◇◇サラリーマン川柳◇◇

2018年02月16日16:00
2695975015022018CR8001-PB1-1




第一生命保険は15日、「第31回サラリーマン川柳コンクール」の入選100句を発表した。サラリーマンらが応募した4万7559句から選出。時代を映し、思わず、ニヤリとしてしまう作品がそろった。


 「妻いない この日は朝から プレミアム」は政府が導入した「プレミアムフライデー」にひっかけて家庭内での夫の悲哀をにじませた。

 働き方改革が叫ばれるなか、「制度より 働き方は 風土から」など、ちょっと考えさせられる作品も・・・

 「電子化に ついて行けずに 紙対応」、「AIが 俺の引退 早めそう」はデジタル化の波についていけない中高年の嘆きを映した。

 「課長さん たまには部下にも 忖度(そんたく)を」など流行語を取り入れた作品も目立った。第一生命は3月16日までインターネットなどで人気投票を実施し、5月下旬にベスト10を発表するそうです。

☆☆Valentine's day☆☆

2018年02月14日11:53
feliz-san-valentin_1308-6619




本日2月14日は、Valentine's dayです。

バレンタインと言えば、女性が男性へチョコレートを贈るということが日本では一般的ですが、海外ではバレンタイン事情が少し違います。

男性が女性へ花束やカードを贈って気持ちを伝えるのです。

国によってはお互いにプレゼントを贈り合うこともあるようですが、なぜ日本では女性が男性へチョコレートを贈る習慣ができたのでしょうか。理由は、様々なお菓子メーカーのバレンタイン企画を仕掛けたからです。

始まりは、大手お菓子メーカーのモロゾフの創業者でした。

伊勢丹本店でバレンタインにセールを行い、その後メリーチョコレートでも同じような企画が行われました。

日本ではすぐに取り入れられず、ハート型チョコレートで愛を伝えようという企画や好きな人にチョコレートを贈ろうという企画が毎年行われました。

お菓子メーカーによるバレンタイン商戦は続き、1970年頃からチョコレートを贈るという風習が定着し、好きな男性だけではなく友達や同僚などへ贈ることに繋がりました。

本日もチョコレートと共に、素敵なあなたをお待ちしております。


●●●年末・年始の営業のお知らせ●●●

2017年12月30日11:47
yjimage (1)
yjimage


●●●年末・年始の営業のお知らせ●●●

30日(土曜日)は、営業(10:00〜19:00)させていただきます。
31日(大晦日)は、お休みをいただきます。

======================
新年

1日(元旦)はお休みをいただきます。

2日(火)・3日(水)・11:00〜19時受付終了

4日(月)より平常営業(10:00〜24:00)させていただきます。

======================
本年も残りわずかになりましたが、お楽しみいただける様、努力してまいりますので、変わらぬご愛顧をお願い致します。

店主

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ