あとドラムを閉めてエア抜きして終わりなんですが、その前に気になる部分を。
サイドブレーキケーブルが引っ張り過ぎです。
マスターシリンダーの基本的な調整やこのワイヤーの張り過ぎを見ても、辻褄合わせする箇所が合っていません。
DSCN7968DSCN7969









サイドブレーキのリンケージが適正になるようにワイヤーの張りを調整します。
いろいろ外さないとフロアーマットが抜けなかったので、意外と苦戦。
シフトノブのエクステンションとサイドブレーキの延長レバーを外しています。
DSCN7970DSCN7972










ワイヤーがこの状態で丸ごと色が塗られているので、だいぶ以前からこの状態ですね。
ライニングの当りも変わってしまう分、馴染むまでストロークが多いかもしれません。
DSCN7973DSCN7975











こっち側はペダルがある分、カーペットを捲るのも知恵の輪です。
そういう意味では純正タイプのゴムマット、切り欠きがよく考えられていて簡単に捲れますね。
DSCN7990DSCN7991










ようやくドラムを装着。
別作業でまた外す予定なので、まだ割りピンも挿していないし、色も塗っていません。
DSCN8010










フロントはハブベアリングを組み戻してから、色を塗って完了。
適当だったシーリングもしっかりと。
DSCN8007DSCN8008










そしてもう一箇所、気になったのは此処です。
一応グロメットが付いていますが、押されて直接ボディーの穴に当っています。
フロントのタイヤハウス内の左右です。
DSCN7999DSCN8000









理想は引き直しでしょうが、それを言ったら、部分的に此処だけでなくブレーキ全体として見直した方がいいかと思います。
なので今回はトドメの入らぬよう、修正しておきます。
DSCN8002DSCN8005









最後のフルードを注いで、エア抜きですが、この位置はなかなか見辛いですね。
今現状壊れているのではないですが、ここいら辺廻りに手を入れる機会があれば、タンクの移設も選択肢の1つとして考えて頂けると、尚イイかと思います。
タンクに溜まっていたヘドロも無関係ではありません。
この辺の詳細は納車時にでもお話します。
DSCN7993DSCN7988