2007年12月

今年1年

e6987ad3.jpg今年1年、ご利用頂いている皆様、御世話になっている皆様、ホームページを観て頂いてる皆様、本当にありがとうございました。
今年はいろんな事が多くあった1年で、あっという間に時間が過ぎ去りました。
何か一年が終わる実感も薄いぐらいなのですが、忙しいと言っていられるのも皆様のおかげだと思っています。
まだまだ足りないところもあると思いますが、来年も宜しくお願い致します。

無念

1beec1a6.jpgごめんなさい、結局終わらせれませんでした。
これを年内に決めて年を越したかったのですが、詰めが甘かったです。
今年はここまででした。
年明け頑張りますのでお許し下さい。

ごっつぁんです!!

12a79859.jpg本日頂きました。
大好きな沖縄そばです。
お休みに食べるのを楽しみにしてます。
本場からの直送品です。
ごっつぁんです!!

準備

9b3587c6.jpg準備できたので日曜日にお渡し出来ます。
お待ちしてます。

穴埋め

2176761a.jpg結局こうしました。
いったい元はどんな風になっていたのかは不明ですが、穴は埋める事が出来ました。

予想通りで、予定外

bell1bell4






悪い予想は当るものです。
予想通りで6Vのフライホイールが付いていて、12Vのもが入りません。
なのでミッションベルハウジングをガリガリ削って、予定外な作業となりました。
そして削る前に洗浄。
bell2bell3






薄皮削るだけでも結構な量になりますね。
粉まみれで、くるまの下に潜ってます。
スターターとスターターブッシュも交換です。

912−6

86108b26.jpgRambleさんの912−6が晴れてナンバー付いて遊びに来ました。
改造申請も通して新しいナンバーが付いてます。
ギリギリ年内に通って良かったですね。
うちも頑張らないと。
シックスはもちろん6気筒ってことです。

ロッカー

rocker1ここは意外と時間の掛るとこです。
もーーっとやりたいとこもあるぐらいでも、結構時間食いました。





こんなクリップの溝の谷の汚れ取りや、スタッドのささる穴の部分の面取りな結構手間です。
rocker2rocker3






それから、ロッカーアームのスラスト面にロッカーブロックで擦れて当ってない部分だけ段が出来てしまいます。
なので、その部分を一皮削ってあります。
rocker4rocker5






で最後にいいアジャスターがなくてはまりました。
以外にボロばっかりでした。
rocker6

お預かり

fasbak






予定が、伸びーに伸びまくって、大変お待たせしてしまってます、ゴメンなさい。
で、本日ようやくお預かりしました。
引取に伺ったら、ケーキまでご馳走になってしまいました。
更にお土産にキムチまで戴いてしまい頭が上がりません。
ありがとうございます。
ツジツマが合うように頑張ります。
おみや

ようやく

8c813201.jpgようやくLongBlockになりました。
ヘッドに付ける整流板はコッチ側はサーモのリンケージを避けるのに純正品を再生したもので、反対側はR'sさんで作ってるステンレスのもを使いました。(そして反対側の写真を撮るのを忘れました)
両側錆びないステンレスの物をと思いましたが、切り欠くのが面倒なので半々にしました。

マヨ

47aea6a8.jpg全国一億人のマヨラーの方にオススメの新製品。
期間限定なので早くしないとなくなっちゃいますよ。
ウマイっすよー!

好み

79c424a7.jpg個人的な好みかもしれませんが、Stockでもバルブスプリングの下にはシムを轢いてます。
バルブのセット長によっても変わってくるところでもありますので、足して引いてでこの厚みを選んでいます。
バルブスプリングが硬いとフリクションロスっていうのは、確かに感じるときもありますが、軟らかきゃいいではなく、当たり前ですが程よいのがいいのです。
ここも同じスプリングを使っても、使い方で千差万別なところですね。

帰宅

75bug175b ug2






遂に連れて帰って来ました。
ずっと後伸ばしにしていましたが、ようやく帰宅。
今まで何処に居たかというと、実はStrollersさんの新工場に社長のご好意で置かせて頂いていました。
社長ありがとう&残り少ない日数の年内作業をお互い頑張りましょう。
strollers

優秀

32b1d63f.jpg今回はピストン&シリンダーのレングスの誤差が少なくてちょっとビビリましたが、ケース側が優秀だったおかげで結果あまり悩まずに済みました。
デッキハイトの誤差が、100分の一桁前半なら良い方と思ってます。
酷いのはビックリな数値のも有りますよ、測ると結構。
そんなのでも、油が漏れなくて、焼きつかなければ壊れないという事になるのですが、その基準での判断ではなく、出力と温度の関係が正常でそれがちゃんとした状態だと思っています。
なのでスペシャルな加工をしないで済む範囲ではバラツキを減らせたらと思ってます。
もちろん、全てブループリンティングできるものが理想です。
お客さんの要望次第になってしまうとこですが。

牛タン

702f829d.jpg今日は、今年中に済ませたい用事があったので、ちょっと遠征してます。
今年は仙台も行けずじまいだったので、行く途中の幕張で牛タンランチにしました。

カド

piston1piston2
写真でわかんない位の事かも知れませんが、微妙に手を掛けてあります。
左右にで施工前と後です。
必要かどうかは組む方の見解がそれぞれあると思いますが、自分は“MUST”な作業としてやってます。

付きました。

06e5e759.jpg無事に付きました。

リザーバタンク

そのまま移植するつもりだったのですが、よく見ると内部に汚いカスみたいなものがこびり付いてます。
で外して洗浄しました。
内部の仕切りが複雑だったので100%キレイではありませんがナカナカです。
tank1tank2

遮熱

初めてご来店頂いたときにE/Gルームを見たら、シールラバーもE/Gチンの数点も付いていませんでした。
一応捜しては見ましたが、T-4E/Gのバス用のE/Gチンは出てきませんでしたのでこんな風にボンデ鋼板から作りました。
EG cover1EG cover2






写真で見ると平らっぽいですが、実際は結構複雑な形に曲がっています。
EG cover3EG cover4











色は純正っぽく見えるように半ツヤ黒で塗ってみました。
シールラバーも組付けして、これで大分E/Gルームに暑い空気が入ってくるのを防ぐ事が出来ると思います。

結局

470e4ec2.jpg結局ハマリ中。
まあ新しそうで、結構古いので壊れてもしょうがない。

フタ&カバー

ベバストの燃焼ヒーターを先日取り付けしましたが、そのままだと丸見えでかっこ悪いので、被せるカバーを作りました。
側面は平らのようで以外に複雑な曲面でした。
吹き出し口の面も温風が直接足に当らない方向に出てくるように被せてあります。
色はせっかくなので板金屋さんに塗って貰いました。
cover3cover4






cover5

ETC

今回はお客様といろいろ相談した結果、ちょっと自分のやりたいように遊ばせて貰いました。
で、とりあえずはバッコリと穴を開けました。
etc1






次にアンテナの配線を通す穴をダッシュに開けたのですが、ダッシュ下から、ロングのドリルビットで開けた小さな穴をチマチマ広げてカプラーの通せるサイズまで大きくしました。
上から開けたら簡単そうですが、フロントガラスを外さないと上からは穴開け出来ません。
etc2etc3






etc4






そして完成したところです。
何が何処付いてるの?なんて云ってもらうとウレシイですな。
目立たない方がイイのですよ、こんな作業は。
etc5

お迎えに

4b409a99.jpgごめんなさい今日は午後から不在にしてました。
そして遂にお迎えに行ってました。
詳細はまた後日のお楽しみに。
でも今は、うちの工場ではなくちょっと別荘?に外泊させています。

たかが!?でも、されど。

35d2f316.jpgこんなのが良くあります。
ホントは16Aが入る常時+が流れているところに白い8Aが入れてあります。
右から3つは白い8Aが正解です。
切れるのを無理にアンペアデカイの入れてごまかしてるなんて危ないです。
原因を見つけないと、あとで辛くなる気がします。
で、フューズ自体安いものなので、古かったりボロかったら機会見付け換えとくと安心ですよ。

7628fbbc.jpgパラパラっと降られたと思ったら、虹が見れました。
良いことあるかなー。

パイプで

ちょっと分かりづらいですが、下がブレーキサーボの負圧用で、上がフューエルラインです。
Type-1エンジンのようにはわすところが少ないので、パイプのほうが留めるのが簡単です。
作るのは面倒ですが見映えはすっきりしますね。
line

新品

aj bolt1aj bolt 2






ちょっとお高いですが、純正の新品が出てきたのでそれに交換しました。
先端の仕上げが荒そうに見えたので、細目のペーパーで仕上げました。
長持ちしてもらいたい。

アジャストスクリュー

0259efaf.jpgついでにタペット確認なんて思ってアジャストスクリューを回してたら、なんか違和感のある感触。
で、抜いたら、アジャスターの頭がガジガジでした。
バルブの頭は平気そうですが、スクリューはこんななので、随分軟らかいのでしょうか材質が。
Type-汽┘鵐献鵑里蓮∈戮い韻鼻△海鵑覆砲呂覆辰討襪海箸少ない気がします。
材質が落としてるのですかね?

Stock Carb

ストックキャブのO/H作業ですが、作業自体は特別な事はありません。
今回付いていたものは、31PICT-4という純正Solexですが初めて見ました。
他のタイプとは、加速ポンプのデザインが違うので通常のO/Hパッキンでは合わず、合うものを捜すのにちょっと苦労しました。
加速ポンプも通常プッシュロッドの様なものだけで繋がっているのが、このキャブはカムが付いています。
いろんなものがありますね。
pict-4 1pict-4 2

ペダルAssy

クラッチペダルからの異音があるとのことで、ペダルASSYのO/Hをしました。
pedal 1pedal 2






酷くはありませんでしたが、お約束のクラッチワイヤーの掛るフックが磨耗していました。
今回は溶接を盛るのにいつもと違う溶棒を使いました。
磨耗に強ければと思って硬いものを盛りましたが、最後に整形するのにも硬くて削るの苦労しました。
コレで持ちが良くなるとうれしいのですが。
pedal 3pedal 4






仕上げはザァーっとですが、汚れ・サビを落として黒く塗ってあります。
グリスを塗って組み立てたら取り付けて完成です。
しばらくの間トラブルフリーで活躍して貰いたいものです。
Recent Comments
Profile
千葉県八千代市でDer Bugee Shopという空冷Volks Wagen専門のショップをやっています。
パーツの販売から修理、車検等、空冷VWに関する事は何でも承ります。
ここでは仕事に直接関係ないこと、あること問わず、日々気になる事に触れてみたいと思ってます。

Add: 千葉県八千代市島田台1287−31
Call: 047−459−1662
Close: Friday, Saturday
お気軽にお問い合わせ下さい。よろしくお願いします。
Archives
counter
  • ライブドアブログ