情ひと吹きしておきました。
だいぶ軽く動くようになってくれました。
珍しく追加作業もなく、本題のみで終われました。
DSCN4701DSCN4702

オルターネーター発電不良

チャージランプが点きっぱなしになって、オーナーさんの方で発電量を測ったら、バッテリー電圧程度しか上がらなかったとのことで、どうやら発電していないようです。
オーナーさんがブラシの方も点検していて、ブラシはしっかり残っているので、本体の不良じゃないかとのことでした。
本体丸ごと交換だと、金額も高くなってしまいますので、その前にまずはレギュレーターを交換してみます。
内臓レギュレーターですので、ウチのテスト用ブラシユニットに組み換えして、新品レギュレーターを仮設して、確認します。
作業前、チャージランプも点かない状態でしたが、始動前にしっかり点灯。
約13.9Vでているので、本体は大丈夫そうですね。
DSCN4586DSCN4587DSCN4589






今出てくるレギュレーター、最近取ったら、また生産国が変わりました。
ちょっと前はChina製でしたが、再び南米生産に。
裏の配線の取り出し形状が以前のものより使いやすいです。
別にChinaが調子悪くもありませんでした。
旧南米→China→現行南米、どれが良いのかは判りません。
時間が教えてくれる!?でしょうか。
DSCN4584DSCN4585







本設します。
仮止めは、ファンシュラウドに元々開いていた穴に一点留めでしたが、しっかり位置を出して2点留めしてあります。
配線を逃がすのに、カラーで浮かして取り付けしていますが、片側がアースの端子があるので、左右で1mm厚さを変えてあります。
本設後に再び計測。
14V出ていますので安心ですね。
ひと昔前と違って、空冷VW部品も安くなくなってきているので、直せるものは直した方が、無駄がないですね。
新品が絶対安心もなくなってきていますし。。。
DSCN4591DSCN4592

Bosch

DSCN4635注文戴いていた品物が入荷しました。
詳細はお電話かご来店の時にでも。

ドレンスタッド

DSCN4537普段ご自分でオイル交換しているオーナーさんですが、今回は一緒にオイル交換もってことで交換と一緒に、1箇所ナットと一緒にスタッドが抜けるとこがあるとのことで補修します。
ケースのねじ山が崩れている訳でなければ、しっかり脱脂して新しいスタッドをロックタイトで固定するだけですので、難しいことはありません。
注意するのは、スタッドの突き出しと、ロックタイとの塗り過ぎぐらいでしょうか?
そこはサクッと、作業終了していますが、ドレンパンを緩める時に、ほとんど締まっていない箇所が一箇所。
オイルをしっかり抜いた後、洗浄して確認しましたが、突き出しが2mm超少なくなっています。
そしてそうかな〜って思いましたが、やっぱり、、、ピックアップチューブと共締めの箇所です。
中を覗くとナットが緩んで、ピックアップチューブも動いてしまっています。
緩んだナットが行方不明にならなかったのが幸いです。
此処はトラブルと、カムに接触してピックアップチューブに穴が開いたりと、かなりダメージの大きい部分ですので、放置は危険です。
普通のスパナでは締めにいけません。
ナットが落ちて行方不明になると、換えのナットをネジに掛けるのも、、、憂鬱です。
今回はダブルナットで突き出しを合わせて、中のナットをロックして、スタッドは一応ダイスを掛けておきました。
調子悪いナットを無理して使うと、スタッドのトラブルが起き易いので、要注意です。
DSCN4539DSCN4540







最後にドレンパンを付けて、オイルを入れて漏れがないのを確認して完了です。
DSCN4542

沖縄そば&ジューシー

沖縄通というか、第二の故郷のようなお知り合いから、お取り寄せの沖縄そば&ジューシーセットを戴きました。
此処のが一番美味しいっていうのをご用意いただきました。
ありがとうございます。
ちょうど夏休みに入った頃だったので、早速戴いた日に戴きました。
和なダシスープが独特で美味しいですよね。
ウチの子達は初めて食べましたが、だいぶお気に入りのようです。
ご馳走様でした。
P1060568P1060569P1060572

タイロッドエンド

足回り関係で唯一の交換部品は、タイロッドエンド。
外したタイロッドエンド、VW純正マーク入りです。
新車からかは判りませんが、だいぶ長いこと頑張っていたのは間違い無さそうです。
DSCN4533DSCN4534





新品に交換、トーインを測定&調整して完了です。
過去に一通り見ているクルマは、あとが楽です。
DSCN4535

INDEX

274b1ab6.jpgINDEXを更新しました。

New Comer

珍しくって訳ではないんですが、新入庫品です。
細々いろいろ取っているものもあるんですが、最近慌ただしくて載せていないのがいろいろあります。
時々、お問い合わせのあるハザードスイッチノブ。
形状からしてT-靴K/Gですかね!?
状態は色の劣化黒ずみも無く、良い状態かと思います。
ロゴなし¥7500+Tax、ロゴあり¥8500+Tax。
DSCN4608





以前は普通に入手出来たType-靴僚秬KOLBのキー、最近あんまりに無い上に高いですね。
あんまり安くはないけど、今売っている中では手頃な方なんで取ってみました。
欲しいかな?ってオーナーさんが居るので、聞いてみて必要無いようなら売り出します。
DSCN4609DSCN4610

Frハブベアリング

それなりに草臥れ感もありましたが、大きな傷も無いので、オーナーさんの走行距離を考えると、あと2年は頑張れると判断して、洗浄&グリスアップしました。
ドラムを装着して、ケーブルの穴もしっかりシーリングします。
足回り・ブレーキは、カップやハブシールなんかの消耗品以外なにも交換なしで済みましたね。
DSCN4569DSCN4583

ブレーキ

2年ぶりの再会ですが、汚れで見た目は汚いですが、ホイールシリンダーの中身は良好そうです。
DSCN4551DSCN4552






DSCN4553DSCN4554







ピストンを磨いて傷を均します。
ハードウェアーもしっかり洗浄して摺動部にはグリスを塗りなおします。
DSCN4557DSCN4562








シリンダーも磨いて。
全然キレイでした。
ただそれなりに磨耗も進んでいるようで、近いところで交換しておいた方が、トラブルフリーで乗れるかと思います。
まあ、2年後の状態で検討すれば大丈夫かと思います。
カップを新品にして組み直します。
DSCN4561DSCN4563





DSCN4564DSCN4565






フロントの方が傷もありますが、問題はないかと思います。
こちらもカップのみ交換でいけますね。
DSCN4566DSCN4567DSCN4568

長野の旅のお土産

P1060561夏休みに長野の旅に行かれたお土産で戴きました。
いつもありがとうございます。
今年は、猛暑で長野の山の上でも結構な暑さだったそうですが、数年前にアップデートしたエンジン+クーラーのお陰で、道中は快適だったとのことで、良かったです。
空冷VWでの家族旅行、楽しいですね。

エンジン不調の原因探し

燃料系が問題ないとして、次に原因の可能性が高いのは、点火系です。
通常は最初に疑う箇所ですね。
まずは4気筒、燃焼の状況を確認するにプラグを抜いて点検。
4つのうち、2箇所ほとんど締まっていませんでした。
そして一番抜き挿しし辛い#3、妙にすぐ抜けたなあって思っていたら、ねじ山にアルミの破片、そして半分くらいしかねじ山に嵌まっていた跡がないし、根元のクラッシュワッシャーが潰れていません。。。
DSCN4518






古いプラグが、途中まで入っていなかったですし、新しいプラグを手締めで軽く入れても重い感じでしたので、恐らく舐めて斜めに入ってしまっていたようですので、タップで浚います。
そのままじゃ真っ直ぐか如何かも見えませんので、キャブを外します。
切子がバンバン出るようではありませんでしたが、奥まで入っていなかったねじ山部分にカーボンがびっしりです。
DSCN4519DSCN4523DSCN4524






最後に新しいプラグがスムースに奥まで入るかを確認。
最後にラチェットで締めて、根元のガスケットが均一に潰れているかを確認します。
本来エンジンを降ろすとか、ヘッド単体にしてやるような作業なんで、この状態では正確に精度が出ているかは判りませんが、取り敢えずは問題ない程度に現況復帰が出来ているかと思います。
費用的にもエンジン降ろし+αとは比較になりません。
DSCN4526






この時点でエンジンを掛けて確認して、問題なく吹け上がるのを確認出来ましたが、一応と思ってMSDの電源配線も確認。
マイナス側はOKでしたが、プラス側はユルユル。。。
手でナットが回せます。
今回の原因ではないかもしれませんが、これじゃあ何時停まっちゃうか判らないですから、見ておいて正解でした。
DSCN4545DSCN4546DSCN4547









この状態で納車まで数回試乗して確認していますが、今のところ症状は出ずに好調です。
オーナーさんにも、現在好調ですが、100%の確認は取れないので、何かあればご連絡をとお伝えして納車しました。
しばらく症状でなければ、今回の原因箇所は完治しているのでないかと思います。

エンジン不調の原因探し

ゼロスタートからの加速時にキレイに吹け上がらず、息継ぎのような症状が出るとのことで原因を探します。
車速が乗って、巡航時には症状出ない(感じない)とのことです。
お預かりの際に、具体的な症状や頻度、エンジンが冷えている温まっているなどの状況に加え、いつ頃から?話で、結構以前からで過去に燃料ポンプを交換した頃ぐらいかも、とのことだったので、あんまりないですが、もしかして燃料ポンプの圧力高すぎ!?ッてことでまずは此処から点検していきます。
燃料もですが、その前に、オイルが漏れ漏れだった赤コイルを交換しておきます。
ウチは、使うとしたら黒か3角のどっちかですね。
DSCN4512








燃圧計をセットしてエンジンを始動してみました。
回転を上げても、圧力の変化はほとんどなかったです。
高過ぎどころか規定値以下ですね。。。。
犯人はポンプじゃなかったです、冤罪。
圧力少ないのは社外新品ポンプをポン付けだとまあ、こんなです。
現状不調の原因とは無関係なので、今回は次の原因探しに移ります。
DSCN4529DSCN4532
Recent Comments
Profile
千葉県八千代市でDer Bugee Shopという空冷Volks Wagen専門のショップをやっています。
パーツの販売から修理、車検等、空冷VWに関する事は何でも承ります。
ここでは仕事に直接関係ないこと、あること問わず、日々気になる事に触れてみたいと思ってます。

Add: 千葉県八千代市島田台1287−31
Call: 047−459−1662
Close: Friday, Saturday
お気軽にお問い合わせ下さい。よろしくお願いします。
Archives
counter
  • ライブドアブログ