2011年04月

2011年04月27日

連休も

6c133120.jpg目前に迫ってまいりましたが…例によって私どもは暦どおりにはいかないようです。さて今回は、陣寺監督のプラチナム企画次作「SUPERLADY2」の先行告知ポスターを掲載させていただきます。写真は愛海一夏さんとともに今回の主演を務めます有村千佳さんです。とにかく、シンプルで緊張感のあるもの。新たなSLの物語を予感させるようなもの…。そういったことを念頭に置きながらデザインさせていただきました。このほかにも愛海さんヴァージョン(イーヴルレディ)と、SLロゴのみのヴァージョンとございます。早ければ月末くらいにはヒロイン特撮研究所等でごらんいただけるかと思います。いやー…しかし有村さん、新キャラクター・アリサのイメージどおりというか、むしろ有村さんによってアリサというキャラクターが具現化され、命を吹き込まれたような…そんな気さえいたします。企画会議のとき、新キャラクター・アリサのイメージはマリノ役・愛海さんのイメージもあり、それに準じた「落ち着いたお姉さま系なんじゃないかなぁ」というのが当面の意見でございました。その中で陣寺監督ただ一人「いや、むしろ逆のイメージのほうが面白いんじゃないかな…」と一言。とはいえ、なかなかその両方の意見の擦り合わせが難航いたしました。不肖私手塚がピックアップさせていただいた女優さんもどうしても「お姉さん系」が多く(私の趣味なのかもしれませんが…)、「うーん…」と首をひねっていたところ、その中に紛れていた有村さんのプロフィール写真…。可愛らしさもあり、女性としての美しさ、時折見せる燐とした表情…我々企画メンバーのわがままな理想をまるごと叶えてくれそうな存在…それが有村さんでした。ここから先は監督のインスピレーションが功を奏したのだと思います。前作を超えるのが最低条件…。その難しさは監督自身が一番理解しているはずです。本編映像は私もまだ確認しておりませんが、現場スチール等を見ていますと、キャラクターの存在感や生命感…そういったものが前作以上に強く感じられた印象を受けました。文字通りキャラクター達の人生を「生きている」出演者のみなさんの気迫がみなぎっておりました。リリースは6月上旬。ご覧になる皆様にも万全の状態でご視聴いただきたいと思います。合わせまして来月の「特撮ヒロイン大作戦」でもSL2の大特集+スペシャルフォトブックという特別仕様でお届けいたします。ただいまそちらのデザイン作業で魂が抜けかけている状態です…。SLワールドをまとめた仕様になってますし、もちろんこの雑誌でしか掲載できないSLの秘密や設定などもございます。こちらと合わせて作品をみていただけるとより深く楽しめていただけるのではと思います。初夏を向かえ、梅雨時のリリースではありますが、気持ちだけでも晴れやかになっていただきたいと思います。

design_giga at 13:25コメント(1)トラックバック(0) 

2011年04月22日

早乙女さん

こんにちは^^
しんのすけです。

今回は、みのーる。監督作品の衣装をご紹介させて頂きます。
主演は早乙女ルイさんです。
IMG_9848のコピー

「魔法戦士アミ(仮)」です。
早乙女さんは何を着ても似合うと思います。
どれだけ似合うかと言えば、こんな感じです。
_MG_0211

考えてみれば1つの作品でコスが1つという事はないので、自分で思っていた以上の数になってしまいました(^.^;)>
スミマセン。
一気に見てみるとすごいですね^^
恐らくスチールとしては撮っていないという衣装もあるかと思いますので、他にもあると思います。
みなさんはどの早乙女さんがお好きですか?

では、今日はこの辺で失礼致します。

design_giga at 10:30コメント(2)トラックバック(0) 

2011年04月20日

白目失神ダイナウーマン

webみなさまいかがお過ごしでしょうか?
昨日の急な冷え込みと雨とはうって変わり、本日は晴れでとてもすがすがしいですね。こんな日には太陽のエネルギーを吸収してエネルギーにするヒロイン、ダイナウーマンがぴったりきますね!
ということで非常に強引な繋ぎですが今回は5月27日リリース作品の“ヒロイン白目失神地獄〜太陽の戦士ダイナウーマン編”のスチールをご紹介いたします!
主演の深田梨菜さんのダイナウーマンといえばヒロイン凌辱シリーズVOL.25でも登場し非常に話題になりましたが、今回は1年半ぶりの久々の登場になりました。監督いわく前回は深田さんは10代でまだ衣装があどけなさがあり設定に少し無理があったみたいですが、今回は大人の雰囲気が出ていてぴったりはまっていたそうです。僕も本編もちょっと観させてもらいましたが、なかなかセクシーでヒロインらしい凛々しさが滲み出てきてカッコいいなと感じました。本編は白目を熟知しておられる坂田監督ですのでさすが!と白目ファンもうなる仕上がりになっていると思いますので、ぜひともリリースをご期待ください。(個人的には大人になった深田さんのダイナウーマンで再び凌辱シリーズにもぜひ登場してもらいたいです!)それでは!

design_giga at 11:25コメント(4)トラックバック(0) 

2011年04月18日

ジャスティオンR

_MG_8959こんにちは。
しんのすけです(⌒-⌒)

さて、古くからのギガファンには懐かしいと感じていただけるのではないでしょうか。
今回は「サイバー戦隊ジャスティオン」のリメイク作品をご紹介させていただきたいと思います。
式正義監督で、主演は早乙女ルイさんです。
早乙女さんはとてもお綺麗な方で、ふわっとした雰囲気がぼくは大好きです。
初登場はみのーる。監督の「憑依変身ヒロイン フロンティア奴隷化計画」でした。
妄想計画祭の作品でしたね^^
最近では宇那月監督の「サンセイジャー」(プラチナム)や坂田徹監督の「絶体絶命35 サーラーアテナ」などがあります。
コスチュームのデザインは基本的には大きな変更はないのですが、以前のものと比べると、全体的に少しシャープになってるように思います。
監督いわく、マスクの目の部分を隠すか隠さないかで最後まで悩んだとおっしゃっていました。
最終的には表情が分かるようにと目の部分は隠さない方向にしたそうです。
新生ジャスティオンのコスチュームに身を包んだ早乙女さんは如何でしょうか?

では、今日はこの辺で失礼致します。

design_giga at 14:16コメント(0)トラックバック(0) 

2011年04月16日

瀬奈さん

こんにちは^^
しんのすけです。

DSC02122前回、瀬奈ジュンさんのスチールを紹介させていただきましたので、その流れで、今回はこれまでの瀬奈ジュンさんのコスチュームを紹介させて下さい。

前回紹介させていただいた羹灼監督の大輪姦のコスチュームを着たときとまた雰囲気が変わり、違った良さがあると思うのですが、如何でしょうか?
ちなみに左が川森重監督の「美熟女仮面パールレディ」で、真ん中と右が同じく川森監督の「熟女ヒロイン強制誘惑」となっております。

「りんご」さん、「anko」さん、あたたかいコメントありがとうございます。
よかったらこれからもデザインブログに遊びに来てください^^


design_giga at 15:51コメント(0)トラックバック(0) 

2011年04月14日

大輪姦

おはようございます。
しんのすけです。

IMG_1641さて、今回は早速、羹灼監督のヒロイン大輪姦のスチール写真をご紹介させていただきます。
主演女優さんは瀬奈ジュンさんです。
川森監督のパールレディや熟女ヒロイン強制誘惑に出演されている方です。
ムチっとされた方にはこのコスはかなりハマっていると思うのですが、みなさん的にはいかがでしょうか?


「さすらいのヒロインハンター」さん、コメントありがとうございました^^
まさか原案の方からコメントをいただけるとは思っておりませんでした。
確かに残酷系なら吐血といった表現もありだと思いますし、その方が盛り上がるのかもしれませんし、ぼくはあまり血が得意な方ではないので(スミマセン、かなり個人的な話ですが)今回の様な形でよかったと内心思ってしまいました(^.^;)>
残酷系がお好きな方にはちょっと物足りない感じなのでしょうか?
じわじわと冷や汗をかきながら苦しむという感じの方が、ぼくとしては追い詰められている感じがして。。。
またまた個人的趣味ですみません(^.^;)>

「りんご」さん、情報が遅くてスミマセン。
これからは早めに書けるよう努力していきますm(_ _)m

「anko」さん、マスターテープとダウンロード版の内容は同じです。
ぼく的にはヒロインが涙するシーンなどもあり楽しめたので、あのような表現になってしまいました。
申し訳ありませんでした。

では、今日はこの辺で失礼させていただきます。

design_giga at 10:53コメント(2)トラックバック(0) 

2011年04月12日

メリアウーマン

みなさん、こんにちは^^
しんのすけです。

昨日、今日と大きな地震が続いておりますが、みなさんの方は大丈夫でしょうか?
昨日は帰りが遅いと言う事もあり、特に問題は、、、電車は遅れていましたが(^.^;)>駅に着いたときにちょうど遅れていた電車がホームに入ってきましたので。
今朝の方は短い時間でしたが乗ろうと思っていた電車が遅れておりました。
このブログを読んでくださっている方の中にも慌てた方がいらっしゃったのではないでしょうか?

さて、今回は宇那月監督の「ヒロイン凌辱39 宇宙捜査官メリアウーIMG_9866マン」の事をちょこっと書かせていただきます。
監督もおっしゃっていたのですが、今回主演して下さったギガ初登場のあずみ恋さんのおしりがイイです。
張りがあり、形もよく、素晴らしいと思います。
コスチュームの色が結構ハッキリとしているものの場合、すこしムチっとした体型の方の方が似合うように思えます。
ぼくの趣味が入っているようにも思いますが、みなさんはどうでしょうか?

11物語の前半部分で、そのムッチリおしりを敵がモミしだくところや、キャメルクラッチで足をばたつかせた時のおしりの揺れ方がまさにツボだったりします。
完全に趣味が入った文章ですね^.^;
それとピチットしたコスなのでアソコの筋がくっきりとしていたりと満載です。

みなさんにもそのよさを分かっていただくために、そのあたりのガサツをアップさせていただきました。
ぼくと同じ趣味の方がいてくれるとイイのですが。

と、おしりのことばかり書いていますが、今回の凌辱はストーリー的にも良かったと個人的には思っております。
強いヒロインが薬の効果で思うように力が出せず、そこを敵が力ずくで押さえつけるところや、愛する人との別れや、仲間の裏切りと言ったようにたっぷり楽しめる内容になっているかと思います。
あずみさんの演技もとても良くて、物語に入りやすいかったように思いますし、ねっちょりじっくりとした凌辱シーンが満載です。

では、今日はこの辺で失礼します。

design_giga at 16:54コメント(1)トラックバック(0) 

2011年04月11日

つづきのガサツです。

おはようございます。
しんのすけです。

さて、昨日書かせていただきました通り、ガサツの方をアップさせていただきたいと思います^^

毒点滴を受け、意識が朦朧となっているワンダーレディー(篠原さん)です。
改めて見てみるといいですね^^
Clip0077のコピー

じわじわと追い詰めれれていく感じが生々しいと思います。

design_giga at 10:40コメント(2)トラックバック(0) 

妄想。。。

みなさん、こんばんわ。しんのすけです。

このたび震災にあわれた方、また被災地にご家族や友人のいる方、さまざまな方が心に深い傷を負ったと思います。
大変遅くなりまして申し訳ないのですが、改めて心よりお見舞い申し上げます。
実際、ぼくの友人のご家族が被災地にいたりと、決して他人ごとではなく。。。
何事もなかったかのようにブログを書くことができず、まずはこのような出だしで書かせて頂きました。

もしかしたら今回の災害にあわれた方の中にもデザイン部のブログを楽しみにしてくださっていた方も中にはいるかもしれません。
もちろんぼくが書いたデザイン部のブログではなく、、、だとは思いますが(^.^;)>

このブログを読んで一時でも大変さをわすれ、楽しんでいただけるように書いていきたいと思います。

さて、改めまして、今回はちょっと妄想のお話をさせていただきます。
最近川森監督とお話しする機会があったので、すでに見た方もいるかと思いますが、「公開処刑」のことを^^
ぼくはワンダーレディーのコスが主演の篠原奈美さんによく似合っていたと思うのですが、みなさんはいかがでしたでしょうか?
監督的にもこんなにも似合うとは正直思っていなかったと言っていました。
演技も褒めていらっしゃいました^^
ぼくも同感です。
この作品には凌辱らしい凌辱はないので、凌辱好きの方には正直、あまりおススメできないのですが、精神的に、肉体的に追い込まれていく描写が充実しているように思います。
なので、心も体も強いヒロインが痛めつけられる姿が見たいという方にはおススメの一本だと思います。
ぼくは電撃のシーンが真に迫っていて好きなのですが、監督的には四肢を引っ張られての八つ裂きシーンや、毒点滴のシーンにこだわりというか、思い入れがあったようです。
電撃はCGを使えるので迫力ある見せ場になるのですが、毒点滴にはそういったCGも使えず、篠原さんの演技が上手くなかったら、どんな責めなのかも良く分からず、成立していたかどうか怪しいと言っていました。
ちょっとした裏話を聞いてから見てみると、今までとはちょっと違って見えてくるから不思議なものです。

今日は自宅でこのブログを書いているので、画像がアップできませんが、明日にでもそのシーンのガサツをアップしたいと思います。

最近、川森監督と篠原さんのコンビでの作品が増えているように思います。
これからもこの二人のコンビに注目していきたいと個人的には思っています。
篠原さんは演技も上手く、素敵な女優さんなので、ぼくは普通にファンの一人ですし^^
みなさんはいかがでしょう?

それでは今日はこの辺で失礼いたします。

design_giga at 01:07コメント(0)トラックバック(0) 

2011年04月09日

ようやく

f182fecf.jpg春らしい陽気になってまいりました。天気は微妙ですけどね…。
先週掲載させていただいたチャージマーメイドの隊員服ですが、デザイン画だと少々わかりづらいですが、スカーフをしております。白色ですが、こちらも監督判断で変更が加わるかもしれません。ご報告が遅れましたがよろしくお願いいたします。
さて今回は特撮研究所スタッフによる企画で、みのーる。監督撮影の作品のデザイン画を掲載させていただきます。魔法少女モノなのですが、通常弊社作品で扱うような魔法美少女系とはだいぶ趣が違いますよね。ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、今回のデザインはアキバ方面で大きな話題を呼んでいるあの作品のキャラクターのイメージがかなり色濃く出ています。参考資料を見ながら「ほうほう…こうなっているのね…」とデザインの構成のよい勉強になりました。今回の女優は早乙女ルイさん。近作の坂田監督との「絶体絶命 セーラーアテナ」も好評のようです。最大多数が夢想するであろう「美少女」…ギガ作品に限って言えばそれはまさに早乙女さんだと思います。この衣装とのマッチングは非常によいのではと個人的には考えております。最近は巨大系レーベルや、アニメ系レーベルも始動し、これまで以上に作品が細分化されていきます。細分化と拡散を繰り返しながら再構築や再整理されていき、ジャンルそのものが進化し、そして同時に深化していく、ロックやクラブミュージックなどの世界ではよく言われていることです。今風のヒロインなので「食わず嫌い」になってしまうのは否めないかもしれませんが、いい意味で「期待を裏切る」可能性も少なくありません。個人的には新しい試みを期待せずにはいられない作品で、注目しています。何しろみのーる。監督と早乙女さんのコンビといえば…やはり期待してしまいますよね。こちらの作品は4月下旬に撮影、6月後半にヒロイン特撮研究所限定作品としてリリース予定です。ご期待ください。

あと、更新頻度がゆっくりなため、皆様に余計なご心配をおかけしてしまっているようで申し訳ありません。大した情報もご提供できないクオリティの低いブログですが、これまでと変わらず気長に大らかな気持ちでご覧いだければ幸いです。まだまだ至らぬ点ばかりですが、よろしくお願い申し上げます。

design_giga at 15:35コメント(4)トラックバック(0)