2005年09月18日

130 日向ぼっこ #6

さて、とうとうカメラを置いて・・・と書いたもののその先を追って撮影したくなる衝動に駆られ、ギリギリまで撮影を試みてしまった。もう今にも飛び降りようとする一歩手前のさくらを捉えることができた。さくらの頭の中では、「地面に着地して隣の家との間にある仕切りの下を潜り抜けて、そのまま塀まで直進して外の世界へ脱出・・・」という経路を思い描いているのだろうか。いや、猫とはあまり考えずにとにかく行き当たりばったりに走り抜けて、瞬時に判断しながら行動する動物だと聞くことが多い。確かに追いかけられた猫が木によじ登って降りられなくなる話はよく聞く。そう言えば、さくらも芝生の広場で走り出して百日紅(サルスベリ)に登って降りられなくなっていたことを思い出した。この後、カメラを置いて飛び降りる前になんとかさくら捕獲に成功し、さくらの脱走計画は失敗に終わったのだった。。。

050613_sakura155

この記事へのトラックバックURL