やまさんの日記(麺やまらぁ公式ブログ)

人形町「麺やまらぁ」に関する告知と食べ歩き日記。

2010年03月

画像 347_3

明日3月31日夜の部より、夜の部限定メニューとして激辛らぁ麺”激からぁ”を販売開始いたします!

辛さの中にも旨味を感じられるように工夫してみました。

辛いもの好きな方、是非お試しください♪


なお、数量限定のため、早い時間に売切れてしまうことも予想されますのでお越しの際はお早めに。

売り切れちゃってたらごめんなさい。


<追記>
お陰様で販売開始以来ご好評をいただいている”激からぁ”ですが、店頭及び店内のPOPでお知らせしている注意書きをこちらにも掲載しておきます。

●辛いものが苦手な方はご遠慮ください。
 →それほど激烈な辛さではありませんが、辛さに耐性のない方には
 かなりの辛さです。

●麺カタメはお断り。ヤワメ指定には応じます。
 →麺をカタメに茹でた場合、極端にスープの絡みが悪くなるので
 このメニューのポテンシャルが十分に発揮できないため、カタメ
 の指定にはお応えしておりません。予めご了承ください。

●まずはノーマルバージョンをお試し下さい。
 2回目以降より、辛さ増しにも対応いたします。
 →このメニューの開発意図は”辛旨い”らぁ麺です。
 むやみに激辛を誇示するものではありませんのでまずはノーマル
 バージョンでお試しいただき、それでも辛さが物足りないという方
 に限って辛味増しをお受けいたします。

●激辛パウダーは大変高価な上入手困難です。
 辛さ2倍は50円増し、5倍は150円増し、
 10倍は300円増し,それ以上の辛さ増しには応じかねます。
 →ご注文の際に現金にてお支払い下さい。

●数量限定につき売り切れの際はご容赦ください。
 →なるべく多くの方にお試しいただけるようご用意しておりますが、
 当メニューに使用する激辛パウダーが入手困難なので止むを得ず
 売り切れとさせていただく場合がございます。


以上、”激からぁ”に関しての追記でした。

平成22年2月22日。

「麺 やまらぁ」がオープンした日ですが、”2”のゾロ目になってますね。
これは別に狙った訳ではなく、店舗工事の完了日から一週間で試作を行い味決めをしてからオープンしようとしていた日がたまたまた2月22日でした。

おかげで忘れっぽい僕ですが自分のお店の開店日は生涯忘れないと思います(笑)


そしてそのオープン日、2~3のお花が届いてくれたら嬉しいな~くらいに思っていたのですが準備中の早朝から次々にお花が届き始め、実際にお花を持って来てくださった方もいてその数なんと23!

これには本当にビックリしました。
とっても嬉しかったです。

お花だけではなくお酒など色々お祝いに贈ってくれたり持ってきていただいたり、皆様には本当に涙が出るほど感謝してます。


この日記では届けて頂いたお花をアップしようと思います。

画像 197まず、僕の修業先である「麺喰屋 澤」@小岩から。

江澤代表のことは”親方”と呼ばせていただいてますが、開店日から三日間、入れ替わり立ち代りお手伝いにも来ていただきました。


画像 191サラリーマンからラーメン屋さんに転職する際に色々と相談にのっていただいてとてもお世話になった「麺屋 青山」@富里の青山社長より。

















画像 194食べ歩き時代から色々と親交があり、ラーメン修業時代にもお世話になった「魂麺」@本八幡の山西社長より。


















画像 193脱サラしてラーメン店を起業して大成功をおさめている「ど・みそ」@京橋の齋藤代表より。

今回僕が開業するに当たっても色々とアドバイスいただきました。














画像 190僕が大好きな家系のお店、「虎ノ穴」@稲毛の三橋さんより。



















画像 204ラーメン職人としてとても尊敬している「麺や 福一」@成田の石曽根さんより。



















画像 185一時期はこちらの”友の会”で毎晩のように楽しい時間を過ごしていました。

「必勝軒」@津田沼のコバさんこと”小林社長より。
















画像 187彗星のごとくラーメン界に現れ、その完成度の高いラーメンで話題騒然。
やはり尊敬してます。
「Bee Hive」@長生のNAOPYさんより。





画像 198「もぐや」@亀有さん、オープン当日にこのお花を持参して来てくださいました。



















画像 196以前勤務していた会社での歴代社長の中で僕が最も尊敬した社長だった方。

現在はセイコーウオッチ㈱の副社長とSEIKO CORPORATION AMERICAの代表をされている鈴木旻様より。













画像 189
ラーメンのソーシャルネットワーキングサービス「ラー麺SNS」で知り合ったラーメン仲間30名ちかくの方々が賛同して贈ってくれたお花。

紅白2台。

画像 179一時期お世話になった某店の丸山店長、先輩の井ノ川さん、バイトの花田さんより。



















画像 192千葉ラーメン仲間のkenさん、ekkaさん、綾さん、房総らーめんさん、冷やさん、SATO-Cさん、hechimaさん、Tさんより。

















画像 180僕が大好きな居酒屋さん「ぶらり」@日暮里の二階の店長菊池さんより。



















画像 195元同僚で若い頃からさんざん悪さをしていた仲間の石崎家、吉田家より。

ウチには子供はいませんが二人とも立派に1児の父親になってます。















画像 202元同僚でプランナーだった島田さんより。

彼とは色々なお仕事をした思い出がたくさん詰まってます。
















画像 183元同僚の栗玉さんより。
あ、これ本名じゃないです(笑)



















画像 182英会話教室に通っていたときにクラスメイトだった落合理友さんより。



















画像 184船橋に住んでいた頃の友人3名様より。




















画像 186お店の二階のカラオケスナック「カテリーナ」さんからもいただきました。



















画像 203かつて同じ職場で後輩だったデザイナーで現在は大阪在住の幸代さんより。











画像 181ミネラル水供給装置メーカーの「イワモト理研」様より。





















冒頭にも書きましたがお花だけでなく様々なカタチでお祝いしてくださった方がたくさんいらっしゃいました。

この場を借りて深く感謝いたします。

こんなにたくさんの応援に応えられるように頑張っていきたいと思います!

”食べ手”から”作り手”へと転身し、自らのお店がオープンして二週間、ようやく休日には少し余裕が出てきたのでかなり久々に記事を書いてみることにしました。

前回の日記からもかなりのお店は訪問してるんですけどそれはおいおい実際に訪問した日付でアップしていこうとは思いますがまぁそれは気長にちょろちょろと。

まずは店舗の開発ストーリーをご紹介したいと思います。


お店の立地ですが既にお店にお越しいただいた方はご存知かと思いますが非常に分かりづらい場所にあります。

最初からその土地のサラリーマンやOLの方たちのランチやアフター5にご利用いただけたらとの思いが強かったのでオフィス街である日本橋エリアで物件を探していましたが好立地ともなるとやはり家賃が高い。

自分の身の丈に合った物件ということで現在の物件に決めたわけですが、人形町、浜町、水天宮の3駅からそれぞれ3分~5分圏内ながら道に迷われる方も多く皆様にはご迷惑をおかけしています。


この物件、以前は居酒屋さんでした。
画像 002


とても趣きのある佇まいのお店でしたが、以前から明るくすっきりとした雰囲気のお店で女性でも気兼ねなく入っていただけるようなお店にしたかったのでこれがガラリと変身することになります。

元々僕は21年間デザイナーをやってましたので店舗ロゴは勿論、店舗の内外装のイメージ&配色計画も自分で作りました。
それを実際に施工してもらったのが”斬り捨て御麺”さん、仲間内では”棟梁”と呼ばれて親しまれている御仁。

棟梁さんとは3年ほど前に「○心厨房」@木場がオープンした日に初めてお会いしたのですが、彼を一目見て『この人は只者ではない』と感じたのでした。
それからはラーメン仲間として呑み仲間として親しくお付き合いをさせていただき益々棟梁さんのお人柄に惚れてしまったのですが、今回僕の店舗の施工は迷うことなく棟梁さんにお願いしました。

棟梁さんは大工の棟梁なわけですが類稀なるデザインセンスもお持ちなのです。
なのでこの店舗プロジェクトは”棟梁さん×やま”のコラボレーションデザインプロジェクトでもあったわけでそういう点で起工から完成までとても楽しい毎日でした。

画像 493
まずは店内の解体作業です。
入り口付近からのショットですが以前の居酒屋さんの厨房は奥のほうにあり、現在の半分ほどの広さでした。

腰をかがめて写っているのが”棟梁さん”です。

画像 495
現在ホールとストックスペースになっている部分はテーブル席でした。
写真に写っている方は棟梁さんの右腕のS橋さん。

画像 612
解体が終わるとカウンターの骨組みが作られ大体のレイアウトが見えるようになってきます。

画像 777
こうなると随分とラーメン屋っぽくなりますね。

画像 132
厨房及びホールの床のコンクリー打ちは僕の父親と弟がお祝いでやってくれました。
これは現在厨房機器が設置されている部分の床打ちで写っているのは父です。

画像 133
僕の6歳離れた弟。
彼がこんな風に仕事をしている姿を見たのは初めてでしたが頼もしい動きをしてくれてました。

画像 135
厨房内の床が仕上がりました。
ホールと合わせると2日間の仕事量でしたが、何とか1日で仕上げてくれました。

父と弟に感謝です♪

画像 167
上の写真から一気に完成した厨房の写真。
大きなカラダの彼は僕の右腕の愛称”モモちゃん”

画像 169

ホールはこんな雰囲気になりました。

画像 162

店内全ての水がこのミネラル水供給装置を通っていますが、界面活性力が強く浸透圧の高いお水なので飲み水も美味しいし麺の茹で上がりもとてもいい感じ。
勿論スープも美味しく炊けます。

画像 170

写真右の時計は21年間勤めた会社の製品で元同僚がお祝いで贈ってくれました。

残念ながら僕がデザインした製品ではありませんがこのお店の雰囲気にはぴったりなのでこれを掛けたかったんです。お気に入りです。

で、左に見えるのはスピーカーなんですけどこれはソニーのウォークマンドックのスピーカー。
アリモノを買ってきただけなんですけど見事にお店の雰囲気に調和してくれました。

画像 172

看板は僕の後輩デザイナーが現在勤めている看板屋さんに格安で作っていただきました。

僕がデザインしたこのロゴのコンセプトは”すっきり&力強さ”です。

画像 174

完成した外観。
黒、白、赤を効果的に配置して、ラーメン屋さんらしさとオシャレ感を演出してみました。
”らぁ麺”、”つけ麺”の幟は僕が所属するバンド”MA☆MUー”のメンバーからの贈り物です。


棟梁さんのおかげでこんな素敵なお店が出来上がりました♪
みなさんに愛されるお店になるように”味”のほうも頑張りますので皆様よろしくお願いします!

このページのトップヘ