やまさんの日記(麺やまらぁ公式ブログ)

人形町「麺やまらぁ」に関する告知と食べ歩き日記。

2008年02月

0d6bd32a.jpg


中目黒にはたまに外出する用事があり、そのたびにラーメン好きな担当営業と一緒に新規開拓をしている。
今回は「らーめん 蓮」。
以前ラー友が日記でこのお店を取り上げていて、取り敢えず中目黒で行ったことのない店だったらどこでも良かったのでどんなお店なのかという情報はアタマに入れていなかった。

お店はなかなかお洒落な造りだったのだが、店内に一歩足を踏み入れると、かなり強い獣臭が漂っており一瞬ひるんでしまった。
『はぁ、ここはトンコツラーメンのお店だったんだぁ』くらいにしか思わずに、券売機に向かう。
メニューは”らーめん”、”つけめん”、”麻辣担々麺”、それに春限定のメニューというラインナップ。
初訪なので”らーめん”だが、お腹がかなり減っていたので全部のせの”特製”にした。900円也。


しばらく待って出てきたものは画像の通り。
よくよく見れば卓上にはコショウ、酢、辣醤、おろしニンニクなど、或る系統にお決まりの調味料も並んでいる。

『これはもしかして家系??』

と思ってスープを飲むと、トンコツもさることながら鶏がかなり強めに出たトンコツ醤油スープ。
鶏油が浮いているという感じではなかったが、鶏の旨みのせいか、やはりかなり家系に近い味だ。
しかも見た目はライトなスープに見えて、なかなかどうしてこれがかなり旨みが強い。

旨い。

麺は表面をザラつかせた太麺で、もちもちしてこれも旨い。
酒井の麺のような独特のクサミがない分、そこに関しては少々家系っぽさからは外れるが、これはこれで完成してしまっていて違和感を感じない。

トッピングは、レンソウ、海苔、チャーシューと家系のスタイルを踏襲しているが、これに加えてもやし、キャベツ、万ネギが加わってる。

なかでもチャーシューは旨かった。どちらかというと家系のチャーシューはあまりチカラを入れて作っているようには感じないものが多いが、ここのはしっかりと作りこんでいるという印象を受ける。


家系自体、久しく食べてなかったこともあるが、思いも拠らず美味しいラーメンが食べられて満足だった。
家系を上品な方向へと進化させたような一杯で、とても存在感がある。


5779b3fa.jpg
<データ>
らーめん 蓮
最寄駅:中目黒(東急東横線ほか)
住所:東京都目黒区中目黒2-7-14
定休日:日曜
営業時間:11:15~15:30、18:30~24:00、土曜・祝日11:15~15:30

80bb2514.jpg


先週に引き続き本日も会社帰りに「福一」@成田へ。
今日は都内から京成イブニングライナーに乗り継いで行ってみたが、喫煙車両もあるし、なかなか快適だった。
因みに浜松町にある勤務先を18:20くらいに出て、20時ちょっと過ぎにお店に到着出来た。

本日の狙いはお店のメルマガ会員向け限定メニュー、”竹岡二郎”(680円)。
こちらの平日昼営業で提供されている竹岡式インスパイアのラーメンを二郎風にアレンジしたものだ。
メルマガ会員向け限定ということで、店内に貼紙等は一切ないが、これを注文すると『ニンニク入れますか?』と聞いてくれる。
ニンニクの有無だけではなく、味の濃さ、アブラの量、ヤサイ増しなどにも対応。
僕はニンニクとヤサイ増しコールでのオーダー。

出てきたものは上品さの漂う二郎という感じ。
ヤサイは増しでもこの量(画像参照)なので大した量ではないが、二郎っぽさは出ている。
見た目にブタ(チャーシュー)はかなり質のよさそうなモノだ。

スープはデフォでもかなり厚めにアブラの層が浮いている。
これを下から掻き混ぜながら飲んでみる。

旨い!

先日の”福一風富山ブラック”もそうだったが、とても”お湯割りスープ”とは思えないほどに立体的な旨みを持っている。
しかもただ旨いというだけではなく、チャーシューの煮汁の持つ甘味、アブラの甘味、そしてニンニクが合わさって、しっかりと二郎ライクなものに仕上がっている。
カネシのような独特のコクと甘味が見事に表現されていて、思わず頬が緩んでしまう。

麺は極太の縮れで、少しゴワついてはいるがしっかりと茹でられていてひっかかりがない。
シャキシャキの茹で加減のヤサイと一緒に頬張ると、二郎を無心に食べているときのような感覚に浸れる。

チャーシューはやはり上質な部位を使ったもので、濃い目の味付けながら肉本来の旨みも出ていてとても旨い。


またもや『流石!』と唸らされた一杯。
提供は3月6日まで。


<データ>
麺や 福一
最寄り駅:成田
住所:千葉県成田市花崎町846-15
定休日:日曜
営業時間:11:30~14:00、18:30~23:00、月曜18:30~23:00、土曜・祝日、12:00~14:30

4a13e253.jpg


超らーめんナビの限定が終了し、それと入れ替わるカタチで新たな限定メニューが「○心厨房」にお目見えした。

”辛いつけ麺 Oh! ボーラ”(800円)である。

”ボーラ”とは何?と思うかも知れないが、ここでの公表は差し控えるので、気になる人は直接店主さんに尋ねていただきたい。

画像は麺少な目(150g)だが、通常は250gとのことなので、充分な量だと思うが、100円プラスすれば大盛りも出来る。

貼紙などの告知はないが、辛さも”ノーマル”、”スーパー”、”スーパーエクストラ”と三段階に対応可能。
因みに画像は最も辛い”スーパーエクストラ”。

何も言わなければ”ノーマル”で、一番優しい辛さ。
優しいと言ってもかなり刺激的なので、辛さに弱い人は注意されたし。
因みに”ノーマル”より弱めには対応不可とのこと。


まず麺の盛り。

こちらではお馴染みのつけ麺用の多加水太縮れで、そこに満遍なく粉唐辛子がまぶしてある。
もう見るからに辛そうだ。

一方のつけ汁は、高濃度の動物系と魚介出汁を合わせたものをベースに、自家製のラー油が多めに浮いている。

実際に食べてみると、ん?そんなに辛くない?と思うのだが、食べ進むうちにじわじわと辛さが襲ってくるという感じ。
つけ汁の旨みがしっかりと感じられるので、まさに”辛ウマ”で実に楽しい。
激辛ラーメンも巷に数多あるが、このつけ麺はそれらの中でもアタマひとつ抜けている感がある。

かなり旨い。

つけ汁は、供された時点ではマイルドな辛さなのだが、麺にまぶした粉唐辛子が徐々に溶けていき、次第に辛さを増していく。
サイゴにスープを飲む頃にはかなりの辛さになっている。
しかし旨みが強いので思わず飲み干してしまうのだ。

因みにスープ割りも出来る。


辛いもの好きならば、一度は試していただきたい一杯。


提供時間:毎営業日13:00よりの限定で、数量は限定なし(食材切れの場合はご容赦を)
提供期間:3月15日(土)まで。


<データ>
○心厨房(まごころちゅうぼう)
最寄駅:木場(地下鉄東西線)
住所:東京都江東区東陽1-25-6
定休日:日曜・祝日
営業時間:11:30~15:00、17:30~20:00

ed1a4270.jpg


どうやら以前は家の前で屋台で営業していたらしいが、現在はきちんとした路面店。
店内はちょっぴりオリエンタルチックな雰囲気だ。

いつもはどうなのかは知らないが、今日は一人で営業されていた。
大きなテーブルを二つ横に繋げて並べてあり、10席が用意されている。
その反対側も使用されることがあるのだろうが、椅子がテーブルの上に逆さまにして並べられ、布がかけられていた。
店主さんひとりではまわしきれないため、半分が使用されていないという感じ。
それでも10席のキャパで、厨房、フロアー、はたまた外待ちのお客さんのご案内と、とても大変そうだった。

麺メニューは”らーめん”(ノーマルと柚子入りの二種)、”つけめん”、”ラうどん”、”もやしそば”というラインナップ。
”ラうどん”というのがとても気になったが取り敢えず今日のところは”らーめん”(680円)を。

半濁のスープに細かい背脂、そして九条ネギというビジュアルは、一瞬京都ラーメンを思わせる顔であったが、丼から立ち上る香りはニボシを主体とする魚介出汁のそれとデフォでかけられた胡椒の香りで、まったくの別物ということが分かる。
スープを啜ればやはり魚介出汁の味がガツンときて、次いでそばつゆのような甘めのかえしが強めに来る。
背脂はコッテリしてはおらず、全体をマイルドにしているにとどまっている。
今までに食べたことのない味で、とても美味しい。

麺はストレートの細麺。
厨房に製麺機があるので自家製麺だと思うが、これがとても旨い。
ぽきっとした食感の低加水でありながら、最後までノビないところもよい。
スープとの相性もよく、最後まで楽しんで食べられる。

連れが”ラうどん”を食べていたので少し味見をさせてもらったが、こちらのスープにはニンニクが入っている。
甘めのかえしと背脂の存在も手伝って、どこか「二郎」を思わせるものだった。
麺は打って変わって加水高めの極太縮れ麺。
これも小麦の香りがたっていてとても美味しかった。


オリジナリティに溢れた一杯で、且つ美味しい。
コレが好きになったら、まず他では味わえないので、ここに通うしかない。


c2580188.jpg
<データ>
スズキヤスオ
最寄駅:用賀(東急田園都市線)
住所:東京都世田谷区中町4-6-9
定休日:月曜
営業時間:11:30~14:00、20:00~22:00、土曜・日曜12:00~15:00、20:00~22:00

a524d0d1.jpg


大崎さんのブログによれば、「のりや」@大井町、「うめや」@金沢文庫で修行を積まれたご主人が開いたお店とのこと。
二週間ほど前に本格オープンしたばかりの新店である。

再び大崎さんのブログを引用させていただくと、「むらさき山」という屋号は、店主さんのお名前である「柴山」を「むらさきやま」と読まれる方が多いことからだとのこと。
またサイドメニューに”ごわん”なるメニューがあるが、これはご主人の子供さんが”ご飯”を”ごわん”と発音しているところからきているとも書かれている。


さて、お店であるが、田町駅から慶応大学へ向かう途中の商店街の細い路地に面して建っている。
間口は狭いが、落ち着いたデザインで、上質な雰囲気だ。

店内に入ると間口の狭さに比してかなり広い。
奥へと伸びる長いカウンターには14席が並ぶ。
入り口脇にあるタッチパネル式の券売機で食券を買い、店員さんに渡すシステム。
この日は店主さんとその奥様が厨房に立たれていたが、とてもあたりの優しい接客で安らげる。

メニューは”中華そば”を基本に、”つけめん”やトッピング増しの”紫(ゆかり)そば”などがあるが、基本的な味の方向性は一本に絞られているようだ。
僕は”紫(ゆかり)そば”(850円)を頂いた。

修行先である「のりや」の影響か、スープは所謂トンコツ醤油がベースとなっており、そこにかなり細かい魚粉が加えられている。
粘度こそ高くないものの、しっかりと旨みを感じる。
またかえしはコクとまろみを感じるもので、ふくよかな味わいだ。
少々塩角を感じるが、これは化学調味料を使っていないか、或いは使っていたとしてもごく少量な為ではないかと思われる。

麺は丸山製麺というところのものを使っているようで、加水低めの中太のストレート。
若干ボソっとした感触とぽきっという感触がありながらもしなやかでコシも強くなかなかに存在感のあるもの。

チャーシューなどのトッピングもしっかりと仕上げてあり、新店ながらかなりの実力を見せ付けている。
ただ、まだまだ伸びしろはありそうなので、今後の進化も楽しみだ。


f2b6fa66.jpg
<データ>
むらさき山
最寄駅:田町(JR山手線ほか)
住所:東京都港区芝5-23-8
定休日:日曜
営業時間:11:30~14:30、17:30~22:00

このページのトップヘ