2005年11月22日

143 じゃれるさくら #2

というわけで、猫じゃらしの代わりに持ってきたものは“耳掻き”だった。それも白いフサフサ付きのものだ。見るからにさくらのお気に入りになりそうなフワフワの毛玉部分をちらつかせると、興味津々で見入っていた。近づけると寝っ転がってじゃれる体勢に入った。猫の性質なのか左右に毛玉を振りながら目の前に持っていくと、両手で挟もうと狙いをすませている。やる気のなさそうに横たわっているさくらだけど、その見た目とは裏腹にすごい集中力でフサフサを掴もうとしている。。。とは言いつつも、やはり写真からはじゃれている仔猫さくらのほのぼのとした様子が窺える。#3に続く

050626_sakura169

この記事へのトラックバックURL