2009年05月

ぶり返し

f74dfef9.jpgようやく、完治かと思って点検や部品交換するのに外した部品を元に戻したら、症状再発でぶり返してしまいました。
なので、どこかに見落としがある筈なので、配線図を見てニラメッコしました。
元々、症状だけは確認してあるので、要因になるところは限られています。
なのであとは、不具合のある時に信号のやり取りのおかしなところを探すだけです。
チョー地味な作業ですが、お陰で昨日ようやく怪しいところが発見できました。
納車後にまた見落としって訳にもいきませんから、これから試運転をして確認できたら納車予定です。
もう既に随分お待たせしているので今度こそ決めたいところです。

プラグコードの交換

daily 437プラグコードの交換って、通常お客さんが自分でもやっちゃう様な作業ですが、Mexicoはインジェクションのユニットがあるおかげで、簡単とは言い難い感じです。
で、写真のようにそのままだと#1#2側がインマニ周辺の裏を通せません。







daily 440なのでこんな感じに邪魔者を外すことになります。
今度新しいプラグコードを挿す時は、イイ具合いにサプレッサーがバラせたので、通してから組みなおしました。





本題ではないのですが、せっかく外したので、汚れてくると調子が悪くなると評判??のアイドリングバルブを外して中を洗浄しました。
ブレーキクリーナーで内部を洗浄するだけですが、出てきた洗浄液は真っ黒です。
揮発して新聞紙に残っているのが出てきた汚れです。
daily 442daily 443










daily 441汚れる原因を考えると、根本解決は外から簡単に、っとは行きませんが、一応つながっていた配管の中の汚れも一緒に洗浄しました。
ついでに配管のゴムジョイントをタイラップで縛ってあったのを、ちゃんとしたホースバンドに換えました。
なんか嫌なのでこういうのは。





daily 444途中ははしょりますが、コードを組んだら、補記類を元通りにして、本題の方の確認作業をします。
まだ途中なのでクーラーベルトは付いていませんが、このあと試運転して症状がぶり返さなければ、ようやくお客さんのもとにお返しできそうです。

あると便利

e0cb5a9e.jpgこんな時このヒューズボックスがあると重宝します。
コンパクトなので、場所も取らないですし。
となりのBoschリレーもウチではよく使ってます。
これを使うとスイッチも小さいもので済むので見栄えも良いし、スイッチまでの配線も細いものが使えるので、動かすものが後ろでスイッチはダッシュ周辺なんて時は、大変使い勝手がいいです。
まあ、普段あんまり目にするものじゃないですが。

肉抜き

6244f30e.jpg中途半端に薄いアルミ板に肉抜きするのジグソーを使いました。
もうちょっと厚いと気持ちが楽ですが、半端に薄い分緊張します。
気を抜くと、ノコ刃が食ってゴミ箱直行で今までの労力が無駄になります。
最後の一穴になると、しなったり変形しやすくなるので、押えるのも気を使いますが、今回は無事完了しました。
で、これは何でしょうね〜?それはまたそのうち。

ニュー

31ac002b.jpg先週使おうかと思ったら死亡していて光らず。
新しく何買おうかとも思いましたが、安モノもすぐ壊れたりしたら嫌だし、高いのはトッテモ高すぎて買える気もしないので、結局以前と同じのを買いました。
痛くない出費という訳でもない金額ですが、約10年使ったので元は取った!と思うようにしてます。
何だかんだよく使っていましたからね。
10年経ってもまったく同じ商品って、ある意味安心な気がするのは自分だけでしょうかね?

From九州

cbbb3ca6.jpg九州への旅のお土産をいろいろと戴きました。
いつもありがとうございます。
美味しそう♪

うしろ姿

納車前に出すとツマンナイかなーって思い、無事納車出来たので、完成後のうしろ姿を載せます。
自分的にはロードクリアランス&見た目の両方イイ出来ではと思っていますがどうでしょうかね?
まあ、オーナーさんが気に入ってくれてばOKなのです。
2009 may 21 0062009 may 21 007

納車準備完了です。

060d7689.jpg大変お待たせしましたが、納車準備が完了してます。
イイ天気で良かったです。

ブレーキフルード満タン!?

りザーバータンクの廻りのサビや塗装の剥がれのあるクルマって意外といるのでは?って思います。
今回は見た感じ塗装に酷いダメージは無かったのですが、キャップ周辺が妙に湿っぽかったので、違和感がありチェックしました。
これ多分入れ過ぎです。
ココのキャップは、圧抜きの穴が開いているのでドボドボは漏れない様になっていますが、上いっぱいまで入っているとどうしてもちょっとづつ漏れてしまいます。
今回は簡単にお掃除して、多過ぎる分のフルードを抜いておきましたが、別なお客さんのである時別作業で見たらこの周りの塗装がベロベロに剥がれているのがありました。
気になる方はたまーにでも見てみるイイですよ。
放って置くと大被害です!!
daily 432daily 433

暑いと言えば、

290ac877.jpg暑いーって季節になってきましたね!
そろそろツナギ脱ごうかと思っている暑さですが、この季節になるとコーラがやたら美味いですね!
昨日お客さんが差し入れしてくれて、飲みながらやっぱり夏はコレだね〜なんて言ってました。
ゼロカロリーより、普通のが美味いです。

マフラー

ようやくマフラーが出来ました。
いろいろな部分のクリアランスが意外と余裕無く、結構何度も点付け&仮組みして調整しました。
今日は勘が悪いのか、微妙に角度や長さが合わなくてやり直しが多かった気がします。
通常のタコ足+ハイドアウトマフラーの組み合わせとまったく裏返しのレイアウトになるので、各部切って曲がりが逆になるようになっています。
元はセラミックのマフラーですが、耐熱ペイント仕上げで最終的には見た目は判りませんが、こちらの方がサビが出にくく長持ちかな?って思って選びました。
テールパイプはステンレス磨き仕様です。
水を被りやすいマフラーなので、サビに強い方がお手入れもラクかと思います。
lefty hide out muffler 003lefty hide out muffler 006

配管

6e2762d2.jpg今日は触媒から先の部分を作ってました。
どういうレイアウトかちょっと悩みましたが、一応こんな感じです。
嫌な振動が車体に伝わらないようにフレキパイプも入れてあります。








catalizer modified 006今回はセミステンレス仕様で製作したので、パイプ部分は磨きを入れてあります。
フランジは汎用の鉄なので塗りです。
エプロンからチラッと見える部分がキレイだとイイかなって思います。

汎用いろいろ

f0a3bc04.jpgいつもBOSCH部品をお願いしている部品屋さんが、とりあいず条件の近いもの一通りということで、汎用のセンサーを全種持ってきてくれました。
ただ配線が同じでも、全部で5種類違うものだそうです。
今回は時間がいっぱい掛かってますが、正攻法でピッタリ合うものが見つかりそうです。
今後のこともありますからね。

EXマニ

46d2cad5.jpg中古ですが、光っていないステンレスのようなので、ザット浮サビを落として耐熱でシューっとしておきます。
せっかくなので小奇麗な方が良いでしょ。

フタの製作

前回ブッタ切った純正マフラーの触媒ですが、このままでは使えないですからフタをします。
この純正のタコ足と、触媒はフランジ以外は一応ステンレスで出来ているようです。
なのでフタもステンレスで作ることにしたのですが、加工性が悪くて時間食いました。
まずはホールソーで穴を開けましたが、ウチの超高級品じゃナカナカ貫通してくれません。
一応熱と力の掛かる部分だと思い2mm(1、6mmかな?)を使ったので手こずりました。
穴を開けたあとにプレスで適当?に押して、一応ちょっとだけお椀状になるように頑張ってみました。
まっ平よりは排気ガスの流れが良くなるかな?なんて思ってやってあります。(気持ちの問題?)
catalizer modified 001catalizer modified 002









芯がズレてるのはわざとですよ。
適当とかではありません。
このあと溶接してこんな感じになりました。
意外と時間が掛かり今日はここまでです。
catalizer modified 003

弓なり

b6d51445.jpgバルブカバーを外す前から外側がオイリーだったので、そうかーって感じですが、こんな状態でもジャジャ漏れじゃなかったのは優秀!?では???
もちろん交換しますが、剥がす時にガスケットが硬化してパッキンパキンになっていましたが、最近良く見る剥がす時に継ぎ目から4分割ではありませんでした。
つまり何が言いたかいかと言うと、こんな硬くなってパキンパキンになるまで持つバルブカバーガスケットが優秀なのでは?と思ったのです。
今使っているものが、このぐらい持ってくれるとイイのですが。

緩い次は、

まあ、期待はしていないんですが、今回は付属品がハズレでした。
緩い延長ピックアップチューブは手持ちに交換して、さあ取り付けって思ったら、バンドのネジがカッポカポです。
もちろんマイナスでは締めれますが、ここはドライバーが入りませんから、使えません。
通常1/4インチですが、6MM頭に変更かと思いスパナを掛けてみましたが、角が無いのでやはり回らず。
書く程の事かとも思いましたが、そんなこともあるんだと思ったので一応載せてみました。
daily 426daily 427

センサー

社外のEXマニホールドから、純正触媒付きのEXマニホールドに交換するのですが、O2センサーを溶接留め(しかもアーク)されていたので、移植出来ません。
そのつもりで、これから付ける純正マフラーに着いていたものを使うつもりでしたが、カプラーの形も配線の数が違うタイプで合いません。
調べても、VW用は3本線のものしか出ていないので、BOSCH品番で調べたら、生産中止(って言うか流通してない?)でこのクルマに合う同じものが出ていないようです。
READY BUGさんにもいろいろ教えて頂き、いろいろ策を練っています。
別な車種に使われている、別な品番のものでちょっと攻めてみる予定ですが、取りあいず、来週に持ち越しになってしまいました。
ムズイですね!O2 senser 001O2 senser 002

緩い

e1bbba6b.jpgオイルサンプを取り付けるときに、付属のピックアップチューブをつけて延長するのですが、写真を見て判りますか?左側のものがちょっと太いのを。
今回のキットに付いていたのが左側で、ウチの手持ちが右側です。
この手のことは、ココに限らず他の部分でもありますね。
空冷VWの部品は大概にして安めの値段設定で、手頃なのはとてもありがたいですが、この手のことは良くあるので注意が必要ですね。
ばらしてある、ピックアップチュ−ブに挿すと隙間があるのが良くわかります。
左が緩い方で、右が普通な方です。
自分で取り付けなんて方はよーく検品した方がいいですね。
daily 424daily 425

溜まっています。

ddb160f0.jpg意外と汚れが溜まっていました。
オイルフィルターの付いている車両ですが、オイル交換のスパンが長いと、すらっじが溜まってしまいますね。
あとオイルによってもスラッジの出る量に差があると思います。
走行距離だけでなく、期間の長いものも劣化していますよ。
永く乗るつもりであれば、オイル管理をケチっても、あとでツケが廻って来ちゃいますからね。
あとクルマを購入したら、以前どんな管理をされていたかの判断にもなるので、エンジン以外も含めて油脂交換やグリースアップなどをした方が良いと思います。

飲みながら、

518ba46d.jpg昨夜の作戦会議は飲みながらいろいろと。
クルマ屋のくせにけしからん!!って大丈夫ですって、これなら。

プラーク

1824c907.jpgBug-In34のプラークが入荷しました。
欲しい方は欲しい!!興味の無い人は何それ?なアイテムですね。
極一部の方にだけしか需要がないので、あんまり在庫してありません。
再注文はしなそうなので、欲しい方はお早めにご来店ください。

入荷しました。

1f08fa64.jpgS様、お待たせしました、Popoutが入荷しました。
メールで写真を送ってありますのでご検討ください。
宜しくお願いします。

ない

drive train & brake 058嫌ですね、こういうのって。
でも普通に、こういうのを直す部品って確かに売ってる訳ではないですからね。
だからといって、またこのまま部品だけ換えるのもって思います。
こういうのを見る機会が年々増えてる気がします。
もちろん、今回はこのままにはしません。





こういう部品が在る訳ではないですが、複雑な形状ではないので板から切り出して溶接します。
位置的にとても溶接がしづらいのであんまりキレイな溶接ではありませんが、取れないようにガッチリは付けてあります。
タイラップじゃ、ホースは平気でも、パイプが長年の振動でポキってなりそうで怖いです。
drive train & brake 068drive train & brake 073










drive train & brake 077今回は、ホースやスチールラインも丸ごと新品にしてあります。
これで当面ブレーキは安心です。

Frフードラッチ&キャッチ

今日別件でお預かりしたクルマですが、お電話で,Frフードのラッチを調節したら、フードが開かなくなってしまったとのことで、ご来店時に取りあいずはお客さんにロックをレバーを引っ張りぱなしにして貰いながら、二人掛りで如何にか開けてみました。
ここの調整はしくじると、こんな感じで開かなくなってしまう事があるので、慎重に行きました。
キャッチの芯に真っ直ぐ入るように狙って調整しました。
このクルマは問題ないですが、修復暦のあるチリの合っていないクルマはとても苦労する部分です。
daily 403daily 404

久々のForSale

d59a49fb.jpg久々ですが、For Sale Itemを2点ほど。
56〜59のTYPE-1や〜67までのTYPE-2、それから、EMPI DEEPDISHにフィットする、PETRI製のオプショナルホーンボタンです。
ホーンボタン中央にドラゴンの絵柄が入っています。
純正らしさを崩したくないけど、ちょっとさり気ないアクセントをって方にはピッタリなアイテムです。
年代的に細かな擦り傷等はありますが、全体的に見てGOODコンディションです!
裏側の配線を留めるセットスクリューも固着や不具合も無く良い状態です。
この手の部品は捜しても、タイミングが合わないと見付からないですね。
一期一会ですね。

PETRI DRAGON HORN BUTTON
Made In West-Germany
¥21000

久々のForSale

dd9a82f0.jpgHELLA製ヒサシ付きバックランプ用のリプレイスメント用のレンズです。
ヒサシ無し仕様のものとは形状が異なり、上下非対称です。
リプロや再販品ではなくオリジナルのHELLAのもです。
もちろんMadeInGermanyです。
HELLA Replacement Lense For BackLight
¥7500−/Ea

続・準備

取りあいず、真っ二つに切ってみました。
さあ、これからどうしよう。
stock EX 002stock EX 003

バス用

77a494f0.jpg珍しいく、バス用のが付いてました。
意外と付いていませんね、コレ。

準備

303544e7.jpgまだ手を付けたばかりですが、次の仕事の準備を少々。
ネジを外そうと思ったら、まったく緩む気配無しなので、ドリルで揉んで外しました。
勝負はこれからですが、上手く行くかな?
Recent Comments
Profile
千葉県八千代市でDer Bugee Shopという空冷Volks Wagen専門のショップをやっています。
パーツの販売から修理、車検等、空冷VWに関する事は何でも承ります。
ここでは仕事に直接関係ないこと、あること問わず、日々気になる事に触れてみたいと思ってます。

Add: 千葉県八千代市島田台1287−31
Call: 047−459−1662
Close: Friday, Saturday
お気軽にお問い合わせ下さい。よろしくお願いします。
Archives
counter
  • ライブドアブログ