外して移行するパーツを、洗浄・点検・修正しておきます。
まずはオイルシールの当るアウターカラーの傷を修正します。
軽くペーパーを当てると傷が浮かび上がりますが、結構深い傷でした。
粗いペーパーから削って、最後は細かい番手で仕上げます。
地味に時間が掛かるので嫌いな作業ですが、他に楽出来るイイ方法も無いし、ポン付けで交換の部品候補も無いので、このやり方しかないですね。
問題ない程度キレイになっているかと思います。
DSCN9299DSCN9304










色を塗ったホーシングのエンドキャスティング、雌ネジの中もサビや汚れがあると、きちっとトルクが掛からないので、タップで浚います。
結構サビ粉が出てきました
DSCN9300









ベアリングカバーにオイルシールを入れておきます。
これで、すんなり組み付け作業を進められる筈です。
DSCN9342