2011年12月

続・ペダルAssy

最後の最後でペダルAssyをフレームトンネルに固定するボルトを締めたら、トルクが掛からず、でした。。。
外す時になんか緩いな???って感じはしていたのですが、まさかM10の雌ネジが舐めてるとは思いませんでした。
なので、ネジ山修正なのですが、下穴を掘るにもドリル径が太いものになるので、長さもあって、狭いフロア部分だと真っ直ぐドリルが入らず、苦労しました。
今回はヘリサートを入れて修正です。
目見等ですが、確認しながらなるべく真っ直ぐになるようにタップを切ります。
pedal assy OH 025pedal assy OH 026









奥行きがないので、ある程度奥まで入ったところで留まるようにしてます。
出っ張った部分は削り落としました。
pedal assy OH 027









今度こそ完成です。
クラッチのフック以外もだいぶスムースな感触です。
音が出始めたら、気に掛けて頂きたい部分です。
pedal assy OH 028pedal assy OH 029

ペダルAssyリビルト

意外とペダルからの異音が出たまま乗ってしまっているクルマって多いのでは?と思いますが、ここもあんまり放って置かない方が良い部分です。
まずペダルを取り外す前に、フロアマットやカーペットを外して掃除機を掛けるのですが、砂や土が凄かったです。
どうしても靴の裏に付いた土や砂は、運転しているうちにペダルと擦れ合って落ちてきてしまう部分なので、汚れも溜まりやすいですし、雨の日乗れば靴の裏に付いた水分もみんな落ちてきます。
出来ればたまには掃除機を掛けてあげて欲しい部分です。
溜まった砂・土に水分が混ざって乾き、固まってしまっていて、ペダルAssyを外して固まりをヘラで擦らないと取れないような状態でした。
pedal assy OH 001pedal assy OH 004









ブレーキ&クラッチペダルの戻り位置のストッパーもサビ、汚れでこんなです。
お掃除後はこんあ感じです。
ここら辺のお掃除はフロアーのサビにも影響ある部分なので、気に入ったクルマを長く乗りたい方は是非端折らずにお掃除してください。
キレイ好きとかそういうことだけではないのです。
pedal assy OH 011pedal assy OH 010









本題の外したペダルです。
各摺動部の油分が切れて金属部分が擦れて光ってしまっています。
擦り減ってしまった部分は、グリスを塗っても元には戻りませんから、症状が出てから放置をしない方が、同じ作業、同じコストでも良い状態になります。
今回は幸い、そんなに酷く減っては居ませんでしたが、状態があまりにも酷ければ、別なコアをベースにしたほうが、というより別途コアを見つけないと、作業しても良い結果にならないと思います。(コアが入手しやすい年式であればですが)
pedal assy OH 007pedal assy OH 008









一番痛んでいる、クラッチペダルのクラッチワイヤーの掛かるフック部分。
今回の作業の本題ですね。
pedal assy OH 009pedal assy OH 013









痩せてしまった分を溶接で肉盛りしたあと、削って形を整えます。
pedal assy OH 016pedal assy OH 018









外した部品は全部キレイに洗浄して状態を確認します。
メインのシャフトは、長年の使用でブッシュの当たる力の掛かる部分が磨り減って薄っすらと段になっています。
丁度構造上ブレーキとクラッチのぺダルは、シャフトに対しては対角に力が掛かっているので、上手く組み替えてあげるとキズの付いていない部分が力の掛かる側に持って来れます。
取り付け後に簡単に給油出来る場所ではないので、高荷重に適した持ちの良いグリスを使って組みます。、
pedal assy OH 019pedal assy OH 021









サビ止めも兼ねて、純製風?に半艶黒でペイントです。
これで組んで完成!のつもりだったのですが、最後に予想外でもう一仕事出来てしまいました。
pedal assy OH 023

ボールジョイント

ここ最近更新が少ないですが、冬休みとかのんびりしているとかではなく、仕事はしっかりしています。
むしろ、こんな時期なのに、時間の余裕がなくていっぱいいっぱいな感じです。。。。
これも先日?先週??先々週???ぐらいの作業です。
お客さんから部品だけの状態で預かっていて、手の空いた時とか言いながら、だいぶ待って貰ってしまいました。
ボールジョイントの交換ですが、アームをよーく見ると結構キズが多いので、いきなり交換の前にビームに突っ込んでガタが無いかをチェックです。
結果意外と問題なかったので、このアームに新しいジョイントを入れる事にしました。
ここを確認しないと新しいボールジョイントを組んでも足回りがガタガタのままですからね。
ビームのグリスアップのメンテナンスを怠っているクルマや、過度のロワードの車なんかも痛んでいることが多いです。
ball joint replace 001ball joint replace 003









で、本題のボールジョイントの交換ですが、外す前はご覧ような状態です。
アジャスターのみで過度にロワードすると、写真の様に底突きしてしまいます。
145幅のタイヤで、フェンダーとの隙間が丁度良いぐらいだと、アジャスターのみのロワードで限界ぐらいだと思います。
それよりも径の小さなタイヤや、フェンダーの隙間がない位、もしくは被る位になると、ドロップスピンドルの併用が必然となります。(ちゃんとサスペンションの機能を活かすと)
アッパー
ball joint replace 004









ロアー
ball joint replace 010ball joint replace 011









古いボールジョイントを抜き取り、穴の状態を確認&キレイにしてから新しいボールジョイントを入れます。
穴の中のサビは、ある程度削って落とします。(穴の広がらない程度)
ball joint replace 005ball joint replace 006









ボールジョイント自体もいろいろな銘柄のものが出回っています。
ウチでは入手出来るかぎり、いつもお気に入りの同じ銘柄のものを使っています。
新品に入れ換えたら、固くて交差点を曲がってもハンドルが返って来ないようなものもあるので、要注意です。
もちろん使っているうちに馴染むといえば馴染むのでしょうが。。。
タイロッドエンドでもそんなのがありますね。
1年以上経ってもハンドルが重たいのがありますよ。
ball joint replace 007ball joint replace 009

ハンドルフラ付き対策

73785816.jpg今回の本題とは関係ないし、やらないといけない作業ではなかったのですが、整備作業後の試運転時に気になったのでお客さんに相談したところ、やはりハンドルのフラ付きが気になっていたとの事で、追加作業をすることにしました。
元々、購入時からフロントのみロワードされていたクルマなのですが、ハンドリングが変わってしまう事の改善は特にされていませんでした。
今回は、フレームヘッドとフロントビームの間にキャスターウェッジという部品を追加で取り付けしました。
また同時にステアリングギアボックスの取り付け位置も少々補正が必要です。
ロワードの仕方や、車高の低さ加減や、前後の姿勢etc、そしてお客さんの好みや希望によっても入れる枚数が変わってきます。
同じクルマでも、ストックの状態に補正なのか、以前よりもっと〜〜なのかによって選択肢は違いますし、同時にキャンバー角も変更するならこう、など組み合わせによっていろいろ変わってきます。
高速道路などで、神経質にならずに真っ直ぐ走って、カーブや交差点などでハンドルを切ったら自分の意思どうりにクルマが向きを変えてくれる、動いてくれると、とても気持ち良くクルマに乗れます。
速いか遅いかだけじゃなくそういう部分も大事な事だと思います。

Santa's Lil Helper 2011 (今更・・・)

今更ですが、、、、先週の日曜日にSanta's Lil Helperにお客さん数人と行って来ました。
丁度先週末くらいから、一段と寒くなり、まさに冬って感じですね。
仕事してても、日が暮れるととっても寒くて帰りたくなってしまいます。。。(帰れませんが)
この日も朝出掛けようと思ったら、クルマが凍っています。
屋根も窓もバキバキでしたが、近所のお客さんと家のすぐそばで待ち合わせていたので、其処までそのまま行ったのですが、まったく何も見えません。。。
その後適当に拭きましたが。
2011 dec 18 0012011 dec 18 002









集合場所に行くと其処にはサンタとトナカイ犬が!!!????
2011 dec 18 0032011 dec 18 004









年末のせいか、集合場所に行くまでが意外と道が混んでて時間掛かった感じがしましたが、集合場所からイベント会場の潮風公園までは20分ぐらいで到着と気持ちよく流せて行けました。
一緒に行ったメンバーの4台です。
もう一台居たのですが、離れていて一緒に写っていないです。
現地に着いたら、Fastbackに乗るShigeさんがT-靴里仲間と一緒に早朝出勤済みでした。
早いなぁ。
2011 dec 18 0062011 dec 18 007









午後は仕事するつもりだったのでちょっと早目に退散。
帰りもみんなで帰ってきました。
写真を撮り損ねた、GoneIn10SecondなMさんのBenz。
写真だと上手く伝わらないとってもキレイな水色メタリックにPorsche17インチとCallookな仕様です。
2011 dec 18 011










現地の写真が相変わらず全然ないですが、詳しくはこちらを。
短い時間でしたが、とっても充実したイベントでした。
主催者の方、ご苦労様&ありがとうございました。
一緒に行った皆さんの疲れ様でした。

臨時休業

昨日行ったSanta'sLil'Helperのことを書こうと思っていましたが、急遽いろいろあって本日はお休みを戴きます。
急で申し訳ありません。

明日の営業

778b3512.jpg明日は誠に勝手ながら、PM1:00からの営業とさせていただきます。
お客さん数人と一緒にこれに行って来ます。(予定)
寒そうですが、天気も良さそうなので、今年を締めくくるVWのイベントととして盛り上がりそうですね。
早めに切り上げて帰る予定ですが、一応念のために来店前にお電話ください。

ハブベアリング

660d9da7.jpg外したらこんなでした。。
どうも水が浸入していたようで、まっチャッチャでした。
ハブキャップのシーリングもしっかりしていました。
ベアリングがダメかと心配しましたが、洗浄したら傷はあるものの大丈夫そうでしたので、グリースを詰め直してそのまま使いました。
水が浸入してからの時間経過の少なかったせいか、茶色の元は、ベアリングでなくハブの内部やキャップの裏側、スピンドルの方のサビのようです。
あとハブシールが抜け掛かっていて、ズッコケていました。





2011 dec inspection 0102011 dec inspection 011








そのせいで水が浸入したかどうかははっきり判りませんが、ハブシールに内側の方が錆びていました。
ハブシールのリップの当るところのサビを落としてから組み直しています。
そこより内側の方がサビが深いですが、リップが当らないところなので深追いしていません。
そこの傷が取れるぐらい全部削ったら、シールが緩くて効かなくなってしまいますからね。
2011 dec inspection 0252011 dec inspection 018

ディスキャップ&ローター

クーラーコンプレッサーを外さないと交換できない箇所なので、滅多に点検する、された機会もないかと思って点検・交換のつもりでコンプレッサーブラケットを外して見てみたら、交換して時間が経っていない新しい物のようでした。
あら、無駄骨?読みが甘い??と思いましたが、よーくみると、センターのカーボンが潜り込んだまま引っかかっていました。
もちろん変な無メーカー品が付いていた訳ではありません。
どうしようかとも思い、ちょっと悩みましたが、このクルマの場合換え易くない箇所なので、信頼できるお気に入りのメーカーのものに交換しました。
何処のメーカーのものでも要検品ですね。
勉強になりました。
2011 dec inspection 0342011 dec inspection 033

左右差

バラしたら、特に部品を交換するような不具合は見つからなかったのですが、左右で違うライニングが付いていました。
何らかの事情で片側だけ新しくされていたようです。
作業前の試運転時にほんの少しだけ片効きを感じたのですが、気のせいではなくコレのせいみたいです。
サイドブレーキのレバーがあるのでひと手間増えますが、組換えして左右1枚ずつで対称になるように組み換えました。
2011 dec inspection 0132011 dec inspection 014










色が判り辛いですが、左右入れ換えたあとです。
あと機能上問題は全くなかったのですが、フロントのハブキャップとハブロックナットも左右で違う形状・形式のものになっていました。
何ででしょうね???
2011 dec inspection 0262011 dec inspection 027

ヒューズ

先日に引き続き、点検したらヒューズが違っていました。
キーOffの状態で、検電ペンが光っている場所は、常時+が流れています。
赤いのが16A、白いのが8Åで、通常メイン+のヒューズは全部16Aです。
右の写真が交換後です。
わざわざ載せるほどの大袈裟なことではないですが、意外と多いのでは?と思います。
こんな詰まらないことでも、時と場合によっては、すごく困りますよ。
雨の夜に、交差点の真ん中でクーラーガンガンでワイパー動かしてライトを付けて、更にブレーキ踏みながら、ウインカー出したら、ヒューズが飛んでエンジンがストップして再始動出来ないなんてことになったら、怖いですよね。
こういう常態だとなってもおかしくありません!(絶対なるとは言いませんが)
たいしたことではないので、たまには点検を!
2011 dec inspection 0072011 dec inspection 008

ヘッドライト

光軸を調整するのにライトリムを外すのですが、サビで結構やられていました。
押す力8:回す力2位の気持ちじゃないと舐めそうな感じでしたが、どうにか緩みました。
ネジは再利用せずにステンレスのものに交換しました。
外したら、ライトAssyも???で、光軸調整をしきれなかったのか、下駄を噛ましてあったり、補修?がしてありました。
結局、光軸&光量共に基準値に達しなかったので交換しました。
2011 dec inspection 0012011 dec inspection 004









交換後の写真を撮り忘れました。。。

写真を追加です。
ついでにテスター屋さんで計測中・調整中の写真も。
モニター下側の一番左が光量の数値です。
ライトをただ交換でこの位の数値ですが、配線を見直してあげると大体300台半ばから400台前半ぐらいの光量が出ます。
ちなみに過去最高で、今年の初めにライトAssyの交換とライト廻りの配線引き直し&リレー組み込みしたクルマで500超えました。
もちろんバルブは付属のよくある55/60W とかです。
100台後半でも車検の基準はクリアしますが、乗っていて暗くて見辛いです。
いろいろな好みや考え方がありますので明るきゃ何でもイイでもないでしょうが、ノスタルジックなのと劣化しているのは違いますよ。
自分は古い機械が、なるべく新品に近い状態でしっかり機能している状態が好きです。
2011 dec inspection 0362011 dec inspection 038

N.O.S. HELLA

探し物が見つかりました。
N.O.S.のGoodConditionなので、キレイな状態のものという希望に添えると思います。
詳細は、明日連絡入れます。
hella fluted lenses NOS 001hella fluted lenses NOS 003

ちょうちん

ここは、他の場所のウインカーと違って、バルブのアンペア数が小さいので、点いていなくても然程点滅が早くならないので、気付き辛いかもしれませんね。
向きの問題か、パッキンの造りの問題か判りませんが、開けると結構土やホコリの溜まっているクルマが多いので、雨水の浸入が結構あるようです。
今回も球切れではなく接触不良でした。
接点を磨いて接点復活剤を吹いて完了です。
つい先日、似たような作業を別なクルマでもやったなあ。。。
electric 012electric 013

ヒューズ&ヒューズボックス

灯火類の点検をしていたら、ウインカーが動作しない時があったので、ヒューズボックスや配線、リレーを点検しました。
ウインカーのスイッチをONにしてウインカーが動作しないので、そのままの状態で、ウインカーリレーに軽く触ったら、ウインカーが点滅し始めました。
新車当時のオプションクーラーが取り付けられている車両だったので、エバポレータをかわす為にヒューズボックスの位置が移設されていました。
その為、ウインカーリレーがダッシュ裏の補強ステーに干渉しており、少し押されて斜めになっている為、軽い接触不良を起こしたようです。
electric 001electric 002









ヒューズボックスを数ミリ移設するのに取り付け穴を新設します。
穴を開けること自体は簡単ですが、入り組んでいる場所なので、切子が飛び散らないように養生に気を使いました。
electric 006










また付いていたヒューズも古くて劣化しているものも多く、ホントは常時+の流れる場所に16Aのヒューズが入る部分も違うものが入っていたりしていた為、新しいものに交換しました。
端子も緑錆が浮いてしまっている場所は、紙やすりで磨いてキレイにしました。
electric 007electric 004









大きな不具合がなくても、つまらないマイナートラブルの元になる部分なので、しっかりチェックしておきたい部分ですね。
ヒューズもたかが1個¥30の部品ですが、何処にでも売っている部品でもないので、これ1個切れただけでレッカーのお世話に成りかねません。。。
そんなこともあり、ウチは車検等で点検していますが、意外とアンペア数がメチャクチャに入っていたり、劣化してフニャフニャなんてクルマが多いですね。
しっかりした状態だと安心係数が上がると思いますよ。
electric 011electric 010

要らない配線

f2a85533.jpgリアラゲッジで遊んでいる配線が居たので追いかけて行ったら、、、、バッテリーの+端子に繋がっていました。。。
こういうのとっても危ないです、ヒューズも通っていない状態ですから。
ボディーにはマイナスが常時流れていますので、もしこの配線と接触したら即ショートです。
危ないので、即除去しました。
履歴の判らないクルマの場合、こういった点も要点検ですね。

リアブレーキ

リアは写真のようにホイールシリンダのブーツの外まで濡れていました。
純正VWマーク入りで古そうです。
なので交換しました。
あと、アジャスターが1個だけ逆さに付いていました。
だからなんか被害があったとかは無かったので、良かったです。
brake 014brake 017









ライニングは、まだ交換して幾らも経っていなく新しそうですが、当たりが異常に悪いです。
ちょっと黒く光っている部分しか当っていません。
新品の出来が悪いのでしょうが、これでは全然利く訳がないですよね。
このままじゃタッチも悪く利かないので、ドラムに合わせて削ります。
立派な機械でとかじゃなく、人力なので面倒な作業ですが、これでちょっと乗って当たりがちゃんと付けば、効きがぜんぜん違う筈です。
brake 025brake 027

Frドラム

偏磨耗して痛んでいたドラムは純正GoodUsedに交換です。
使う前にキレイに洗って状態を確認後、おニューハブベアリングを組みます。
brake 030brake 031









薄っすらサビの出ていたライニングの当り面は、布ペーパーで擦ってキレイにしてあります。
ハブベアリングの入る部分はキレイで良い状態です。
brake 033









ハブベアリングは、お気に入りMadeInJapanです。
あんまりダメにならない分、長期在庫になっているような気もしますが。
brake 034brake 040









ドラムの中身もライニングの当たり面が凸凹なのを修正研磨して、ホイールシリンダはニューカップキットでリビルト済みです。
ドラムを装着したら、錆び止めにペイントして完了です。
幾らドラムブレーキでも40KM/H位で強く踏めば、ロックするくらいが普通だと思います。
それ以下の効きだったら、何か問題あるかもしれません。
brake 041brake 029

ブレーキホース

記事がぶつ切りで、全然流れがなくなってしまっていますが、ブレーキ廻りの作業の続きです。
作業前の点検で、擦り痕があったので確認したら、やはりハンドルを切ったときにタイヤに当っていました。
切れてしまう前で良かったです。
もちろん、今回は元々購入してそのまま乗る予定ではないので、このまま乗っていたら、、、はないのですが、履歴の判らないクルマを車検が残っていても点検無しはリスクがあります。
brake 002brake 003









写真は片側だけですが、左右共に同じ状態で擦っていました。
左右共に交換してあります。
brake 024

エアフロ

マニュアル上での点検方法だと正常という判別になるのですが、どうも此処が怪しいです。
手元に正常と言い切れるものがあれば、比較出来る、もしくは交換して現象が改善するかを確認出来るのですが、手持ち無しでした。
なのですが、お知り合いの同業者の協力で、マニュアル点検項目以外の部分も比較出来たので、何処が正常に機能していないかが少し判ってきました。
闇雲に部品を交換するにはちょっと高額なものなので、確信がないと部品もオーダーしづらいですよね。
過去に開けた形跡からして何かありそうでしたが、やはりの様です。(まだ決定ではないですが)
air flow sensor 001air flow sensor 003

戴き物

今日は午前中から、いろいろな方&ワンコ2匹のご来店で賑やかな一日でした。
またまたですが、いろいろと戴きました。
先日某Sさんにお菓子貰ってる記事ばかり、とご指摘頂きましたが、はい、またです、すみません。
午前の部?は、限定の響きに弱い!?美味しいです♪
daily 2172









3時のおやつは、おこげで。
更にお土産まで戴きました。
ご馳走さまです♪
一日中お菓子食べて喋っていた訳じゃありませんよ、多分???
daily 2173daily 2174









最後にHotRodCustomShow帰りのお客さんが立ち寄ってくれて、プレゼントを戴きました!
ありがとうございます♪
ホントは、自分でイベントに行きたかったと毎年言っているような気がしますが、今年もキリギリスなので、行けません。
アリさんになれたら行けるのですが。。。
daily 2175







New License Plate

0ac86062.jpgまだ残作業がいろいろはありますが、ナンバーは取得完了です♪
一応予定どうりの日程での納車を考えていますが、作業の目処が付いたところでもう一度連絡します。
もう少々お待ちください。

December

今日は、これから外出します。
午前中も出ていましたが、また夕方まで居ません、すみません。
何かとバタバタしていますが、もう一山?位でひと段落したいです。
気が付いたら、もう月を越して12月なんですね。
今年は震災があったせいか?何かあーーーっというまでした。
時間が経つのが早く感じるのは、歳を取ったのかなぁ?なんて最近思います。
Recent Comments
Profile
千葉県八千代市でDer Bugee Shopという空冷Volks Wagen専門のショップをやっています。
パーツの販売から修理、車検等、空冷VWに関する事は何でも承ります。
ここでは仕事に直接関係ないこと、あること問わず、日々気になる事に触れてみたいと思ってます。

Add: 千葉県八千代市島田台1287−31
Call: 047−459−1662
Close: Friday, Saturday
お気軽にお問い合わせ下さい。よろしくお願いします。
Archives
counter
  • ライブドアブログ