やまさんの日記(麺やまらぁ公式ブログ)

人形町「麺やまらぁ」に関する告知と食べ歩き日記。

カテゴリ: 音楽

79f1b7f7.jpg


大塚愛の3度目の全国ツアーが始まった。昨年、一昨年のツアーにも行ったので、一応今のところコンプ。今日は東京国際フォーラム。以前もここでの某ミュージシャンのライブに来てるけど、音響がよくないので個人的にはあまり好きなホールじゃないのよね(^ ^;

半ば強制的に同行してもらったのは同僚でもあり、マイミクでもあるtakkさんw あまり大塚愛なんて興味ないとは思ったんだけど、今回はベストアルバムをフィーチャーしたコンサートなので、そこそこ楽しんでもらえるかななんて思って誘ったのでした。

で、内容的なもんですが、個人的に衣装が大塚愛っぽくなかったのが不満。ちょっと大人びた感じの衣装に身を包んでスタートしたのだけれど、あんまり合ってなかったと思う。やっぱり彼女はジーンズにTシャツみたいなラフで元気な感じが似合うよね。

曲は流石に御馴染みのものばかり。途中着席させられて静かな曲を立て続けにやられたときには不覚にも居眠りこいてしまった(^ ^; 隣のtakkさんはいびきをかいて寝ているオレを見てハラハラしていたらしい。。。ゴメンヨ!

でもやっぱり後半戦は楽しかったね。ノリのいい曲で一気に最後まで突っ走ってくれた。途中、”CHU-LIP”の振り付けを教えてもらってみんなで踊ったのも楽しかったな。

正直軽いノリのコンサートだけど、アタマが空っぽになっていい気分転換になった。また来年も行くよ!(あるかどうか知らんけどw) 


今日はaikoの全国ツアーの追加公演初日。横浜アリーナで19時開演ということで、仕事が終わったら超速攻で移動。まず芝浦の勤務先の建物の前でタクシーに乗り品川駅へ。すぐに乗れる新幹線に飛び乗る。新幹線の中では慌しく駅弁をかきこんで、いざ新横浜へ。なんとか開演時間には間に合いました。

席はアリーナ席。横アリのアリーナ席は普通で言うところのスタンド席なんですが、かな~り前の方だったのでステージよりも低い位置。ちょっと見づらい(^ ^;
でもでも今日は花道がステージからどど~んと長く伸びていて、花道までaikoが出てきてくれると割と近場で見れる位置でした。今まで大きなホールでコンサートをやることを避けていたaikoなので、横アリは過去最大規模。これを花道を大きく作ることで少しでもファンとの距離を縮めたいってことだったんだと思います。

曲数も過去最多でした。特にシングル曲をコレクションしたメドレーは大興奮。楽しかった~。途中放出された銀テープにはちゃんと記念になるようにコンサートタイトルが印刷されているという凝りよう。流石はaiko。サービス精神満点。

とっても楽しくて満足なコンサートでした。かなり体力消耗したけど(^ ^;

96c316e6.jpg
中学時代にハマっていた音楽はフュージョン。中でもCASIOPEAが大のお気に入りでした。インストはインストゆえ、各々の楽器のメロを追いながら聴いたりするようになるんですが、僕は特にドラムとベースラインを追いかけるのが好きでした。なので僕にとっての神様と言えるベーシストは桜井(過去の表記)哲夫であり、ドラマーは神保彰なのです。その後色々な楽曲を聴いてもこの意識が変わることはありませんでした。初めて彼らのレコードを手にしてから四半世紀、僕の中では今だに彼らを越えるベーシスト、ドラマーは存在しません。

今日は僕にとってのベースの神様、櫻井(現在の表記)哲夫さんがアコースティックギターの岡崎倫典さんとデュオでライブをやるということで、目黒のブルースアレイへ行きました。僕の会社でお隣の職場にいる部長さんが櫻井さんとお友達なんですが、僕が櫻井さんのファンということを知って、櫻井さんからのご招待に呼んでくださったのでした。

25年間の憧れの人を目の前にして大興奮でしたが、演奏が始まると更に興奮。フュージョンのようなスピード感のあるものではなく、どちらかと言えば癒し系の楽曲でしたが、それでも櫻井さんお得意のスーパーチョッパーが炸裂。六弦ベースでライトハンドという荒業も目の前で堪能させていただきました。一方、ギタリストの倫典さんについては僕は初めて彼の演奏や楽曲を聴いたのですが、一発でお気に入りになりました。五つの異なる変則チューニングを駆使して紡ぎだされる曲は、乾いた土に水が染みこむように僕の心に入り込んできました。演奏された曲は御両名のオリジナル曲を半分づつという感じでしたが、倫典さんの曲はとてもよかった。早速CDをゲットするこにしました。

いやあ、久々に心から感動の演奏を堪能しました。

ライブ終了後は、櫻井さんの奥様が僕らの席に来られて、楽屋へと案内してくれました。期せずして櫻井さんとお話もさせていただき、直筆サインも頂くことができ、握手もしていただきました。最高の気分!!

aeb1713d.jpg
約半年のあいだ準備を重ねてきたイベントを、今日やりました。場所は港区芝浦のイベントスペースで。内容は、我々のバンドと、社内有志による男子ダンスチームと女子ダンスチームそれぞれの”出し物”に、バンド+ダンスチームのコラボ。バンドの出来は前日のスタジオ練習ではそこそこの完成度になったものの、本番ではめちゃめちゃ(^ ^; 僕はドラムってこともあるしそれほど緊張してなかったけど、みんなプレッシャーと酒にやられちゃったって感じで、60点くらいの出来でしたかね。(僕も含めてね)

e979ba18.jpg
一方、ダンスチームはなかなかいい出来のものを披露していました。メンバーの中に学生時代チアリーダーを経験していた子がいて、その子の指導のもと、完成度の高いダンスになっていました。演目はゴリエのペコリナイト。難易度は決して低くないものですが、練習の成果があって、危なげないダンスに。何よりみんな可愛かった! 撮影したビデオはそればっか見てたりしますw

98b85d40.jpg
プログラムは3部構成で、前座→バンド単体→ダンス単体→バンド+ダンス、というふうにやったのですが、この写真はバンドとダンスのコラボのひとつ。画像を見てピンと来た人もいるかもですが、曲はサザンのホテルパシフィック。ダンサーのコスチュームもなかなか決まってるでしょ。因みに前座は僕の弟がピンでアコギの弾き語り。

お客さんも盛り上がってくれたし、会場全体が楽しんでくれてたのが何よりでした。社長の全面的な理解によって成り立った部分もあるので、社長にも感謝です。オフィシャルなイベントではなかったけど、こんなことが出来る会社って素敵だなって思いました。

昨年に引き続き今年も大塚愛のツアー「LOVE COOK」を見に横浜アリーナへ。昨年はラー友のT中君と市原文化会館へ行ったのですが、今年はやはりラー友のらきさんと一緒です。

4d72a8a0.jpg
最近、誰のライブに行っても居眠りしてしまうクセがついていて、あの布袋のライブでさえ居眠りこいてしまったくらい。というわけで、今日も御他聞に漏れず、開演前から前半1時間くらいはうつらうつら夢の中。ワレながら神経太すぎだと呆れています。途中からバッチリ目も冴えたんですが、その起爆剤となったのはメンバー紹介のあったところ。一昨年は渋谷O-WESTで対バンありのライブに行きましたが、バックミュージシャンが下手くそすぎてお話になってなかったのが、昨年のツアーではシンセ以外のメンバーが一新され、安心して聴けるものになってました。そして今日は、昨年の雰囲気ともなんか違うなあとは感じていたんですが、僕を興奮させたのはドラマーが公太さんだったこと!そう、元ジュディマリの五十嵐公太さんです。シートがステージから一番遠いところだったので顔は全然分からなくて気づかなかったのですが、そういわれればドラムの音が公太さんだわ~。素敵で無敵。

本編は割と流れるように見ちゃったんですが、アンコールのセットリストが凄かった。フレンジャー(新曲)→Happy Days→さくらんぼ→さくらんぼ(二回目)。怒涛のノリノリソングが立て続けで、流石にスタンディングのジャンピングの拳振り上げで盛り上がっちゃいました♪
しかしらきさんも僕も40ちかいオヤジ同士で、大塚愛のライブで拳振り上げてるっていう図もかなりビミョーですよね(苦笑)

このページのトップヘ