今回の記事では、ネットカジノのすばらしい魅力につ…

今回の記事では、ネットカジノのすばらしい魅力について、説明します。ネットカジノの魅力はいくつかありますが、そのうちのひとつが「実は無料モードがある」事実です。なんとゲームのルールを入金する前に確認できるわけです。

もちろん無料モードはいくら勝ってもゲームの中だけの話ですし、ごく一部のゲームが遊べませんが、無料モードでも手軽に遊ぶことができます。しかも、無料モードで経験を積んでから入金すれば、正しい手順で賭けを楽しめます。

さて、無料モードを遊び尽くしたら、次は有料モードでも遊びたくなると思います。さて、有料モードを利用するには、入金しておく必要があります。ネットカジノに入金するための方法はいくつかありますが、クレジットカードで決済するか、またはクレジットカードから入金したNETeller(ネッテラー)口座で決済する方法が、入金が完了するまでにかかる時間が少ないのでおすすめできます。※クレジットカードの中には、ネットカジノやNETeller(ネッテラー)で決済できないものがあります。

さて、バクチの最も魅力的な点は、もし勝てば臨時収入になることですよね。当然、このネットカジノでも勝つことができれば臨時収入が稼げます。

さて、ネットカジノで遊んで勝てたら、賞金をもらうためには何をする必要があるのでしょうか?そのための方法について、説明します。1.銀行口座に送金してもらう…銀行が税務署に届け出る必要がある。このためか、銀行側がネットカジノからの送金をいやがる場合もある。2.小切手を送ってもらう…おそろしく時間が(最大4週間)かかる。手数料がめっちゃ高い。3.NETeller(ネッテラー)口座へ払戻ししてもらい、NETeller(ネッテラー)口座からデビッドカードで引き出す…NETeller(ネッテラー)口座を経由するが、手数料が最も安い。個人的には、3.のNETeller(ネッテラー)口座を利用する方法を推奨します。

さて、この記事でネットカジノのすばらしさをわかっていただけましたか?もしそうならば、ネットカジノの情報を探してみて、実際にネットカジノを使ってみることをオススメいたします。

別の記事でブラックジャックで使える必勝法について…

別の記事でブラックジャックで使える必勝法について書かせていただきました。でも、ブラックジャック以外のゲームであっても、効率的な賭け方はあります。ここでは、そんな必勝法(賭け方)を読者に書かせていただきます。

まずご紹介したいのが、倍々ゲームともいわれるマーチンゲール法です。これは、前回の勝負で負けてしまったら次の勝負でその2倍を賭ければいい、という考えです。(ただし、前回の勝負でちゃんと勝ったら、賭け金を最小単位に戻します。)この方法の最大の欠点は、連敗すると巨額の損失が発生することです。しかもネットカジノでは、1度に賭けられる金額の上限が低いので、掛け金の倍増がにできない場合があり、危険といえます。

次にご紹介したいのが、ココモ法です。(注:この方法は、倍率が3倍未満の賭けには通用しません。)この方法は、前回の勝負で負けたら、次回の勝負では(前回+前々回の賭け金)を賭けるやり方です。(ちなみに、前回の勝負で勝った場合は、賭け金を最低額に変更してください。)ちなみに、いわゆるココモ法では、次々連敗し続けたときの賭け金は、1-1-2-3-5-8-13-21-34-55というふうに増やすようにですみます。

次にご紹介したいのが、モンテカルロ法という賭け方です。このモンテカルロ法とは、モンテカルロにあったカジノをぶっつぶしたという伝説があるすごいやり方なんです。(注:この方法は、倍率が3倍未満の賭けには通用しません。)それでは、その考え方を書きます。まず、1から3の3つの数字をメモしてください。そう、「1・2・3」です。

そして、賭け金ですが、数字の列の両端の合計が賭け金になります。つまり初回は数字の列が「1・2・3」になっているので、掛け金は左端の1+右端の3=4になります。なお、今回の勝負で負けたら、列の右に、今回賭けた金額を追加します。たとえば数字が「1・2・3」と並んでいる場合、1+3=4を右端に付け加えるので、列は長くなり「1・2・3・4」になります。

逆に、今回の勝負で運良く勝った場合は、はじっこの数字を消します。たとえば数字が「1・2・3・4」と並んでいる場合、いちばん左といちばん右の数字を消すので、数字の列は「2・3」になります。なお、勝ち続けていくと、残った数字が0~1個になる場合がありますが、そのときは最初の「1・2・3」に戻してから、賭けを再開してください。

さて、今までの記事では書ききれなかったケースにつ…

さて、今までの記事では書ききれなかったケースについて、ここで説明させていただきます。自分の2枚のカードがいずれも7で、なおかつディーラーのカードが2・3・4・5・6・7ならば、スプリットです。配られた2枚のカードがいずれも7で、なおかつディーラー側のカードが2・3・4・5・6・7のいずれでもなかったら、ヒットしてください。自分の2枚の手札がいずれも8ならば、迷わずスプリットです。

自分の2枚の手札が2枚とも9で、なおかつディーラーのカードが7・10・絵札・A以外だったら、スプリットします。自分の2枚の手札が2枚とも9で、なおかつディーラーのカードが7・10・絵札・Aのいずれかならば、スタンドしましょう。自分の2枚の手札が2枚とも10(絵札を含む)ならば、スタンドです。ベーシックストラテジーの説明は以上ですが、わかりましたか?

さて、有名なブラックジャックの必勝法は、これだけではありません。それは、実際に配られたカード枚数をチェックする「カウンティング」というやり方です。でも、この戦法は、ネットカジノサイトではだめです。残ったカードをそのまま使うリアルカジノ専用の作戦です。

さて、「カウンティング」という必勝法ですが、これはシャッフルが行われてから特定の数え方で他人のカードも含めた全てのカードを数える、というものです。その数え方は、以下のとおりです。2・3・4・5・6が出たらその枚数分プラス、A・10・J・Q・Kが出たらその分をマイナスします。

そして、その枚数がプラスの場合は、点数の高いカードが出る可能性が高く、ディーラーがドボンしやすくなるので、客のほうが有利と考えられます。こういう状況に気づいたら、賭け金を高めにしていきます。そして、その枚数がマイナスだと、先ほどとは逆の傾向になってしまうので、プレイヤーにとって不利になります。この場合は、掛け金を少なくします。

さて、これまでの記事で、ブラックジャックの良さを知った方も多いと思います。なお、ここで紹介した必勝法は、ネットカジノだけでなく、海外にある本物のカジノでも通用しますので、もし海外旅行のチャンスがあったら、実践してみるといいでしょう。
プロフィール

derasoro

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ