2010年11月

2010年11月29日

気がつけば

e81f64d8.jpg12月も目前です…。さて今回はシュワルゼン監督撮影の「ギャルヒロイン」のスチールとデザイン画のほうを掲載いたします。今回の主演は伊藤ユリエさん。先日、川森監督の格闘ゲームヒロインで初登場(こちらはのリリースは来年1月下旬予定です)されて、今回が2度目のご出演です。…うーむ…「ギャルヒロイン」という企画名に恥じることなきビジュアルですよね。正直どういった衣装のデザインが良いか悩んだのですが、こういったアメコミ系レオタードものならそれほど違和感がないのでは…と判断いたしましてこの流れでまとめさせていただきました。ギャルといいますとある意味「女性的な強さ」の象徴でもあると思いますので、こういったストロングタイプのヒロインが似合うのかなという考えもございました。ただ、いつもの生地にしてしまうとギャルメイクに負けてしまうのではないかということで、ラメの入ったキラキラした生地でバランスをとり、なおかつギャル系の「キラキラ感」との兼ね合いもはかりました。…当然「ギャル」という時点で、「ちょっとなぁ…」とお思いの方もいらっしゃるかと思います。「ヒロインらしい品性や知性とはかけ離れているのでは…」という懸念を抱いてしまわれるかもしれません。しかし、この伊藤ユリエさん、非常に利発といいますか、キッチリとした考えや受け答えをする方だなという印象を受けました。フィッティングの際にも監督に「これはなんでこうなってるんですか?ここはどういう意味なんですか?」などと、他の女優さんなら見過ごしてしまいがちな疑問などをぶつけておりました。それだけご自身の役どころ・作品の内容について理解を深めようという姿勢の現われではないかと思います。「チャラチャラしている」…ギャルと呼ばれる女性の一般的な見方はそのようなものが多数なのかもしれませんが、ギャル系の女性の方は意外とキチンとした生活観念や、女性であるということに対して非常に自覚的で、地に足の着いたポジティブさを持っている方が多いんですよね。それがまた見た目とのギャップとなって、魅力を引き立てさせるのではないかと思います。こちらの作品はまずダウンロードで先行リリース後、ヒロイン特撮研究所限定作品としてDVDでもリリースされます。ちょっとキワドいジャンルになってしまうかと思いますが、もし興味を持たれた方がいらっしゃればチェックをしていただければと思います。

design_giga at 14:13コメント(7)トラックバック(0) 

2010年11月16日

グッと

e342220e.jpg冷え込んでおります…。晩秋ということでしょうか…いろんなことに小さな一喜一憂を繰り返す昨今でございます。さて今回は妄想計画より川森監督撮影・ハリケーンさんのご投稿くださった「ヒロイン壮絶失禁レイプ」のデザイン画でございます。私が言うのもおこがましいですが、いつも大変達者なイラストを描いてくださるハリケーンさん。今回も完成度の高い画をご投稿いただきました(また、毎回衣装への細かいご意見ありがとうございます。参考にさせていただいています)。白と黒と赤という非常にシンプルでシャープなデザインが素敵だったのですが、もう少し”女性らしさがあるといいのではないか”という印象を受けました(偉そうな意見ですみません…)。ハリケーンさんご自身は、このキャラにキレイなお姉さま系〜オトナの女性のイメージといったものをお持ちだとのことでしたので、大変差し出がましいのですが、不肖私手塚がハリケーンさんのデザインそのものの下地は概ね活かさせていただいて、ディテールとカラーリングを変更させていただきました。「オトナの女性」というイメージをもっと出したかったので、グッと深みのあるワインレッドをメインに、ハイウエストの太いベルトをあしらい、シックなテイストでまとめてみました。シックすぎるとまた逆に地味になりすぎてしまう(黒などが多くなると悪役っぽくなってしまいますし)ので、白をいれて華やかさとヒロインらしさのバランスを取りました。アイマスク系ヒロインだと、白や淡いピンクや水色というような「ピュア」なイメージが強いですが、今回のものは、また一つの新しい形なのではないかと思います。こちらを着ていただく方は、もうおなじみ星優乃さんです。監督からもキャスティングの相談も受けておりましたので、星さんのイメージにも合わせたものを模索した結果こうなりました。ハリケーンさま、ならびに作品化を楽しみに待たれている方、イメージと違うようでしたら申し訳ありません…。
さてこちらの作品は、来年2月上旬のリリース予定となっております。楽しみにお待ちくださいませ。

design_giga at 04:11コメント(8)トラックバック(0) 

2010年11月10日

冷え込みが

f5147028.jpgじわじわと感じられるようになってまいりました。社内でも風邪が流行しております。皆様も体調のほうお気をつけください。さて今回は宇那月監督の「Smile!メルピュア アフターストーリーズ(仮)」のデザイン画を掲載させていただきます。メルピュアといえば、今年上半期で最も人気の高かった作品で、現在もロングセールスとなっております。衣装的には前作を色濃く踏襲いたしました。同じ世界観ですので、そこで食い違いがあってはよくありませんし、ましてや変に描き手のエゴを加えてしまうということなどはもっての他です。メルピュアは衣装の面でも皆様にご好評いただいていたようですので、ラインの変更や、部分的に別素材を使うといった程度にとどめました。同じ世界観ではあるのですが、パラレルワールドという設定の本作。第四のメルピュアを演じてくださるのは……な、なんとっ!あの最強のピュア系美少女女優・つぼみさんですっっっ!!もう想像しただけで、いやしなくてもわかりますね。「ハマりすぎでしょ!」と。満を持してといいますか、非常によいタイミングでの登場だと思うのですが、これも監督が熱心にラブコールを送り続けた結果なのです。私がずーっと前に監督に渡したつぼみさんのプロフィール資料のみを頼りにプロダクションさんのほうと連絡を取り続け、ようやく担当マネージャーの方へとたどり着き、弊社のほうへ面接に来る…というところで足踏み状態でしたが、先日ついにつぼみさんが本社にいらっしゃいました。私も軽くご挨拶だけさせていただきましたが、普段から本当にピュアな雰囲気を持ってらっしゃる方で、衣装部の女性スタッフは「あの娘…最近東京に出てきたカンジなのかな…?すっごく純朴そうだよね…」と思ったほど。ご存知の方多いとは思いますが、つぼみさんは4年以上のキャリアを持つベテラン女優さんです。とにかく非常に繊細で、かといって触れがたい感じでもなく、ほんわかとした暖かいものを持ってらっしゃる方だなぁと思いました。そんなつぼみさんの活躍にも期待が高まりますが、なななななんと前作で素晴らしい凌辱シーンを演じきってくださったピュアソール役の鈴木ありささんも登場いたします!前作では悪の戦士・イーヴルソールとして覚醒してしまった彼女。前作からの唯一の登場キャラとして今作は活躍いたします。大いに期待してただいてよろしいのではないかと思います。こちらの作品は来年一月下旬のリリース予定となっております。楽しみにお待ちください。

design_giga at 23:11コメント(1)トラックバック(0) 

2010年11月08日

気がついたら

a18e7c8f.jpg11月です…。秋も深まってまいりましたが、感慨にふけっているヒマもなくお仕事お仕事です。さて今回は、陣寺監督のプラチナム第三弾「グラマー仮面其の参(仮)」のスチールを掲載させていただきます。いやー…(←毎回この出だしですが)、じっくりとご堪能くださいませ。今回の主演はスーパーグラマラスボディで人気の水城奈緒さんです!今回の…といいますか、ことグラマー仮面に関してはキャスティングというのが他のどの作品よりも重要な気がいたします。”グラマー”という名にふさわしいボディと美貌…もうここでかなりハードルが上がってますが…さらにこのキャラクターを表現できる演技力のある方なのか…といった、ある意味無いものねだり的な、贅沢かつわがままな選考基準がございます。通常のAVでしたら、身体だけエロければいいだろ的なところで落ち着くのでしょうが、弊社の場合はそう一枚岩な考え方ではいけません。前作「拷問ファック」では、あのプレミア女優・茉莉花さんを起用しましたが、お芝居のほうにもう少し掘り下げられれば…という点が示唆されておりました。今回はプラチナムということでもありますので、それをも兼ね備えた方…ということで頭を悩ませておりましたが、不肖私から監督のほうへ「水城奈緒さんはいかがでしょうか?」と進言させていただきました。肉体はもちろんですが、私が水城さんをプッシュしたのはそのお芝居の上手さでした。監督も水城さんとの面接後の印象もよかったようで、今回の登板とあいなりました。監督のお話だと、普段の水城さんは本当にどこにでもいそうな気の良いお姉さんのような感じなのだそうですが、ひとたびあの赤いマスクを装着した途端、ビシッと凛々しく、最高にセクシーな「グラマー仮面」へと見事に変化してくれたのだとか。私もまだ全貌は知らされておりませんが、陣寺監督ですから、間違いはございません。皆様と同じように作品の完成を楽しみに待ちたいと思っております。こちらの作品は来年1月上旬の発売予定です。ご期待くださいませ。

design_giga at 04:41コメント(2)トラックバック(0)