2017年04月

FrBeam摘出のついで

此処も全く手を付けるつもりが無かったのですが、オイルシールからのオイル漏れで汚いのや、開けて見てはいないけど、十中八九で中のグリスの劣化があるので、上蓋だけ開けて取れる範囲でグリスを詰替えようかと思ったのですが、単品で廻したゴリゴリ感、気になって結局全バラしました。
グリスの状態は、、、、最低ですが、大体こんなになっています。
1 gear box (1)1 gear box (2)








バラして洗って、各部の状態を確認。
箱から出して素組みの結果は、、、、こうなります。
新品部品の初期調整諸々の作業、重要です。
1 gear box (3)1 gear box (4)







漏れ漏れのカチカチオイルシールはポイっと捨てて、新品装着。
1 gear box (7)1 gear box (8)








新しいグリスを詰めて各部調整。
仕上げはカナダ産のメープルシロップで。
1 gear box (9)





最後にペイントして完成です。
汚いボルトは新品に交換しました。
折角なので。(本音は面倒だから、2度と手を付けたくない!?)
あとはクルマに取付けてから、最終調整です。
1 gear box (11)

エンジン廻り

ファンベルトの交換と共に、オーナーさんからのご要望でプーリーを固定するワッシャーとナットを良さげなのに交換となりました。
今回は以前取ったのが残っていましたが、此処のコーンワッシャー、最近良さそうなのが入ってきませんね。
ベルトとオイルは空冷エンジンの命綱ですね。
DSCN4131DSCN4132







そしてオイル交換も。
スタッドに交換してあります。
DSCN4130

リア車高調整&トーショングロメット交換

リアが少し上がり過ぎだったので、リアの車高調整と、同時にトーショングロメットを交換しました。
今回は車高の変更量は僅かなのですが、トーショングロメットを交換してへたり分が戻るので、其処を見越しての調整量が難しいです。
それと、今回はクルマの仕様を考えて、ストックのラバーグロメットではなく、変形量の少ないウレタンタイプを使用しました。
まずは分解。
DSCN8801DSCN8802DSCN8804







スプリングプレートも外して。
後から給油出来るような箇所じゃありませんので、たまった汚れを落とした後に、摺動部やスプラインには、しっかりグリスを塗っておきます。
トーションバーの位置を組み替えて、新しいグロメットに交換します。
DSCN8806DSCN8807DSCN8820








長穴部分に一部平ワッシャーがなかったのと、ヘタって締めた時に割れちゃう事の多いスプリングワッシャーは、今回全交換しました。
小さなことですが、1歩1歩を大事にということで。
DSCN8818DSCN8808







DSCN8810DSCN8815









最後に錆びないように色を塗って。
DSCN8819







逆側も同様に、なんですが、案の定運転席側の方がへたりが大きく、トーションバーをずらす量を多くしています。
DSCN8821DSCN8822








着地後、試運転して馴染ませて、予定通りかと。
実測で12mmぐらい落としています。
そして運転席側を数ミリ高めに。
見た目の部分もですが、グロメットを交換すると、草臥れ感ががだいぶ改善しますね。
DSCN4105DSCN4108

FrBeam摘出のついで

Frビームを摘出して、フレームヘッド廻りを綺麗にして終わりって、、、いう訳ではもちろんありません。
色を塗る前後から、アジャスターを装着したかったのですが、伸ばし伸ばしで本日に至ります。
そしてあんまり自分のばかり構っている訳にもいかないので、サクって取り付けて完了させるつもりだったのですが、、、、予定は未定!?そう言ってサクッと出来た試しがありませんね。。。
別にやらなくても、、、って感じですが、落とすと引っ掛け易い、この部分をちょいとカットします。
2枚合わせの接いでいる部分なので、切りっぱとはいかないですから、合わせ目を全溶接しています。
こういう箇所必ず錆びていますから、溶接すると弾きまくるんで苦手です。
2 frame head (4)2 frame head (20)







そして前から知ってて放置していた錆び穴箇所も、大きめに切開して、切り張りしました。
下潜って切り刻むと、ほんと鉄粉まみれになります。
粉っぽいの苦手で嫌いです。
2 frame head (5)







少し研磨して鳴らせば、継ぎ接ぎが目立たないでしょうが、面倒臭くなりそのままで塗ってあります。
心が弱い。。。。
一応心に引っ掛かっていたやりたくない作業が、一駒前進!?でしょうか。
2 frame head (14)

北海道

お客様から、北海道のお土産を戴きました。
いつも、お忙しいにお気遣い戴きありがとうございます。
子供は飛びつきますね、喜んで食べていました。
程よいサクサク感、大人が食べてもおいしいですね。
ご馳走さまでした。
2017 4 24 (8)2017 4 24 (4)

Frビーム&キングピン・リンクピングリスアアップ

DSCN4122良い状態をキープする秘訣!?は、やはり油脂類の管理でしょうか。
エンジンやミッションオイルと共に、定期的な交換が、長寿の秘訣ではないかと思います。
交換スパンもですが、使う油脂の質も重要かと思います。
もちろんそこら辺は、ちゃんとした状態になっている前提での話ですが。。。
リンクピン&キングピン、そしてフロントビームも、そうしょっちゅう作業する箇所じゃないのですが、メンテを怠ると、全滅になり兼ねませんね。
今回は車検とかに関係なく、依頼をいただいての作業です。
持つ・持たないも、オーナーさんの気遣い次第でしょうか?
入れ換えて出てきたグリス、ビーム側は綺麗でしたが、リンクピン・キングピン側は汚かったです。
DSCN4123DSCN4125







そして結構回りが、ベッチョリだったのでお掃除。
グリス入れるのは訳ないのですが、この作業、お掃除の方が手間仕事です。
放って置くときりたんぽになってしまうので、重要な作業です。
DSCN4126DSCN4127

車高

過程はのちほど載せますが、まずは仕上がり写真を。
本題のリア。
DSCN4108






前もこんな感じです。
DSCN4111

クランクケースナット座面

元々の新品状態でも、座面取りの機械加工されていない個所がありますが、更に小径のウェーブワッシャーで締め上げられて食い込んでいます。
今回のケースは特に腐食による傷みが酷かったので、ナットがちゃんと締めれていた状態とは思い難いですね。
この状態で回していると、ケースの合わせ目が動いて叩かれてしまうので、ごみ箱行きになってしまいます。
2017 3 30 (1)2017 3 30 (6)







2017 3 30 (7)2017 3 30 (8)







今回は変形が大きかったので、切削量が多いです。
もっと掘った方が腐食で無くなっている部分が綺麗に取れますが、肉の取り過ぎもあんまりなので、ワッシャーがしっかり座りそうなところで、必要以上に深追いしません。
2017 3 31 (4)2017 3 31 (2)







2017 3 31 (1)2017 3 31 (3)






錆び止めに青ニスを塗っておきます。
光っているのは最初だけ、放っておくと輝きがすぐ消えちゃうのがマグって感じですね。
2017 3 31 (23)

イチゴ狩り

先日、毎年恒例、イチゴ狩りに行ってきました。
先日と言っても、もう1月ぐらい経ってしまいました。
使っていたSDカードのデータが読み取れなくなってしまい、ようやく復旧したのですが、何故か何枚かは居なくなってしまいました。
こういうのは、すぐにコピーしとかないとダメですね。
作業写真も何枚か行方不明で参っちゃいました。
今回もウチと幼馴染ファミリーと2台です。
山武の子安いちご園さんにお邪魔して来ました。
http://sanmu15.com/farm/koyasu.html
000002154112






天気も良くて、ハウスの中は少し暑いぐらいです。
ビックなのを見つけてご満悦で頬張っています。
ご馳走様でした、来年も宜しくです☆
000002154688000002155968








この後、お昼を食べてちょっと離れた大きな公園に行って見たのですが、同じ日とは思えない激寒でビックリしました。
午前中のポカポカを吹き飛ばす寒さに耳が痛いかったです。

計測

お客さんの手持ちケースの各部計測を頼まれたのですが、腐食が凄いことに。
このままでは計測も出来ませんので、まずはこの腐食部分をクリーニングします。
こすったぐらいでは落ちなかったので研磨するのですが、もちろん内径が広がっては困る箇所ですので最小限にて。
2017 3 27 (1)2017 3 27 (2)








こういう箇所は地道手作業です。
研磨後に計測しましたが、見た目に比べれば良い状態でした。
摩耗はしていましたが、使用目的的には許容範囲内と言えるかと思います。
2017 3 27 (7)2017 3 27 (9)

FrBeam摘出

Frの足回りを外して外して、ビームを摘出。
何をするのかって!?
DSCN8670DSCN8677






外装を塗った後の組み付け時に、時間の関係で出来なかった、Frビームを外さないと塗れなかった箇所を、ザザット汚れとさびを落として塗りたかったのです。
プレスラインから下は以前に塗ってあります。
DSCN8675







薄汚かった箇所が小奇麗になってくれたかと思います。
満足で完了!??
誰も見ねえだろ!ってとこなんですが。
DSCN8699DSCN8696







生地サンプル

先日いらっしゃった時にお見せしようと思って忘れていました。
色味が写真だと判りづらいので、日曜日に現物を見てご検討ください。
DSCN8750DSCN8752

ウインカーレバー

時々、前後とどちらかが点かない時があったり、一瞬点き始めが遅い時があったりするとのことで、取り敢えず分解してみました。
接点がだいぶ汚れている状態でしたので、分解して洗浄、新しいグリスを塗って組みなおしました。
また接点を押しているスプリングが弱っている箇所があったので、4個のうち2個、別なものを流用して作ったものに交換しました。
全体的に可動部が緩くなっているので、完璧とは言い難いですが、元より接触不良は出ないようですし、だいぶスムースです。
DSCN8659DSCN8660





通す穴がだいぶ狭いので、一旦仮付けでテスト。
問題なく作動するのを確認して元に戻しました。
60・61年のみの部品なので、代えはなかなか出てきません。
もし年式違いを付けるなら、ハイ・ロー付きで66・67年用がイイかななんて思います。
DSCN8661DSCN8662

飯山満のイチゴ

先日お客さまから、おいしい苺を戴きました、ありがとうございます。
けっこう評判のイチゴ屋さんらしいです。
地元のすぐ裏の辺りですが、知りませんでした。
美味しかったです、ご馳走様でした☆
2017 4 11 (1)2017 4 11 (2)






全然関係ないですが、近隣の方は普通に飯山満と書いてハザマと読めますが、ちょっと離れたエリアだと???だそうです。
高校の時にそんな話になり、イイヤマミツルだろ!って言われて、へっ!?なんでって感じでしたが、今パソコンで変換すると1発で出ますね。
どうでもいい話ですね。。。

リザーバーコックリビルト+α

今回時々出る原因不明な不調な症状の原因を突き止めて改善するのにお預かりしていますが、まず症状が出ないです。
症状自体が不思議な!?感じで、らしいところは全部見たつもりですが、此処だ!って感じのところに出くわしていません。
なので、少々可能性が低いのですが、此処も見ておこうって思い分解しています。
クルマから外したリザーバーコック、更に分解してバラバラに。
各部を点検しながら洗浄していきます。
特段致命的な部分は見付からず。。。
DSCN8625DSCN8626DSCN8633







ただバラして空振りも嫌なので、今後の仕様とオーナーさんの意向を考慮して、少々手を加えます。
元々36HPのスタンドエンジン用ですから、とっても細いです。
今必要は感じませんが、依頼頂いている今後仕様からすると、ネックになりそうなので、各部手を入れてハイフロー化してあります。
写真の箇所だけではなく通り道を全部拡大です。
ハイフローなんて言っても、外径が変わるわけではないので、高年式ストックぐらいです。
それでも元の4〜5割断面積は増えているかと思います。
傷付けたくなかったので、万力に咥えず、怖いけど手で押さえています。
DSCN8634







中のパッキンも交換して組み立て、そのとき気付きました!
ストレーナーの中に芯出しの為?のグロメットが居たのですが、なにやら中に消しゴムかすみたいのが居ました。
てっきりゴム製かと思っていたら、なんとコルク製で触るとポロポロ分解します。
引っ張り出すと、こんな状態。
劣化してポロポロです。
もしかして、、、、これが原因????
全くの予想外ですが、可能性はあるかも!です。
DSCN8653DSCN8655DSCN8652








外したタンクと共に装着して、漏れチェック。
問題無しです。
そして少し少なくガソリンを入れて、リザーバーの機能の確認です。
しっかりガス欠症状の出たところで、コックを切り替えて、供給OKでした。
残りガソリンを戻して、試運転しましたが、今のところ症状出ません。
もう数日乗ってみます。
此処だといいけどな。
DSCN8656






抜いたガソリンは全部戻さず、底に溜まったゴミを良い機会なので取り除きました。
騒ぐほどじゃないですが、少なからずゴミや錆粉が。
皿に移し変えた方が判りやすいですね。
たまには良い機会かもしれませんね。
DSCN8657DSCN8658

桜リベンジ

先週、仕事に行く前に買い物に行ったついでに寄り道をしてリベンジ!?
見頃な週末が天気悪いって皮肉な話ですね。
少し散り始めていましたが、まだ綺麗でした。
DSCN8587DSCN8585DSCN8583








これは先週末出掛けた公園で、桜は散り始めていましたが、逆に桜吹雪が綺麗でした。
久々に天気のいい週末だったせいか、出掛けるのが遅いからかは判らないのですが、道中道が混んでいました。
だいぶ暖かくなって、急に春っぽくなりましたね。
DSCN8612DSCN8614

点検いろいろ

一応、、、って思って見てみたら、1箇所だけ、怪しい感じです。
今回は様子を診たいので掃除して戻します。
DSCN8618DSCN8619DSCN8620







でこっちも取り敢えずばらしてみました。
多少の錆粉やタンク底の錆はありますが、年式を考えれば綺麗な部類って感じがします。
リザーバーも問題は発生していないようですが、せっかくバラしたので、今後の方の対策もしてから戻そうと思います。
DSCN8622DSCN8623DSCN8624

MSD取り付け

本体の取り付け作業より、配線をひと束にまとめる為にハーネスチューブに通したり、
配線を通す位置を考慮して本体の取り付け位置を出しりと、下準備の方が時間の掛かる作業です。
過去にエンジンルームは新品のタールボードを取り付けていて、余計な穴の開いていない状態なので、余計な穴を増やさなくていい様に、元の穴位置に出せるような位置に配線を通しています。
この位置出しが意外と面倒でした。
DSCN8547DSCN8544DSCN8545







此処まできたら、あとはもう悩まずにやれば終わる作業です。
本体を取り付けて電源を配線。
エンジンルーム側も、なるべくスッキリするように。
いざと言う時に、差し替えでもとのイグニッションに戻せるように配線しています。
DSCN8577DSCN8554







完成ですが、試運転後にもう一仕事。
違和感無く走りましたが、欲を出して、キャブのジェットも少々変更。
たった1個違いですが、随分違います。
乗り味がかなり変わって、随分とトルクが増しましたね。
今回は元のエンジンが元気そうな分、効果が判り易かったかも知れません。
DSCN8581

コイル&ブラケット

DSCN8549今後の仕様を考慮して、次の展開で躓かない様、いろいろ考えてこの位置になりました。
まずは位置出しをして、ブラケットを製作。
いろいろな取り合いが結構ギリギリに作ってあります。
もちろんプラグコードや配線の取り廻しも考慮しています。




DSCN8550DSCN8551DSCN8553

INDEX

05451b56.jpgINDEXを更新しました。
春っぽい感じで☆

ラジコン

先日お客様から、ウチの子達へと戴きました。
玄関で見るなり大はしゃぎ、子供には堪らないですね。
いつもありがとうございます。


2017 4 2 (2)2017 4 2 (6)







形有るもの何時かは壊れるでしょうが、折角戴いたので大事に遊んで貰いたい。
使って減るのも壊れるのもしょうがないですが、扱いや管理が悪くて無駄に壊れて悲しいのは実車同様ですから。
こういうことうるさく言っていると、戦前教育みたいですが、、、時代が変わっても大事なことは同じかと思います。
手に入れた時の愛情をキープで。

プラグワイヤー

DSCN8559長さ合わせしているので、弛まずにピッタリです☆
短くて突っ張っていたりすると整備性悪いし、長すぎて弛んでいるとリンケージに引っ掛けたりと良い事ありません。
せっかく新しくしたのに、見た目にもだらしなく見えちゃいますからね。



DSCN8561DSCN8560

シフタークリーンナップ&グリスアップ

DSCN8516クラッチの遊びが少なくて、シフトの入りが悪かったのですが、クラッチワイヤーの遊びを調整して詰めた後も1速がシックリときません。
他のギアは、、、問題なく、いろいろ確認すると、2速の筈がバックに入ってしまったり、シフター側の問題みたいです。
ただ調整の問題なのか、それとも磨耗や変形等が起きているのか、一旦外して状態を確認することにしました。
外すと、グリスの状態も悪く、砂や錆も盛り沢山。
やっぱり見ておいて正解でした。
DSCN8517DSCN8518DSCN8519







心配だったガイドプレートは、意外と平気そうです。
此処ががた減りしているの結構多いです。
BUSがシフター上側は室内ですが、下側の見えない部分は床下で室外ですので、過酷です。
此処にブーツかカバー付けといて欲しい位です。
DSCN8520







フロアーの砂も下に落すと、シフトロッドのカップに入りそうなので、掃除機で吸い上げました。
DSCN8521






外した部品を洗浄します。
シフター側、もうグリスが固まっていて、洗っても落ちません。
ヘラでガリガリ削りました。
心配していたリバースロック部、ガイド側も含め、問題になるほどじゃなさそうです。
DSCN8522DSCN8523DSCN8524







しっかり給油して装着。
コツを掴まないと入らなかった1速にもスムースに。
グリスがしっかり仕事しているお陰で、超スムースです。
同じ部品でも状態によって随分と印象が変わりますね。
DSCN8525

装着完了

c6709c5c.jpg本日、始動確認までは出来たので、明日、試運転してお電話入れます。

サイドマーカー

DSCN8416片側点かない&レンズの割れという事で、まずは不灯の修理を。
バルブホルダーの接触不良かと思ったら、配線側の接触不良でした。
バッテリーの裏なので少々手を入れ辛いですが、無事完了。
そしてレンズはネジ部の割れを接着して、と思って外したら、劣化しているようで他の箇所もポロポロッと分解しました。
交換してもって、、、思いましたが、それを言うならバルブホルダーもか!?とか、迷いもあり、結局接着して完了しました。
そして割れの原因、ネジ穴部分が浮いていて届かないので、締めると無理な力が掛かって引っ張られてしまっていました。
適当なカラーを入れときました。
そしてサビサビなネジも換えておきました。
DSCN8457DSCN8459DSCN8458

ハブベアリング

少々お疲れでしたが、大きな傷なども無く、次回まで頑張れるであろうと判断して、今回は交換なしでいきました。
寿命まで使えるのが当たり前のようで、意外とそうとはいかないことが多いです。
DSCN8485DSCN8491

教材

149d64f9.jpgこれだけじゃ使い道がないのは重々承知ですが、どうしても実物が手元に欲しかったので。
もちろんお安くなかったので、神経衰弱のように地道に揃えてセットにしたいと思います。
何時揃うのか!??それは禁句です。

リアブレーキ

今回はホイールシリンダーの交換で。
新品を箱から出したら、いつものことですが、分解。
バラして、バリ落しとシリンダー内壁を磨きます。
DSCN8470DSCN8473






ピストンもカップをバラして、小傷や打痕を均します。
こういうところは細かい棒やすりで。
DSCN8476DSCN8477







カップも保護でロウが塗ってあるのですが、これが悪さ!?をするので、綺麗に拭き取ります。
ウエスについている茶色っぽいのが、拭き取ったロウです。
これ重要。
キレイになったら組みつけ。
DSCN8481DSCN8482







で、時間が押していたので途中写真が抜けますが、組み立てて、装着。
DSCN8496






ブレーキも組み直し、ドラム装着で完成です。
DSCN8498DSCN8508

小江戸

先日はありがとうございました。
美味しいのまで戴き、ありがとうございます。
クルマの方、気になることがあれば、遠慮なく言ってください。
美味しくいただいています。ご馳走様でした。
2017 3 27 (2)2017 3 27 (1)








小江戸と言われるこの辺、昔仕事で行ったことがあったのですが、無知でそんな場所があるのをぜんぜん知らず、昔ながらの街並みの残る小江戸横丁に一度は行ってみたいと思っていました。
佐原も同じく、昔ながらの町が残っていて行って見たいのですが、腰が重いので未だ行けず、なんです。
両方遠くは無いので、混んでないシーズンに行ってみたいです。

SaKuRa

CA3D0315先週は暖かくなりはじめたせいか、お客さんのご来店の多い日が多かったです。
週の初め、車検にお客さんのクルマに乗っていくのも、プチドライブ気分です。
そんな週の始まりでしたが、夜降られたりとか、天気の悪い日も多くて、せっかくそろそろ桜が咲くかな?って時期に、雨で散っちゃいそうですね。
今日はせっかくの休みですが、ちょっとグッタリ気味だったし、天気も結局ずっと雨で何処かに出掛ける気分にもならず、遅めのお昼を食べに近所にちょっとだけ外出しました。
帰り道、桜並木の綺麗な通りで、1枚。
天気が良ければ言うことないんですけどね。
2017 april 8 (2)
Recent Comments
Profile
千葉県八千代市でDer Bugee Shopという空冷Volks Wagen専門のショップをやっています。
パーツの販売から修理、車検等、空冷VWに関する事は何でも承ります。
ここでは仕事に直接関係ないこと、あること問わず、日々気になる事に触れてみたいと思ってます。

Add: 千葉県八千代市島田台1287−31
Call: 047−459−1662
Close: Friday, Saturday
お気軽にお問い合わせ下さい。よろしくお願いします。
Archives
counter
  • ライブドアブログ