2012年06月

怪しい?泡

ちょっと怪しい理科の実験の様な容器に入った液体ですが、これは撥水Waxシャンプーなんです。
業務用で小容器の小売がなかったので小容器に移しかえたものです。
これは洗車時に洗うだけで、撥水コーティングの出来るシャンプーです。
良くカー用品コーナーで見掛けるこの手の撥水効果シャンプーや洗車しないでシュシューって掛けて拭くだけとかのWAXやコーティング剤は、古い塗装や再塗装は痛むので、あまり使う気もなかったのですが、これは痛むような要素が無かったのとある程度性能が期待できそうだったので、使ってみることにしました。
シャンプーですが、あまり汚れを落とすような効果はなさそうなので、ボディーのあまり汚いときは、先に水垢等を落としてからの方が良さそうです。(その分塗装に負担が掛からない)
綺麗な状態なら、一回水洗いで砂や埃を洗い流して、濡れたままこのシャンプーで泡立ててボディーをこするように洗って、水で流したあとに残った水分をふき取ってあげれば完了です。
とっても簡単に作業出来、30分もあれば終わるので、時間の無いときなんか良いですね。
一応メーカー曰く3ヶ月撥水とのことですが、自分的には1ヶ月ぐらい効果があれば十分満足です。
濃縮タイプなので、1回50ccを10〜20倍程度に希釈して使います。
使ってみた感じビートルだとボディーの面積が少ないので、もう少し少なめで良さそうでした。

泡立てて擦ったら、洗い流すだけ。
擦ると言うより、塗り込んでいく様な感じでしょうか?
いっぱい泡立てるのポイントだそうです。
CA3D0314CA3D0316








なかなかの艶☆
写真じゃ判らないですね。。。
これなら時間の無い時や面倒くさいって時も腰の重い自分でもWAX出来ます。
面倒くさくて長期放って置くと綺麗にするのが一段と手間ですからね。
WAXが効いてないと汚れがくっ付きやすいし。
daily 2385










どのくらいの耐久性か楽しみです。
今日から雨が降るようなので、ちょうど良い実験になります。

粉噴き

c32e9151.jpgこのところずーっとバタバタしていたので洗車もサボリ気味でクルマ自体毎日乗る割にはよく見ていなかったのですが、ふとホイールを見ると、錆びて白く粉噴いていました。。。
結構ショックですね。
ホイール自体錆びやすいのは判っていたのでボディーパネルの裏側に塗るようなWAXを塗布してあり、平気だろうと思っていたのですが、、、よく考えると半年は磨いていなかったかもしれません。。。
で、先日それなりに頑張って磨いてみました。
洗車も久々にしてキレイになるといいですね。
毎日乗るからこそ、とは思っているのですが、忙しいとついつい後回しになってしまいます。

100pc

92ea2d54.jpgご注文頂いたボルトが入荷しました。
ナットワッシャーは在庫があるのでOKだと思いますので、ご都合の良い時にご来店ください。

The Goody for Type-

drivetrain & brake 005以前から、話には出ていたのですが、タイミングの問題で立ち消えていました。
で今回いろいろな要因を考えて、せっかくだから取り付けしましょうということになりました。
キャスターウェッジ自体、Type-気任△辰進が良いのは重々知っていますし、ウチで車高を落とす作業をしたType-気砲呂曚箸鵑描着されていますが、このType-畦僂呂初ですね。
Type-気良品自体が安いだけに、高価に感じるかもしれませんが、複雑な形状と造りを見れば的価だし、こういったものが存在しているのが有難い部品だと思います。
そういえば以前(と言っても10年位前)アメリカに行ったときにも日本でType-畦僂離ャスタウェッジって在るんでしょ?って現地の方に聞かれた気がします。
このキャスターウェッジを販売している大阪のJeffrey'sさんに部品を別けて頂き、取り付けしました。

フレームヘッドとフロントビームの間に取り付けるので、まずはフロントビームを固定しているボルトブラケットを緩めてフリーにします。
地面にヒットして変形している箇所がボルトが潜って工具が入らないなどの予想外もありましたが、まあ何とか緩めてボルトも外せました。
あと長年の溜まった油とドロンコの塊り剥がしにも少々時間が取られてしまいました。
片側で写真位の量のドロンコです。。。
そんなこんなですが無事挟めました。
drivetrain & brake 014drivetrain & brake 016







drivetrain & brake 018drivetrain & brake 020








キャスタウェッジを装着後ビームをしっかり固定できたら、ステアリングギアボックスの位置調整、トーイン・サイドスリップの調整をして完成です。
Type-議、お手軽・楽勝な作業ではありませんが、効果を考えるとロワードしたType-靴砲論非是非装着したパーツだと思います。
drivetrain & brake 019

タイヤ装着☆

RIMG0445お客さんが頑張って磨き&ペイントしたホイールにタイヤを装着しました。
あとはクルマに装着するだけです。
楽しみですね☆

ミタ?

お客さんから戴いたお土産ですが、Mita?日本??っぽいですが、From Taiwanなのです。
お味はたいへんの美味しゅうございました。
南国風味の焼き菓子ですが、甘過ぎず素朴な感じで絶妙な風味です☆
今回もウチの食いしん坊君が喜んで食べていました。
いつもご馳走さまです♪
P1050240P1050246

開けると、

ん???
RIMG0365









開けたら、こんなでした。
あまり無い、ハブシール脱落。
RIMG0416RIMG0417









破片???
RIMG0419RIMG0422









車上で取り外し。
要洗浄。
RIMG0430RIMG0429









洗浄後。
古いシーラーが意外と取れずに苦戦。
新品ベアリング装着。
在庫が有ったので良かった。
RIMG0432RIMG0433









ハブシール装着。
ライニングは、オイルまみれなのも理由ですが、年式違いのモノが付いていたので、どちらにしても要交換でした。。。
RIMG0436RIMG0437









油分を飛ばす為に焼いています。
ホイールの裏側も洗ってあります。
RIMG0440RIMG0441

キャリパーOH

固着なんかはしていなかったのですが、長年の間、開けたりもないとの事だったので、今回OHすることになりました。
ピストンが外れなくて苦労と言うほどの事はないのですが、場所によって動きの渋い場所も有り、良いタイミングだったようです。
外すと写真の様に、表面に薄っすらサビが出始めていました。
分解後、洗浄して傷やサビを細かい目のペーパーを使って磨いて、新品のパッキンキットを使って組み立てました。
drivetrain & brake 002drivetrain & brake 004









ブレーキフルードに浸かる場所は薄っすら程度しかグリスを塗っていませんが、キャリパーシールより外側はサビや熱&摩擦からキャリパー本体とピストンを守るようにタップリグリスを塗ってあります。
ダストブーツが付くとはいえ、シールよりパット側はかなり過酷なので、サビや傷が付きやすいです。
単品の組み立て写真がなくていきなり付いていますが、最後にサビ止め程度にペイントしてあります。
アロイの隙間から見える金のキャリパーってイイですね☆
今回のキャリパーはちょっと不思議で、パッドは1ピンなのに43mmピストン(T-気歪名錚苅娃蹌)という組み合わせでした。
いろいろ在るのですね。
drivetrain & brake 021

ホイールシリンダー

5年前に新品を取り付けしたものですが、まだぜんぜんキレイで傷んでいません!
このぐらい持ってくれると嬉しいですね☆
シリンダーを軽く磨いてから、カップキットだけ交換して蓋を閉じました。
カップキットもここ最近お気に入りヤツが良い仕事をしてくれるので、滲んだり、漏れたりなんて確率も減ったように感じます。
途中の写真がないですが、ドラムを黒く塗って完了です。
drivetrain & brake 008drivetrain & brake 012

頂き物

いつも戴いてばっかりですが、、、また戴いてしまいました☆
先日背中が痛いとBlogに書いていたら、よく効くシップを持ってきて頂きました。
そして美味しいプリンも☆
いつもお気遣いに感謝です。
P1050232P1050238









ご馳走様でした♪
(なんか変顔ですが。。。)
daily 2369

思うこと

ae1d24f7.jpg今日、夕日を見ながら思うこと。
修理はムズカシイ。
どういう風に進めるか、どこから触るか、お客さんが望んでいる事に対してどういう提案をするのがBestなのか??
Bestが選べない場合のBetterはどの選択か?
作業時だけでなく、しばらく時間が経過してからでも、良い結果・判断だったと言えるのか??
確実な答えの無い場合、いろいろ考えて悩んで時間が掛かってしまうし。。。
自分なりに判断基準があるので、迷ったまま作業はしていないのですが、、、絶対でないものには、何か気掛かりになってしまうんですよね。
まとまりのない話なんで、落ちはないです。
独り言です。。。

状況報告

電話だと上手く状況をお知らせするのが難しいので、一応参照程度に写真を載せておきます。
engine oil line plug 007engine oil line plug 009engine oil line plug 010







engine oil line plug 013engine oil line plug 014engine oil line plug 018







engine oil line plug 026engine oil line plug 028engine oil line plug 031







正攻法ではありませんが、完全ではないなりに現況復帰はしています。
作業の詳細は納車時に説明します。

ディスビの進角補正&調整

distributor 001以前、ちょっと気になる症状はあったのですが、特に他への影響や不具合も無かったので、深追いをしていませんでした。
今回ふとした切っ掛けで気が付いたのですが、ディスビの進角幅が広がっていて、通常の進角しきったところからジワジワっと更に進角してしまっていました。
Bosch製009のデスビが付いていたのですが、使用期間や距離が長くなれば、いろいろとヘタりが出て、新品当初の動きとの狂いにより、本来の性能を発揮しなくなってしまいます。
進角装置をばらして、進角幅のストッパーの調整や給油、進角バネのテンションを補正してみました。
今回は元に戻すと言うより、より今のこのクルマの仕様に寄せれるようにと考えて作業しました。
あと、各ブッシュ類の点検・給油もしてあります。
写真だと作業の説明が難しいですが、ディスビの中のこの部分が、今回の作業部分です。
distributor 006distributor 007







3000〜4000RPMも回れば、ディスビの進角自体は最大進角になってしまっているので、ピーク馬力の回転数には全く影響しませんが、街乗りで多用する1000〜3000RPMの部分はキャブのセッティングだけでなく、ディスビが適切に進角するかどうかで、随分乗り味が変わってきます。
エンジンやキャブがしっかりしていても、ディスビがちゃんとした状態じゃないと何かぎこちなくて乗り辛い乗り味になってしまうので、とっても重要な部分です。

Linkage&Coil Mount

coil 007お待たせしてすみません。
先週納められるつもりだったのですが、、、思った以上にいろいろバタバタしていて遅くなってしまいました。。。
リンケージのマウントの溶接取り付けとコイルブラケットの取り付けネジの加工終わりました。
この時期、溶接するとすぐ錆びちゃうので錆止めを塗ってあります。





linkage 004coil 009









cover repairこちらも用意出来ました。
細かいクラックの入ってしまった箇所もありましたが、溶接修理も済ませてあります。
夜にでもお電話します。

ロッカースラストシムFor High Ratio Rocker Arm

これも載せようと思いながら、1ヶ月以上経っていますが、今更レースに行く前の作業記事です。
市販のスラストシムだと、意外と薄いのが無くて、一番薄いのを一枚入れるとキツいし、無しだとちょっと横方向ののガタつきが気になるぐらいなんて事があります。
特にハイレシオロッカーでシャフト径の太くなっている19.45mmシャフト用のスラストシムは、売っている銘柄も少ないので、メーカーによる個体差や種類も少ないです。
そんなこともあり、以前からいろいろ調べていて、汎用品で良さそうなもの見つかったので、今はそれを使って調整しています。
専用品でないので内径はピッタリではありませんが、まあ許容範囲と思っています。
汎用品と言っても、全然用途の違うワッシャーなどではなくシムとしての工業部品ですので、耐磨耗なんかの心配はないと思います。
写真の左側は0.1mm厚のシム、右は市販しているScat製の0.24mm厚のもので、この2Setを上手く組み合わせて調整しました。
ピッタリ径で製作しようとかも考えていたのですが、結構な数量と単価になってしまうので、作らず流用出来そうなものを選びました。(ハイロッカー用は特に数が出ないですし)
なので単価も¥180/枚と市販の専用品と比べても特段高くありません。
あるもの見れば如何って事のないものですが、調べて探すのは一苦労です。
でもこれが有るか無いかで、こういった作業がスムーズに進むので、苦労の甲斐もあります。
また良くある市販品の様に内径外径の加工バリなんかも無いので、ここも気持ち良く作業が進められるので気にっています。
本題の作業自体は、レース前に時間的な余裕もなかったので、オーナーにやって貰いました。
rocker thrust shim 002rocker thrust shim 001

ディスビのトラブル

直前まで調子良かったのに、急にエンジンが停まってしまって掛からないなんて症状は、古いクルマにはよくある話ですが、原因はいろいろあるので、簡単に特定できる場合もあれば、そうでもない場合も多々あります。
ポイントが詰まってっているなんて症状は判り易いですが、それ以外は???なことも多いです。
今回は、直前にポイントの詰りを直してその直後だったので、そこ以外が原因と言うことでいろいろ追い掛けてみました。
当然調整したばかりのポイントは異常なしでした。
症状からすると、点火していない様です。
コイル−から来る配線がポイントに繋がり、エンジンにアースを落としたり切ったりすることで、コイルに蓄電・点火を切替しています。
なのでコイルのマイナスからポイントに繋がる配線上のどこかに断線やリークがあれば点火はしません。
ディスビ内部に可動部分があれば、そこに跨ぐ配線がある場合もあり、長い年月でその配線が断線しているなんてことも以前ありましたし、デスビ本体もしくはコンデンサーがしっかり固定されていない為に火が飛ばなかったり、不調なていうのもありました。
で、今回はいろいろチェックした結果、コンデンサ〜コイル−に繋がる配線が劣化・硬化によって、写真の様に被服が割れてリークしていました。
元々コンデンサーのブラケットとディスビの間を通してあった為見えませんでしたが、コンデンサーを一回外して配線をフリーにしてエンジンを掛けたら一発で掛かりました。
ignition 005ignition 006









今回のトラブルと直接関係ありませんが、これから先に余計なトラブル原因になりそうなコイル+に入る配線も一緒に端子を交換しています。
ignition 001ignition 007








それから、掛かる掛かんないとかではないけど、明らかにヘタっていたコイルも新品に交換しました。
交換後は明らかに調子が良かったです。
電装系はじわじわヘタるので、乗り慣れているクルマほど、判り辛いかも知れませんね。
ignition 008









一応この時点でお客さんに連絡して、リークした配線の交換で修理完了だけど、どうする?って相談しました。
いろいろ相談した結果、先々を考えてってプランで、秘蔵?BOSCH製009を装着することになりました。
今回一緒にポイントレスキットも装着します。
装着前にこんな感じにバラして、確認&調整(修正)をしています。
費用が掛からない訳ではないけど、これで当面余計な心配が要らなくて済みますね。
どうせ乗るなら調子いい状態で乗りたい&乗って欲しいですし。
ignition 009ignition 011

ウィンドーレギュレーター

window regurator 001こちらもだいぶ以前から依頼されていたのですが、ようやく作業しました。。。
不動とかの致命的な症状はないのですが、以前1度引っ掛かって動かないことがありました。
その後は特に症状の再発がなかったのですが、あんまり気持ち良くないとのことで交換することになったのですが、以前あった純正は知らぬ間に供給終了していました。
南米VW製でしたが、特にトラブルもなく比較的信頼出来るものだったので、とても残念。
で時間も急ぎでないという依頼だったので、いろいろ探したら、希望の右側だけが見つかりました☆
と言うことで、まずは取り外し。
こんな感じでレギュレーターを外すだけでも、結構バラバラになります。
そして入手出来た純正品は、75年以降用なので下部の形状がこの様に違い、そのままでは使えません。
window regurator 002window regurator 004









なので写真のように、曲げ、長さ、穴位置を加工して合わせます。
これで69〜74年までのクルマにも使えます。(部品がもう無いのですが、、、)
交換後、元々グリスアップしてあったのでハンドルを回す重さの変化はそんなにありませんでしたが、格段滑らかでスムースになりました。
また再生産もしくは、もっとしっかりした社外が出るとイイんですけどね〜。
window regurator 005window regurator 008

クレーム対応

最近騒ぐ程忙しい訳ではないのですが、微妙に時間とBlogを書く余力がなく更新していませんが、載せようと思っているようなことは溜まっています。

装着して2ヶ月経ったか経たないうちにこんなヒビヒビになってしまいました。
社外品だけに、来る物によってタマーにですがこんなハズレを喰らってしまう事がありガッカリです。
梅雨前にと言うことでようやく先日交換しました。
クレームなんて書くと、お客さんがご立腹で文句を言われたような感じに聞こえてしまいますが、そういったこともなく、むしろウチの都合に合わせて1月半も待って頂いてしまいました。
ジェントルな対応に感謝です。
Before & After
ようやくスッキリな気持ちになれた。(まだ他は有るけど)
popout seal 001popout seal 004

夏の空

1110bc52.jpg朝仕事に行く途中、もう夏のようなの空&雲です。
今日も予報は雨なんですが、何故か今のところ晴れています。
関東も梅雨入りしたみたいですが、あけたら本格的に暑そうですね。
このまま雨が降らないと、良い1日ですね。

検品

タイプ-1をロワードするのに、ドロップスピンドルはもはや定番なんですが、社外品だけにいろいろと造りの気になる部分があります。
社外ドロップスピンドルも同じようでいろんなメーカーがありますが、キャストタイプの時はまず此処をチェックしています。
過去にハマって苦労したことがあるので、要確認です。
他にもチェックする部分もありますが、まあそこはどうにかなるので。
今回お客さんにオーダー頂いて注文したら、以前定番だったメーカーの取り扱いがなくなっていて、安い銘柄のもに代わってしまっていました。
品質・性能・信頼性変わらず、安くなる分には嬉しいのですが、、、、そう上手くはいきません。
今回は以前の銘柄のモノが手に入ったのですが、今後どうしましょう。。。
なんか安かれ悪かれな方に流れている気がしますが、気のせいでしょうか?


左が今回来た新品、右がOK確認済みの中古(同銘柄)。
daily 2352daily 2353

Late Model

最近、自分が高年式に乗っているせいか、カッコイイレイトモデルに目が行ってしまいます。
レースでバタバタしていたので、会場のクルマを全部見れた訳ではなかったのですが、割と近くに停まっていたので、合間にちょっと見た一台です。
個人的にカラードバンパーとか、ホイールのチョイスとか、定番じゃないけど、邪道とは違うアレンジでカッコいいと思います。
初めて見た訳ではなく、前から知っているクルマですが、ホイールが変更されていたり、常に何か進行形なんですね。
2012 may drag In 0172012 may drag In 016








2012 may drag In 0192012 may drag In 018









オリジナルも大事ですし、トラディッショナルな定番もカッコイイと思うのですが、個人的には、それらを重んじた上での自由度がある方が魅力を感じます。
廻りの評価が、定番でも、ド本命でも、キワモノでもアナ狙いでも、自分自身がカッコイイと思って気に入るものなら自分は満足なんですけどね。
結果ハズシ路線みたいに言われることが多いですが。。。

In the Room

車載カメラでA/F計とTachometerを見れると、いろいろなセットアップに役立つ&迷いが減りますね。
この状況でどうだった?と言ってもゆっくり見ている余裕はありませんから。
ゆっくり見れるぐらいだと、負けちゃいます。
これが予選3本目で、この日のBestE.T.7.928Secが出た時です。






午後はもう少しこうしてああしてなんて思っていたのですが、オイルポンプのトラブル?の様で油圧が上がらなくなってしまったので、残念&悔しいのですが、午後は棄権となってしまいました。
壊す前に気付いてくれただけ良かったです。
このままお構いなく負荷を掛けて走っていたら、間違いなくブローですからね。。。
2012 may drag In 045
勝てる気満々だった決勝は出れませんでしたが、FastestStreetCarということで、SpecialAwardを戴きました。
ありがとうございます☆
今回は今まで以上に時間の余裕もなく、とっても疲れたし、結果も思い通りのものとは言えない(ドライバーの問題ではなくメカニカルな部分が原因ですから)状況でしたが、オーナー・自分ともに引っかかっていた部分の問題がクリアできた部分もあり、充実した気持ちで(ちょっと悔しいですが)帰路につく事が出来ました。
簡単にタイムアップするとも思えませんが、1/8Mileでの最終目標7.5秒以下がようやく見える位置には来れたとも思いました。
この位のタイムからの0.1秒の重みやハードルの高さを考えた0.4秒なんてまだ遠い道のりですが、出る出ないの結果に関係なく、ハイオクガソリンでマフラー付きの状態でどこまで行けるか楽しみです♪



おまけ
今回ウチがどうこうとかは絡んでいませんが、ご近所のWさんブラケット優勝おめでとう!!
写真載せときます。
2012 may drag In 0342012 may drag In 043
Recent Comments
Profile
千葉県八千代市でDer Bugee Shopという空冷Volks Wagen専門のショップをやっています。
パーツの販売から修理、車検等、空冷VWに関する事は何でも承ります。
ここでは仕事に直接関係ないこと、あること問わず、日々気になる事に触れてみたいと思ってます。

Add: 千葉県八千代市島田台1287−31
Call: 047−459−1662
Close: Friday, Saturday
お気軽にお問い合わせ下さい。よろしくお願いします。
Archives
counter
  • ライブドアブログ