0009c5de.jpg


石山氏のラーメン本を見ていて大きな肉塊がどーんと乗っているビジュアルに惹かれ初訪。
昨年12月にオープンしたばかりの新店だそうだ。

行ってみると以前も他のラーメン店が入っていたところのようだった。
厨房を取り囲むカウンターはゆったりとしていて窮屈さがなく印象がよい。
二人いたスタッフの接客も物静かだが不足もなくいい感じ。

店先にある券売機でお目当ての”炙り角煮らうめん”の食券を求めようと思ったがあいにく既に売り切れていた。

仕方なく”味玉らうめん”780円を。


鶏、豚の動物系素材に野菜を加え圧力釜で炊いたスープは野菜の比率が高いとみえてかなり飲み口が軽いのだが、表面に多めに浮いたライトなマー油でそこそこのインパクトを演出している。

刻んだタマネギがトッピングされているが油多めなスープをサッパリと食べさせてくれる効果があり有効。

麺は中細でコレと言った特色も見受けられないがスープ本体が軽い分、中細でも相性はよいと感じた。

バラロールチャーシューはホロホロとした柔らかい仕上がり。
味玉も過不足ない仕上がり。


肉好きな僕としては本で見た大きな角煮は食べてみたいのでなんとかリベンジしたいところ。



d4e020bd.jpg
<データ>
炙り角煮らうめん 黒虎
最寄駅:秋葉原(JR山手線ほか)
住所:東京都千代田区神田和泉町1-2-4
定休日:日曜
営業時間:11:00~23:00