やまさんの日記(麺やまらぁ公式ブログ)

人形町「麺やまらぁ」に関する告知と食べ歩き日記。

2005年02月

1738fc5a.jpg
「東京パン屋ストリート」が二日前に船橋ららぽーと内の一角にオープンしました。僕はあまりパンそのものには興味がないのですが、ご近所なので行ってみることに。そしたらもの凄いひとで賑わっていて、入場制限をやっていたくらい。このフードテーマパークには8軒のパン屋さんが入っていますが、どこも30分~120分待ち。長崎から出店の佐世保バーガーなんて240分待ち!4時間も待ってたら長崎の本店に行けちゃうよ~。実際はそこ狙いだったのですが、さすがに諦めて、京都から出店の「パンの耳」というところに並びました。それでも60分待ち。お目当てはフカヒレ入りの揚げパンと、カレーパン。どちらも200円でしたが、揚げたてということもあって、凄く美味しかったです。これはパン好きなひとにはたまらないかもですね。やっぱり揚げたて、焼きたてのパンをその場で食べられるというのが一番美味しいですもんね。

ところで、このテーマパークのネーミング、僕は気に入らないです。浦安の「東京ディズニーランド」も気に入らないのですが、でもまああそこは或る意味仕方ないとしても、たかだかフードテーマパークごとき、どうして船橋にあるのに「船橋パン屋ストリート」にしないわけ???そんなに東京の植民地に成り下がりたいのですか?と変に勘繰ってしまう。ららぽーとはTOKYO-BAYららぽーとで、確かに東京湾に面した立地という意味では別に文句はないんですけどね、この「東京パン屋ストリート」は気に入らないなあ。別に東京のパン屋さんばっかりが出店してるわけでもないのに。もっと地元に誇りを持ちましょうよ。船橋、千葉、いいじゃないですか。僕はこの土地を愛してますよ。出生地の東京や、長年住んでいた埼玉よりも。

パン屋ストリートを出て、ちょっと気になっていたお隣のVIVITSQUAREの情熱ラーメン隊を偵察。ぐるっとひとまわりしてもまるで食指を動かされず、そのまま何も食べずに出てきてしまいました。その代わりに勝@篠崎へ行って、僕のラーメン食べ歩きの原点の味を堪能してきました。あれから2年余りで二百数十件のお店を回りましたが、今でも「美味しい!」と思わせるこの店は流石。3年くらい前に初めてこの店に来たときと全く変わらぬ接客、仕事の丁寧さも、素晴らしいの一言です。現在ではすっかりブームが過ぎ去った恵比寿系ラーメンですが、ここはこれからも変わらずたくさんのお客さんに愛され続けるでしょう。

489d5971.jpg
ウチの会社の名古屋営業所で打ち合わせのため、日帰りで名古屋へ。営業所までは名古屋駅から地下鉄で2つ目の駅に近いのですが、歩いても苦にならないくらいの距離なのでのんびり歩いて行きました。でも今朝はウチを出るときは春一番が吹いていて暖かかったのに、名古屋は寒かった。肝心の打ち合わせはわずか2時間余りで終了。ちょっと遅めの昼食は、栄町までタクって「しら河」というお店でひつまぶし(写真)♪ きちんと慣例に倣って、一杯目はそのまま、二杯目はヤクミをかけて、三杯目はお出汁を注いでお茶漬けでいただきました。名古屋の鰻は、江戸前のものとは違い、蒸す工程がないので仕上がりの状態で香りが強い。苦手なひとにとっては食べ辛いと思いますが、僕はむしろ「鰻だあ~」という感じがして名古屋のタイプも好き。しっかりお腹一杯になって、また新幹線でトンボ帰り。

ところで朝新幹線に乗る前に、暇つぶし用になにか雑誌を買おうと思ってホームのキオスクで物色していると、文藝春秋を発見。今回の文藝春秋には芥川賞の受賞作品の全文が載ってるのでお得なんです。今年の受賞作は阿部和重氏の「グランドフィナーレ」。去年の受賞作の二作品「蹴りたい背中」と「蛇にピアス」は、単行本が欲しくて両方とも買ったのですが、今回のは何故か食指が動かず、単行本を買う気が起きなかったので、春秋で読めればいいやと思ってたので丁度良かった。何しろ単行本を買う値段の半分で済んでしまうので。

この誌上には選評ものっているのですが、選者のひとりの石原慎太郎氏はこの受賞作に対してかなり辛辣な評をくだしていました。無理やり決定して、このような作品が賞の威厳を貶めかねないというようなことを書いてました。また、宮本輝氏も一時は該当者なしの方向に傾いたと語っています。つまり、今回の受賞作は曰く付きなのね。情けないことに結局新幹線の車中では3分の2くらいは眠りこけていたので肝心の「グランドフィナーレ」はまだ3分の1くらいしか読み進んでいないんですが、今のところやっぱりイマイチな感じですね。前回の「蛇にピアス」なんかは割りと序盤から引き込まれましたが、今回はそれがありません。まあ、とりあえず全文読んでみます。今回は芥川賞より直木賞受賞作の方が面白そうですね。角田光代さんの「対岸の彼女」。これは単行本で買おうかなと思ってます。

このページのトップヘ