MSDの装着に合わせて、プラグコードもMSDのものに変更、そしてディスビもオーバーホール兼、現状の仕様に合わせて、進角特性を変更する為の加工をします。
まずはプラグコードから。
別にブランドに拘りはありません。
他メーカーでも使用に耐えられるものなら問題ありませんが、長さ調整が出来るのと比較的お手頃なお値段、あとコードの色が黒って言うのも、ウチ的に使いやすい要素でしょうか?
まずは#1・2側から。
市販のコード左右2本ずつ同じ長さとか多いですが、それだと奥の気筒がパツパツで辛いです。
プラグ交換で抜き差しする時もし易いように、長さを考えて製作しています。
DSCN0157DSCN0158







センターコード&#3・4側も同じように長さをしっかり測って製作。
DSCN0169DSCN0170






特に#4側は、アクセルを開けた際にリンケージが下がってきて、プラグワイヤーと干渉していると挟まれてしまうので、しっかりと束ねてあります。
ただ縛り上げると、他の作業時に不自由ですから、ワンタッチで外せるタイプのタイを使っています。
これなら全開した時も干渉しません。
DSCN0217DSCN0218







お次はディスビ。
分解していきますが、ポイントレスの配線が引っ張られて、過去に擦れた跡があります。
致命的な傷ではありませんが、バラすついでに補修しておきます。
DSCN0252DSCN0253DSCN0254







ディスビクランプも変形&ねじ山が潰れて重たいです。
DSCN0255DSCN0256






全バラ→洗浄→加工&組み立てします。
DSCN0257DSCN0258DSCN0259






ポイントレスも補修&対策して組み直します。
キャップ&ローターもリニューアル。
MSDの強い火に対応したものです。
DSCN0260DSCN0263






クランプもナットを交換してねじ山の修正をしておきます。
此処のOリングは、もちろん交換です。
DSCN0264DSCN0265






装着して点火時期を合わせて、完成です。
DSCN0266