やまさんの日記(麺やまらぁ公式ブログ)

人形町「麺やまらぁ」に関する告知と食べ歩き日記。

2008年07月

18c60845.jpg


昭和22年創業の老舗で、創業当時の建屋をそのまま現在まで残す店舗はとても郷愁をそそる雰囲気だ。
トビラを開けて店内に入るとこれまた雑然としていてまさに昭和初期にタイムスリップしたかのような感覚に浸れる。
その店内には70~80代くらいのおばあちゃんが3人と、若干若く見えるおばちゃんが1人。
このうちお店の奥で椅子に座ってテレビを観ていたおばあちゃんが足を引きずりながら僕の方へ近づいて来られ、『お客さん、県外の人ね』と仰るので、『千葉から来ました』と告げると、『あらぁ、それは遠いところをご苦労さんね~』と優しく声をかけてくださる。
すると例によって厨房に立つ別のおばあちゃんが大根の漬物とオシボリを出してくれ、足の悪いおばあちゃんが『漬物はお代わりしてね~』と言ってくれた。

メニューは”ラーメン”1000円のみ。
漬物をつつきながら待っていると先ほどのおばあちゃんがここのラーメンのご自慢などを話して聞かせてくれていた。

やがて到着したラーメンは凄いボリューム。
丼も大きいが、こぼれんばかりになみなみとスープが張って、その表面ぎりぎりまで麺がせまり、刻みネギ、もやし、チャーシューがその上を覆う。

スープを一口啜って瞠目。
一見ライトなトンコツ白湯なのだが、イリコがかなり強く効いていたのだ。
お店に入ったときにイリコの香りがしたのでもしやとは思ったが、これほど強烈に効いているとは思わなかった。
勿論トンコツの旨みもしっかりと底辺を支えており、実に美味しいスープ。
油も多めに浮くのに、とてもすっきりとした味わいで、こういう組み合わせのスープがこのような老舗で味わえるとは思っておらず、とてもビックリしてしまった。

麺がまたユニーク。
ストレートの太麺は手打ちだそうで、もちもちしていてまるでうどんのような食感。
おそらくは無カンスイだと思うが、風味もキレイでとても旨い。
量はかなり多かった。
250gちかくあるのではなかろうか。
食べきるのに苦労したくらいだ。

途中件のおばあちゃんのススメに従い刻みニンニクを加えてみたが、これが油と絡まるとまるで「二郎」のようなジャンクさが顔を覗かせるというのも面白い。

お店の雰囲気、おばあちゃんのお話し、そしてオリジナリティに溢れる一杯を堪能できただけで大満足だったというのに、お会計のときにはお土産を頂いた。
なんでも遠方からのお客さんに持たせているものなのだそうだが、それは小さめの袋(中身は敢えて伏せておく)と桜島の写真だった。
桜島の写真の裏にはお店の住所などがスタンプされていてお店の名刺にもなっている。

鹿児島に観光に来たら、夜は郷土料理、昼はこのお店であろう。


f466520e.jpg
<データ>
のぼる屋
最寄駅:いづろ通(鹿児島市唐湊線)
住所:鹿児島県鹿児島市堀江町2-15
定休日:日曜
営業時間:11:00~19:00

f2ff626f.jpg


昨日の「こむらさき」同様、繁華街天文館にあり、2階、3階にも客席のある大型店舗。
店内の厨房レイアウト、数箇所に分散して置かれたスープ、先にレジで食券を求めるシステム、おみやげラーメンの販売など、数々の共通点が見られる。

こちらはメニューに”ラーメン”、”味噌ラーメン”、それに”チャーハン”や”餃子”もある。
僕は”ラーメン”700円の食券を求めて席についた。

「こむらさき」もそうだったが、これまで巡った鹿児島県内のラーメン店と同じく大根の漬物がまず運ばれてくる。
これを食べながらラーメンを待つが、それほど待たずにラーメンが供された。

軽めに白濁したスープはトンコツのほかに鶏がらの出汁もしっかりと出ている。
ほのかに獣臭さが立ち上るところは「こむらさき」と共通するが、味は全くといっていいほど異なる。
優しい味わいでとても飲みやすい。

万ネギと焦がしネギ、それに細もやしが大量にのっていてボリュームがあるが、麺もまた多い。
中細のストレートで柔らかめに茹でられているが歯ごたえは比較的しっかりしている。
チャーシューは大きめで濃い目の味付けだった。

オペレーションはいたって普通の作り方だったが、味は全くの別物ながら店内のレイアウトなど「こむらさき」との共通点が多かったのは興味深かった。


d2f0a989.jpg
<データ>
くろいわラーメン 本店
最寄駅:天文館通(鹿児島市唐湊線)
住所:鹿児島県鹿児島市東千石町9-9
定休日:月曜
営業時間:10:30~21:00

feebdcca.jpg


昭和25年創業の老舗で、鹿児島市内の天文館という繁華街に建つ。
この繁華街には多くのラーメン屋さんが軒を連ねるが、ラーメンが観光名物かのように二階にも客席を設けるお店が少なくなく、こちらのお店にも二階席がある。
厨房は奥と客席フロアーに突き出た部分と二箇所にあり、スープは奥の厨房で焚くようだ。
それをコの字のカウンターで囲まれた厨房に配置された12もの羽釜のいくつかに分けて入れられているという実に独特なレイアウト。
この後に訪問した「くろいわ」も同じような造りをしていたが、これは鹿児島へ来て初めて目にした。

メニューは二種類のみ。
僕は”鹿児島黒豚チャーシュー入りラーメン”1000円をチョイス。
先にレジカウンターで支払いを済ませてプラスチック製の食券を受け取るというシステム。

オペレーションがまた独特。
羽釜で茹でた麺を平ザルであげると、それを湯きりもせずに丼に投入。
丼を持ち上げて麺を箸で押さえつけて斜めにし、それで湯を切る。
その麺の上からタレ、アブラ、ヤサイのトッピングを。
更にその上から羽釜のスープを投入し、サイゴにチャーシューを並べる。
これまた他のどこでも見たことのない変ったオペレーションだ。

赤絵付けの丼で出てきたラーメンはタップリの刻み茹でキャベツで覆われていてその上に小さめのチャーシューがちりばめられている。
これをよく掻き混ぜてからいただく。
スープはサラリとした飲みくちのトンコツスープだが、多層的な味わいで美味しい。
シイタケや昆布なども使われているそうで、それらの旨みがたっぷりと出ている。

中細のストレート麺は無カンスイで予め蒸されているというもの。
独特な食感と甘味すら感じる風味のよさと絶妙な茹で加減が相まってとても美味しい。

チャーシューは薄味で肉の旨みが強い。
キャベツもクタクタに柔らかく茹でられていて食べやすい。

目にも口にもユニークな一杯でとても楽しめた。


df9ef61d.jpg
<データ>
ラーメン専門 こむらさき
最寄駅:天文館通(鹿児島市唐湊線)
住所:鹿児島県鹿児島市東千石町11-19
定休日:木曜
営業時間:11:00~21:00

37c4c19f.jpg


恐らくはご自宅の一部を店舗にしているのであろうが、小さな看板を見落としてしまうと一見お店とは思えない外観。
暖簾も掛からない扉を開けて店内へ入ると、小さなスペースにテーブル席がいくつか詰め込まれている。

厨房には華奢で高齢のおばあちゃんが立っているが、その息子夫婦と思われる人も時折り姿を見せる。
岡持ちがいくつか置かれていたので出前もしているのであろう。

やはりこちらも席につくとたくあんが差し出された。
メニューはシンプルに”ラーメン”の大中小と”めし”のみ。
僕は”ラーメン”の”小”をオーダー。
450円と安いが、これでも最近になって値上げしたばかりのようだ。

到着したそれは見た目にライトな白湯スープに細もやしが大量にのり、多めの胡椒が振りかけられている。
スープはやはり砂糖の甘味のようなものを感じるが、「まるちょん」ほどは強くない。
しっかりとトンコツの旨みが出ているうえ、油も多めでインパクトは充分。
ストレートの太麺はアルデンテに茹で上げられており、もちもちしていてコシが強くこれまた美味。

もやしに隠れて見えなかったが、チャーシューは三枚肉を使っている。
味がしっかりと染みた美味しいチャーシューだ。

優しいおばあちゃんは静かな声で気さくに話しかけてくれて、それにもとても癒される。
外観的には目立たないが良店というに相応しいお店。


cada2a1f.jpg
<データ>
マツワキ食堂
住所:鹿児島県肝属郡肝付町南方114-2
定休日:日曜
営業時間:11:00~15:00(材料切れ終了)

e9ea3115.jpg


大きめの建屋に「○」の中に「ゝ」の記号の大きな看板、そして「自家製麺」の文字が誇らしげに大きく書かれたお店。
店内はとても広く且つゆったりとしたレイアウトで60席近くもある。
厨房に立つオバちゃんが元気な声で迎えてくれて、それとは対照的に大人し目な青年(息子さん?)がお茶をもってきてくれる。
お茶は金属製の急須と湯のみがセットになって供される。
たくあんも一緒についてくるのだが、これは鹿児島のお店に多く見られた特徴で、自家製の大根の漬物という点と、ラーメンが出てくるまでのあいだに食べるものとして供されるという点が共通している。

メニューは”ラーメン”と”めし”にそれぞれ並と大盛りがあるだけ。
僕は”ラーメン”650円をオーダー。

丼は染付けのものと赤絵付けのものを使っているようで目にも鮮やか。
その丼の中は優しい色合いのスープと、多めの細もやし、ちぎったように小さめのチャーシューが特徴的。

スープはサラリとしたとんこつスープで砂糖のような甘味を感じるもの。
ラードが厚い層を成していて、ベース自体はサラリとしていてもかなりコッテリ。
自家製だという麺は加水高めの中太ストレートで、ヤワメな茹でだがコシは強く、とても美味しい。

小さめのチャーシューは5~6個がちりばめてあるのだが、コレがまた結構旨い。

麺もそうだが全体的に独創的な感じに仕上がっていて面白かった。


d400f17e.jpg
<データ>
まるちょんラーメン
最寄駅:志布志(JR日南線)
住所:鹿児島県志布志市志布志2-8-17
定休日:木曜
営業時間:9:00~17:00

このページのトップヘ