2008年12月

最後に

今日もまだ年賀状書きをやっていたのですが、一段落して日が暮れる前にようやく洗車しました。
ずーっと汚かったのでしようしようと思って随分放っときぱなしでした。
別に今日じゃなくともと思いましたが、このままダラダラしなそうなんでムチ打って今日やりました。
今日は折角なんでタイヤワックスもいきました。
ホントはいつも綺麗にして乗りたいと思ってはいるんですけどね、来年はそんなことから(気持ちの持ち方として)頑張りたいです。
それでは皆様、良いお休みをお過ごしください!
washed1washed2

今年最後の仕事

f18b6483.jpg今年の営業も今日で最終日になります。
今年も思い通りの進み具合でないにしても、おかげさまで充実した1年になりました。
日頃ご利用頂いてる皆様、お付き合い頂いてる各業者様、ぜひ来年も宜しくお願い致します。
新年は、1月7日からの営業を予定していますが、もうちょっとのんびりしちゃうのか、もうちょっとさっさと仕事を始めているかも知れません。
すいません、いいかげんで。
写真は出来上がったマフラーの色塗りで、今年最後のお仕事となりました。

それでは皆様良い御年を!!

続・マフラー

SSTT1今年も日が残りわずかですが、溶接面も手に入ったので早速続きの作業を。
フランジに異径テーパーを溶接したものに更にUベントを溶接します。









SSTT2タイコ側もタイコの幅に合うようにUベントの幅を調節しておきます。
この状態で位置関係を見るのにまずは仮付け。







SSTT3SSTT4









タイコをジャッキで位置出ししながらUベント同士をつなぐ直線パイプを長さ&角度合わせをして、カット・溶接します。
SSTT5SSTT6









位置出ししてマーキングしたら、一旦タイコの点付けを剥がして、パイプだけの状態で溶接します。
SSTT7SSTT8









今度は出来上がったパイプとタイコをひと位置出ししてつなぐのですが、その前にタイコ単体の状態でテールパイプを付けておきます。
今回のマフラーはとり回しが大きいので付けてからだと溶接しづらいので、やり易いうちに先に付けちゃいます。
この状態でもう一度クルマに合わせて確認したら、タイコを本付けです。
SStt9SSTT10









一応こんな具合に出来上がりました。
スペースが限られているので結構いっぱいいっぱいな感じです。

Do It Yourself

37aa8cf9.jpgウチではあんまり無いパターンですが、今回はお客さん自身が出来るところまで作業して、残りはウチでという形での作業です。
窓ゴムの交換ですが、モール無しならドオって事ないですが、モール付きを綺麗に付けるのって結構手間です。
簡単に作業手順を説明して、一工程毎にコツやポイントになる部分を話しながらの作業でした。
お昼から始めて、結局終わったのは夜の9時です。
いろいろ思いどうりに進まないことや日が暮れてすごく寒かったり(*野外作業です)と大変だったとは思いますが、自分の手を使って苦労して自分のクルマが良くなってくれると、ナカナカ嬉しいものだと思います。
損得で工賃が安くなるとかの為ではなく、純粋にやってみたいという気持ちで自分のクルマの作業って楽しいですよね。
まあ、何はともあれ、車もカッコ良くなり、良い1年の締めくくりになったのではと思います!
さり気なくギョーザもDXに変更されています。

甘いもの

かなりLocalな雰囲気のこの甘いお菓子はMybowsさんがくれました。
ThankYouです!
もうコレは釣りえさにしか見えないですね。。。
パッケージもすごい絵柄です。
向こうではこういうのが売れ筋なんでしょうか???
ヴィジュアルに反して味は美味しい!
warm1warm2

朝イチ

25981c7e.jpg壊れたあとに、ヤフオクとかに安く売ってるかな?なんて思って見ていましたが、結局待ち時間がもったいないので,土曜日の朝イチにジョイフルホンダに行って買ってきました。
確かに通販の方が安かったのですが、時期も時期で中途半端にお正月を挟むと大分待つことになりそうなので、時間を選びました。
新しい溶接面は、以前使っていたのと同じメーカーのものですが、細かな調節が出来るようになっていて、旧型のものより使い易くなっていました。
結果オーライ?ってことになってます、自分の中では。

マフラー

他にも作業が残ってはいますが、取りあいず位置関係を見たかったので、先にマフラー作ってます。
まずはフランジに異径テーパーパイプを作って溶接しました。
このあとUベントを溶接してたら、なんか溶接面が調子悪くてぜんぜん遮光してくれません。
ちょっと前にも同じようなことがあって、電池を交換したら復活したのですが、今回は買い直さないとダメかな?って感じです。
年の瀬に痛い話ですが、長年扱き使ってるのでしょうがないですかね。
何はともあれ、今日はここまでです。
今年中にマフラー作りたかったけど無理かな。
ex1ex2

のった

取りあいず、ようやくですが載りました。
なんかいつも以上に苦戦しました。
終わってませんが、速報です。
eg1eg2

Porsche Style Chrome Lug Nut

547f138c.jpgPorscheStyleのChromeLugNutが再入荷しました。
で、今回は新たにアルミ製のものにChromeのものと、以来通りのスチール製にChromeの2種類が有ります。
左がアルミ製で、右がスチール製です。
仕上がりの出来は、Porsche純正品に比べたら落ちると思いますが、価格差2倍以上を考えれば、上出来だと思います。
ポリッシュだと磨くのが面倒なんて方にはピッタリですよ。





価格はアルミナット¥18500-&スチールナット¥17000-です。
chromelug2chromelug1

メッキ

9990d1af.jpgプーリーのコーンワッシャーとナットをお客さんの希望の色でメッキしました。
もうちょっと明るめのアルミのナシ地みたいかと思っていましたが、仕上がりは結構落ち着いた重めの色合いでした。
他に掛けてるメッキに合わせてと同じのをとの要望だったのですが、場所的にレンチで締めた傷などが目立ちそうだったので、もうちょっと強度の強くて傷が付き難いものを選びました。
若干色合いが違ってしまいましたが、今後コレはコレで使い道があるかなって思います。
派手なのが苦手な方には良いかもです。

当たり。。。

当たりと言っても嬉しくないほうでした。
以前から付いてた部品を戻すだけなので、確認不足でした。
組んで位置調整しようとしたら動かない。
なんで???って思ったら、干渉するので、通常組む前に削るとこがそのままでした。
ガッカリですが、自分の見落し・確認不足なんで、外して削りました。
当たり前と思わず、確認しないといけませんね。
alt1alt4

M

よく有りますが、外した部品を元に戻そうとした時にMが居ます。
コレは元から付いていたものではありません。
力の掛からないところならいいかも知れませんが、力の掛かるとこで元から高強度のボルトが使われている部分ではダメですね。
換えたときは、純正の汚いボルトが綺麗になったってことなんでしょうが、実際は見た目だけで質が落ちてることになります。
大概外すときにネジが緩んでても重たいな?って時こういうのが多いですね。
交換するのがダメって言いたいんでも、純正が最高って訳でもないですが、用途が合ってないものはダメですよね。
ステンのボルト&ナットも同様にどこでもOKではありませんのでご注意を。
EG1EG2

ステンレスハイドアウトマフラー For LateBus

先日、お客さんからオーダー戴いたステンレスマフラーの取付けです。
取り付けと言っても、今回ポン付け出来ないであろう組み合わせなので、クルマを入庫の際にお客さんと加工取付けの打ち合わせをしてあります。
今回のまずポン付け出来ないであろう理由なんですが、1つ目はEXマニホールドと、マフラーとのメーカー&仕様の違いによる相性、2つ目は今回はLateBusなのでエンジンの後部を吊っているハンガーが有り、おそらく此処との干渉で同じタイプの市販品がそのまま付かないであろうってことでした。
取りあいず、大当たりしてしまうテールパイプをカットして、組めるように組んで何処をどう切り貼りするかを考えました。
sshideout1sshideout2









予想通りに、エンジンハンガーに干渉したのと、メーカーの違いによる相性の為、前後方向で前側が下を向いてしまいました。
なので、まずはこの部分を修正するのにタイコに繋がる手前部分でカットしました。
sshideout3sshideout4









エンジンハンガーとの干渉部分を逃がすのに、パイプの延長と角度あわせをします。
写真だとサクッと付いていますが、ちょっとづつ何度か削っては切ってを繰り返しています。
まっ、ここは今回の肝ですからね。
ジャッキにタイコを載せて仮押えした状態で点付けします。
今回はマフラー全長が長いので、多めに溶接してます。
外してからやり易い状態で本付けしたら、もう一度クルマに合わせます。
sshideout5sshideout6









sshideout7sshideout8









タイコの位置が出たのであとはテールパイプですが、タイヤとのクリアランスが意外と少ないので、ここも意外とギリギリを通ってます。
あと今回は防振ゴムでマフラー本体を吊ってありますが、ここもブラケットが付いていたものだと位置が合わなかったので新設してあります。
写真の位置だとちょっと低かったので、ゴムの穴1個分吊る位置を上げました。
sshideout9









完成です!
ちょっと判りづらいですがこんな感じに付いています。
テールパイプは個人的な好みで、斜めカットにしました。
地面とのクリアランスもコレなら大丈夫だと思います。
sshideout10sshideout

予定です。

現在?いろいろ整理をしていまして、一応ForSaleの予定です。
興味の無い方から見ると、何でこんな汚い雑誌がこんなすんの!??って言われる値段になると思いますが、買った値段も結構イイ値段なんです!

まずはコレ、表紙はダサいのですが、GaryBergのStreetCarが出てます。
よく見る濃いブルーメタリックではなく、淡いブルーのときです。
よく、Bug−Inでの親子対決に出てくる写真のヤツです。
mags1mags2









次は表紙に個人的にお気に入りのCherryBombが出てるものです。
コレは結構ボロくなっていますが、、1976年製って考えるとそんなものかと。
ちなみに買ったのももう10年以上前です。
mags3mags3









コレは1979年のCallook Special Issueです。
表紙の割にって言うのが多い中、コレはカッコいいのがたくさん出てます。
mags5mags6








mags7mags8










コレはもう表紙だけで買いました。
なんてカッコイイ表紙なんでしょ!
1980年のCallook Issueです。
もちろん1$では買えませんし、買った訳でもありません。
mags9mags10









これは説明要りませんね、LeeLeightonが表紙です。
1976年製です。
それにしても昔のHotVWsのCoverってカッコいい写真が多いですね!
mags11mags12









“Street Is Neat" どこかで聞き覚えのあるフレーズですね!
コレは1981年のIssueです。
もちろんコレも1$ではないです。。。。
mags13mags14










最後はKringamanの68Sedanが表紙の1985年のIssueです。
この1冊は非常に程度が良いです。
そして中にもちゃんと出てます。
mags15mags16









気になる方はご来店orお電話ください。
欲しい方が居るかはわかりませんが、気が変わったら惜しくなって売るのやめるかもしれません。

組む前に

2cfc381a.jpgここは、組む前にいつもバラしてます。
何でかというと、German製or南米製を問わず意外と仕上げが荒く、、これが原因でシリンダーに傷が出来ると思ったからです。
意外と短いスパンで漏れてるものをバラしたときに、シリンダーが段になって痩せていたのを見てここの仕上げの荒さが原因ではと感じました。
それ以来新品を組むときにいつもこのような作業を行ってます。
ものによっては、新品をバラす時にカップがくっ付いていて、外すのが大変なのもあります。
ピストンの色を見てもらうと判ると思いますが、細かいペーパーで軽くこすると写真のようにマダラになります。
どういうことかというと、それだけ表面が平らでない証拠なんです。
p&c1p&c2









今回は、ドラムの中を通るパイプもあまり良い状態でなかったので一緒に交換しました。
写真じゃ判りづらいですが、結構な潰れ具合です。
コレは外すときにネジれたのではなく、元からでこんなです。
ドラムが付くと見えないだけに、こんなところから漏れたら嫌ですから、交換しました。
pipe1pipe2










今回はお客さんも予想外のトラブルなので、必要以上に作業はしていませんが、一度全体をチェック出来るとイイと思います。
早期発見できたので、余計な被害が発生せずに済んだだけ良かったです。
取りあいず、作業をした場所はコレで安心ですね。
complete

残念、やはり。

残念ながら、予想通りでした。
電話繋がらなかったので、また連絡します。
oil leak1oil leak 2

ヒーターフランジ

87e05262.jpg社外のマフラー&タコ足がついていると、なんだかんだ言って、ヒーターとのジョイント部分ってよく漏れてますよね。
特にマフラーの全長の長いものや、重たいものは振動で時間と共に緩くなっている様に感じます。
なのでココはフランジ加工をよくお勧めしています。
ココが排気漏れしてると、ヒーターの方に向かって排気ガスが噴出すのでヒーターも排気ガス臭くなってしまいます。
取り付けするのに意外と位置出しや、ヒーターの脱着等面倒ですが、一回やってしまえば、ここの漏れも悩まず済みます。

2009カレンダー

f56e81fd.jpg今日納車の際にお客様に頂いた来年のカレンダーです。
いつもいろいろありがとうございます。
もう終わりなんですね、今年も。
自分の中での目標に全然辿り着かずに終わっている気もしますが、今更行ってもしょうがないし、その分遊んでた訳でもないので収穫もありましたし。
あっ、目標って言っても仕事のことじゃありません。
一応今日出来ることをなるべく今日やりたいと思っていますが、思い通りって訳には行きませんね。
PS.すいません、車検証積み忘れたので、明日電話します。
それから、Hassiaが見つかるかも!?です、それも電話で詳しくお話します。

仮組み

clearance仮組みの上では当たらなそうです。

















lostで、こちらは何故かネジが行方不明です。
どっちみち、一回取り外すのでイイんですが。











今日はこれからもう一踏ん張りです

マスター

ちょっと今回症状が判別しづらくてハマってました。
ペダルが抜けちゃったりはしてないのですが、ちょっと変な症状があったので、いろいろ原因を考えて、やっぱりココかなってことで、外したらこんなでした。
納める前で良かったですが、もうちょっと先に読めてればって思います。(経験不足ですね)
ここは単純な注射器のような構造ともちょっと違うのでばらすとこんな風になっています。
フルードがリザーバーからは流れてくるけど、逆流はしないようになっています。
今回はこの機構の部分が先にダメ?っぽくなっていました。
交換したら、エライ違いでスッキリしましたが、迷ったり悩んだロスタイムにちょっとガックシでもあります。
でも何か歯につっかえた物が取れたみたいに謎が解明し収穫有りです。
まだまだ、もっと勉強が必要だとと痛感しました。
master1master2

BLT

1ddbac73.jpg先日、クルマをお預かりしたときに戴きました。
いつも、ご馳走様です!
BLTサンドって、はじめてカルフォルニアに行ったとき、気に入ってよく食べてたので、なんか思い出します。
最近まったく遠ざかっていますが、次はいつ行けるのでしょうか?
そのうちサボって行きますが、まだ先になりそうです。

リスクと安心

8abde917.jpgいつも作業してて思うんですよね。
余分な作業を抑えてリスクになる部分を考えて安心な内容の作業と、マージンが少な過ぎて、ちょっとした例外的なことで、結果余分に修理代が掛かってしまうな作業になってしまう境界線はどこかな?って。
こんなご時世ですから、なんでも交換って訳には行かないですが、最小限作業で済ませる=最小限の出費ではないです。
一応作業毎に、お客様とどうします?ってお話しますが、希望に添えないときもあります。
自分がいろいろなお客さんを見てる限り、無駄にお金が掛かってないのは、前倒しして作業してる方ですね。
写真のライニングみたいのって悩むんです。
薄いところあるでしょ?乗る方によって次触るまで持たない場合、余分な工賃や、無くなってドラムに傷が入った修正代を考えると換えた方が安いんです。
今回は、以前から見させて頂いてるお客さんで、乗り方や乗る距離も知っていて減る量が読めるので、交換せずに組換えします。
ライニングの減りやすい側と減りにくい側を入れ換えてあげることによって、次見るまで持つと思ったからです。
こういったことは仮にリクエストされてもやりません、あくまでもこちらでの判断です。
初めて見るクルマなら自分は交換します。
ベアリングなんかも同じく悩むところですね。
liningbearing

Good Deal

先日、お客さんから電話があって、こんなのがあるんだけどどう思う?ってことで言われた部品が出てるHomePageを見てちょっとビックリしました。
だって正直、えーこんな安いのか凄いなーって思いました。
お客さんが買いたいということだったので、さっそく茨城のRIMガレーヂさんに電話して分けて頂きました。
電話を頂いたお客さんに頼まれていたのは、ハイドアウトマフラーの方で、もう一個のマージドEXマニの方は、別なお客さんに自分が電話してイイよって伝えたら、欲しいってことで一緒に取りました。
SSmuffler1SSmuffler2









SSmerged2SSmerged1









値段はとてもリーズナブルでしたが、作りはナカナカ良いと思います。
これ見て気になる方はRIMガレーヂさんのホームページの方に詳細載ってます。
残り少量との事ですから、欲しい方はお問い合わせしてください。

鴨三昧

先日お客さんといろいろなお話をしていて、奥様がお勤めしている鴨料理屋さんの話になりました。
鴨料理なんて言うとなんかとっても高級で縁が無いようなお店をイメージしましたが、そんな高いお店ではないけど食材に色々と拘っていて、お休みの日なんか待たないと賑わっているそうです。
そんな話を聞いて、ここからもそんな遠くないし、偶にはちょっと美味しいもの食べたいなーって思って先日休みの日に行って来たのです、実は!
kamo1kamo2










行って来たのは、手賀沼の畔にある花鴨さんというお店です。
写真がピンボケですが、注文した焼き鴨丼とそばセットです。
これで¥1000ちょっとですが、味はとっても美味しいです!!
最近、値段程々でオッて思うようなお店ナカナカないです。
あと久々に行ってみたら、やめちゃってたり。。
休みに混んでて人が待ってるのもうなずける味です。
すぐそこは手賀沼の湖岸なんでドライブがてら行って、お昼を食べてなんてお勧めですよ!
ウチのお店から、R16を柏方面に行って船取線に右折して北上すると手賀沼を渡る橋があり、その橋を渡る手前の交差点を左折すると湖岸沿いの道路がありその通り沿いに花鴨さんがあります。
時間にしてやく20〜30分もあれば着きますよ。
うちの近所にもこういうお店があると良いなあって思います。
そして更にお客さんからお試しでなんて言って、鴨うどんまで戴きました。
こちらもしっかり美味しく戴きました、ご馳走様です!
個人的にはこちらのお店お蕎麦汁の味かなり気に入ってます。
近々誰か連れてまた行こうと思ってます。
kamo3

ドウナッツー♪

0f8bc52d.jpgTeruさんご馳走様でした!
実はちょうど、最近ドーナッツを食べてないから食べたいな♪みたいな話をしてた直後でGoodTimingでビックリです。
昨日うちに帰ってから美味しくいただきました。
なんかデブりそうな組み合わせですな、写真。。。

サポートスプリング

以前作業でお預かりしたときに付いていなかったので、、中古でいいから有るといいですねってお話してました。
それ以降にオーナーさんがイベントに行った際に探してみたものの意外とないとのことでした。
そんな時、最近リプロ品が販売されたので早速取り付けしました!
リアフード側はM8のボルトで取り付けますが、首を振る支点になっているのでそのまま固定でなく、隙間が開いた状態にする必要があります。
今回はカラーを作って隙間で動けるようにして付けてみました。
リプロですが機能や出来はナカナカだと思います。
これでカチっとリアフードが引っかかってくれますね♪
lid spring2lid spring1

こんなです。

最低限なら、1個のみ交換ですが、前廻りだけでも全交換の方がお勧めです。
後程電話しますね。
fluid leak 1fluid leak 2

ニュータイヤ

michelinニュータイヤはヤッパシ良いですね!
山は残ってましたが、年数経っててヒビヒビ&カチカチでした。
幅を落としてるだけに良い状態をキープしたいですね。
これで、雨の日も安心ですね!

ウインカーレバー

とウィンカーレバーが左右に出した状態を保持できないのと、キャンセラーが効かないのと、リア系統のスイッチの接点不良という症状の原因を調べて修理する為に、ばらすことになりました。
まずは取り外しですが、意外と面倒です。
ダッシュ下でコネクターでもいるかと思ったらいないので、キックパネルを外して配線を抜きます。
取りあいずクルマから外れました。
ts sw1ts sw2









外したら、まずは汚れカスみたいなものが結構有りそうだったので、ガソリンでジャブジャブ洗いました。
まずはレバーの保持出来ない原因ですが、内部で引っかかる爪が痩せて角が無くなってしまっています。
ここはもう地道に棒やすりで成型してくしかないので、チマチマ削って修正しました。
角が丸くなってるの判りますか?
ts sw3









保持側の爪を動かして良い具合に引っかかるようになったら、お次はキャンセラーの爪の修正です。
ステアリング側に付くキャンセラーの部品も正常なので、今回はレバー側が原因でした。
こちらも良い具合に爪が動くように成型します。
ここの形状が悪いと、レバーを出したときにレバーをレリースさせる動きになって保持が出来なくなってしまいます。
あくまでもステアリングを戻したときのみレバーをレリース出来るように動くように調整します。
削りが終了したら、作動部にグリスをしっかり塗って磨耗を防ぎます。
写真はありませんが接触不良部分は接点の当りを調整してあります。
ts sw4









これで終了って思っていたら切れそうな配線が半田付けの辺りで切れたのと、黄色い短い配線が付け足してあったのでここの半田を付け直ししました。
黄色い配線の足してあるほうは短いので新しい配線に引きなおしました。
ts sw5








完成写真がありませんが、このあと試運転して確認して終了です。
社外新品で以前ハマったので、直せるものは直した方が、信頼性があるように思います。

ガソリンタンク

dae717f9.jpgようやく配線が一段落して、ガソリンタンクを付けました。
タンク自体は以前にパウダーコートを掛けたものですが、数年経っていてもピカピカです、さすが!!
で、今回はフューエルゲージの変更に合わせ、センディングユニットも機械式に変更します。
新品でパッとしたものが無いのが悩みものの機械式のタイプですが、今回使うのはお客さん自身がイベントで見つけた、旧箱入りのNOSです!!
いつもこんなのが有れば悩まずに仕事が進んでイイです。
センディングユニットを組んで、以前メッキし直したカバーを付けて完成です。
これを見ると、センディングのケーブルをキレイにしていて良かったと思います。
tank
Recent Comments
Profile
千葉県八千代市でDer Bugee Shopという空冷Volks Wagen専門のショップをやっています。
パーツの販売から修理、車検等、空冷VWに関する事は何でも承ります。
ここでは仕事に直接関係ないこと、あること問わず、日々気になる事に触れてみたいと思ってます。

Add: 千葉県八千代市島田台1287−31
Call: 047−459−1662
Close: Friday, Saturday
お気軽にお問い合わせ下さい。よろしくお願いします。
Archives
counter
  • ライブドアブログ