2006年07月09日

一人勝ち

003ccc2b.jpg人材派遣大手が「フリーター支援協会」設立へ

人材派遣大手のパソナは、フリーターが健康診断などの福利厚生サービスや職業カウンセリングを割引価格で利用できる会員制の「フリーター支援協会」を8月に設立する方針を明らかにした。正社員に近い福利厚生サービスを提供し、フリーターの生活を応援するとともに、正規の就職支援につなげたい考えだ。パソナに人材派遣の登録をしていなくても、500円程度の入会金を払えば、入会できる。会員になると、ホテルや飲食店など約1万5000の施設が割引料金で利用できる特典があるほか、インターネット上に会員専用コーナーを設け、情報交換の場を提供することも計画している。就職を希望する場合も、パソコンや英会話などのセミナーのほか、職業カウンセリングが低料金で受講できる。同社は、会員フリーターの中から人材派遣の登録者などが増えることも期待しており、初年度に2万人の会員獲得を目標としている。以上、ヤフーニュースより。 なんか釈然としないよね。だって、記事読んだそっちょくな感想は「パソナが一人勝ち」ってことじゃない? 儲かるのはパソナだけじゃん。企業がかってに「派遣社員」「契約社員」といったふざけた身分作っているのに、それを俺らのせいにするんだもんなぁ。。。。 はっきりいって、法律か条例でばちっとフリーターや契約、派遣社員からも税金と社会保険とればいいんだよ。そしたら企業もうまみがなくなって正社員採るって。はっきり言おう。国が悪い。そしてそれに乗っかっている企業が悪い。

この記事へのトラックバックURL