2010年05月

2010年05月26日

5月も

4ea54ba7.jpgもう残すところあとわずかです。さて今回は羹灼監督の「白目失神地獄」のスチール写真を掲載いたします。今回のヒロイン役はご存知星優乃さんです。このビューティフルすぎるプロポーション、そしてもはや芸術の域に達しつつある美脚…。衣装とのマッチングもまた素晴らしいですよね。こちらは実はデザイン的には以前、同じく羹灼監督の「ふたなりヒロイン」で森下さくらさんが着ていたものをマイナーチェンジしたものです。どちらもスレンダー&美脚だからこそ、このタイプの衣装を苦も無く着こなせるんでしょうね。そして当初この作品は星さんではなく、同じく長身スレンダー美人女優の鷹宮りょうさん(!)が予定されていたのですが、急遽スケジュールの変更で星さんの抜擢となりました。ですのでデザイン画のほうは鷹宮さんを意識したカンジになっております…。羹灼監督も、予想外の出来事だったので苦労されていたようですが、代役…いやそれを補って余りある見事なキャスティングではないかと思います。「白目モノ」といえば鷹宮さんもですが、星さんも他メーカーさんのそのテのシリーズにも多数ご出演されておりますので、実力は折り紙つきです。現場スチールを監督からいただきましたが、かなり、かーなーりいいカンジで白目をひん剥き無様なアヘ顔を晒してくれております!私個人も最近白目モノに興味を持ってきたというのもありますが、星さんでしかも白目ですからね…贅沢すぎます。作品の完成を皆様と同じように心待ちにしたいと思います。鈴木杏里さん・菊里藍さん・愛川香織さんと続くこのシリーズに登場する星優乃さん…満を持してという表現がぴったりかもしれませんね。こちらのリリースは7月下旬の予定です。楽しみにお待ちください。

design_giga at 03:10コメント(2)トラックバック(0) 

2010年05月18日

最近

bb7ce6fd.jpgいい陽気になってまいりました。まさしく初夏といった感じです。風が気持ちいいですよね。さて今回は羹灼監督のヒロイン凌辱のスチール写真を掲載いたします。…定番のあのタイプのヒロインでございます。こちらを着ていただいているのはギガ初登場の市井まおさんです。パッチリとした瞳とアイマスクの相性が抜群ですよね。今回羹灼監督からデザインの際に受けたキモは「大人っぽく、でも熟女まではいかなくて、お嬢様というかお姉さんのようなテイスト」ということでした。んー…意外と出来上がりはあっさりはしておりますが、デザイン作業的には結局締切ギリギリまでかかってしまいました。気をつけたことは白を中心に清純さを維持しつつ、アクセ類を細かいものにして大人っぽさと引き締めたカンジを出すということ。マントなどは薄手の素材で高級感を。最後のアクセントとしてバラのコサージュをあしらってヒロインらしさを出す。…口で言うとこれだけですが、なかなか苦労いたしました。キャラクター名はアフロディーテというので、美の象徴…というと陳腐ですがバラをモチーフにさせていただきました。羹灼監督での久々の仮面ヒロイン凌辱ものです。羹灼監督で仮面ヒロインものといえば「レイプハンター オーロラシスターズ編」が記憶にある方も多いと思います。この作品、当初はダウンロード&直営店舗限定販売商品だったのですが、あまりの反響の大きさに通常プレス盤として全国販売として急遽再発されたというものなのです。作品のポテンシャルの高さをまじまじと見せつけた快作ですので、未見の方は是非ご覧になってみてください(価格も通常版より少しお安い感謝価格となっております)。市井まおさんのヒロイン凌辱は7月前半のリリース予定です。こちらもご期待いただければと思います。

design_giga at 12:26コメント(1)トラックバック(0) 

2010年05月12日

連休も

f13003cf.jpgとうの昔のようですがまだ先週の出来事なんですよね…時間の感覚が年々あやふやになってきています…。また更新が滞りまして申し訳ありませんでした。さて、今回は陣寺監督のプラチナム企画2作目「人造人間ボセイダー」より、ヒロイン・西明寺優を演じます、星乃せあらさんのスチール写真でございます。この憂いを含んだ優しい表情…女性の生命力の静かな強さと大らかさを感じさせますよね…まさしく”母性”といったところでしょうか。しかしこのヒロイン、人間ではなく人造人間なのです…。アノ巨匠の作品のコミック版が持っていたようなテイストを色濃く踏襲した世界観のため、人間でないが故に葛藤し、悩み、人間以上に人間らしく生きようとする優。それを軸に人間・ロボット入り乱れた人物模様が展開していく…という非常に複雑な物語なのです。そんな作品のヒロインを演じられる女優さんはいらっしゃるのか…?キャスティングは監督はじめプロジェクトチーム一同、大いに頭を悩ませておりましたが、たまたま私が持っていたプロフィール資料を見て「あ、この方がいた!」と思い出しました。坂田監督作品で見せた、あの演技力の高さなら…ということで不肖私から監督のほうに進言させていただきました。本日は撮影二日目ですが、一日目の手ごたえもなかなかだったようです。この星乃さんの細かいニュアンスまで伝わってくるような表情や仕草…また衣装もよく似合っていますよね。ボタンなども敢えて70年代コミックにでてくるかのようなおっきくて丸いのもいいカンジです。そしてヒロイン・優(ボセイダー)と対を成す悪のヒロイン・グラマダーを演ずるのはご存知須真杏里さんです。初の悪役ということで張り切って撮影に臨んでらっしゃることかと思います。グラマダーの名に恥じない正にグラマラスボディの須真さん。主役級二人を揃えての手堅いキャスティング。陣寺監督らしい、華やかな作品になりそうです。こちらの作品は7月上旬の発売予定です。楽しみにお待ちください。

design_giga at 01:24コメント(0)トラックバック(0)