やまさんの日記(麺やまらぁ公式ブログ)

人形町「麺やまらぁ」に関する告知と食べ歩き日記。

カテゴリ: ラーメン・九州、沖縄

8c975052.jpg


「魁龍」と言えば『ドトンコツ』やら『トンコツバカ』と言われるほどに超濃厚トンコツラーメンで全国的にその名を知られている。
久留米の濃厚豚骨の伝統的製法の呼び戻しスープということで、一度は訪れてみたいと以前から思っていた。

お店に着いてみれば店舗前の駐車場は満車で少し待たされることになった。
やはり人気は高いようだ。
交通量の多い道路に面しているので道端で停車しているのも迷惑をかけてしまったと思うが、10分ちかく待ってようやく一台分が空いてそこにクルマを滑り込ませた。
大きな暖簾には『ドとんこつ』としっかり書いてあり、店の外まで匂いが漂ってくる。

店内は40近いキャパがあるがほぼ満席状態。
中央の大きなテーブル席にひとつ空きがあったのでそこに腰をおろす。
”ラーメン”640円をオーダー。

はてさてどんだけ濃厚なスープなのかワクワクしながら到着を待っていたが、出てきたそれを見ると見た目にはそれほどでもなさそうだった。
しかし一口すすればそんな第一印象を吹き飛ばしてくれる。
粘度は高くないが、舌に骨粉のザラつきを感じるほどに濃厚だ。
アブラに頼っておらず、ホネの旨みだけで濃度を高めている方向性は個人的に好み。

麺は細麺のストレートでややヤワメ。
個人的にはバッチリな茹で加減。

大きめのバラロールチャーシューはデフォで2枚のっており、とろける仕上がりで旨い。

今となってはここを凌駕する濃度のトンコツを出すお店が多数出てきていることもあり、『日本一の』というほどのインパクトはないが、それでも確実に豚骨の旨みを堪能できる一杯を食わせるお店であることには変わりない。
訪問できてよかったと思っている。


06b5c89e.jpg
<データ>
魁龍 小倉本店
最寄駅:片野(北九州高速鉄道)
住所:福岡県北九州市小倉北区東篠崎2-1-6
定休日:無休
営業時間:11:00~23:00、土曜・日曜11:00~21:00

昭和33年創業の老舗。
久留米で発祥した白湯トンコツは、本場久留米ではより濃厚な方向へと進化を遂げており、その代表格が「大砲」。
その「大砲」は昭和28年の創業ということで、「丸星」はそこよりは若干新し目ながら店舗そのものは創業当時のままなのではないかと思われるほどに年季が入っており目でも雰囲気でも楽しめる。
駐車場も二箇所に完備されているもののほとんど満車状態。
まるでドライブインのような格好の建物は、トビラを開けて中に入るとその独特の雰囲気に圧倒される。

恐らくは永い年月のあいだに継ぎ足しで拡張されたのではないかと思われるような店内はざっと見回しただけでも80席は超えていそうだ。
その中を7人のおばちゃんが忙しく動き回り、お客さんも交錯していて蜂の巣をひっくり返したかのような喧騒。
厨房は小ぢんまりとしたスペースだが、二人のおじちゃんが脇目もふれずにラーメンを大量生産し続けている。

券売機は二箇所にあったが、そこで”ラーメン”380円の食券を買い空いてる席を探す。
おばちゃんは7人もいながらとても忙しくて相手にはしてくれなさそうなので自力でなんとか奥のほうに空いている席を探し当てて座った。
またそこからオーダーを通すのも大変。
一秒とてじっとしていないおばちゃんたちをつかまえるが一苦労。
数分経ってようやく付近を通りかかったおばちゃんに食券を渡すことが出来た。

しかしこれだけの席数があってどうやってお客さんのオーダーを把握するのかと思いながらラーメンの到着を待っていると、ものの数分も経たないうちにラーメン到着。
恐らく厨房では注文の有無に関わらず作り続け、それをラーメンが到着していないテーブルの上にどんどん置いていくっていうシステムなのであろう。
だから回転もすこぶる速く、ひっきりなしに訪れるお客さんもほとんど待たされることがない。

残念ながら券売機の脇には思い切り『写真撮影禁止』とあったのでここで画像は掲載できない。
フチに雷紋のプリントの入った白磁に薄茶濁のスープ、油が多めに層をなし、中細のストレート麺がかなりの量沈んでいる。
トッピングはチャーシュー、海苔、刻みネギ。
380円という価格ながら、見劣りするようなビジュアルではない。

そのスープ、ホネの旨みがしっかりと出て濃厚で、さすがは久留米と言った感じ。
ただ油でコッテリさせている部分もある。

麺はややヤワメくらいの茹で加減だがとにかく量が多い。
子供や高齢者にはちょっとキツいのでは?と思うほど。
このボリュームひとつをとってもこの価格は破格だと思う。

因みにお土産ラーメンも売っているがそちらは3人前で350円という驚異的な安さ。
儲けはあるのだろうか?

雰囲気を味わうだけでも行く価値のあるお店だ。


33f40103.jpg
<データ>
丸星ラーメン店
最寄駅:宮の陣(西日本鉄道甘木線)
住所:福岡県久留米市高野町2-7-27
定休日:第二・第四木曜
営業時間:24時間

4d975b56.jpg


全国に直営店を拡げ、首都圏でも主だったところでは食べられるようになった。
地元千葉にも数年前、JR千葉駅から徒歩圏内に出店を果たしている。
開店時間前に手渡された団扇に拠れば、現時点でNY店を合わせて36店舗。
その全てがどうかは分からないが、セカンドブランドである「五行」は六本木も銀座もよく利用しているし、千葉の「一風堂」にも伺っているかぎりでは、どこのお店も見事な接客をしている。
どちらのお店でも不愉快な思いはしたことがないし、いつも気持ちよく食事をさせていただいている。
ここまで広範囲にお店を拡張してこれだけの接客クォリティを維持しているというのは賞賛に値する。

こちらはその総本山ともいうべき「大名本店」。
もっとも色濃く河原イズムが受け継がれているであろうと思うのは素人考えではあるが、やはり期待してしまう。
果たしてその期待通り、ただ元気なだけではなく、隅々まで心配りをしていて気持ちよかった。
一番手で並んでいたこともあり、『朝早くからお待たせして申し訳ありません』という言葉もかけていただいた。

さて、メニューだがここには本店にしかないメニューが存在する。
”本店かさね味”900円だ。
なんでも毎日火を絶やさずに継ぎ足しで作るスープだそうだ。
当然、これを注文。

継ぎ足しにしては美しい色をしたスープはトリやブタの旨みがよく出ていて立体的な味。
クサミは全くなく、ぐいぐいと飲ませるチカラがある。

麺はメニューリストには多加水の中太麺とあったのだが、僕の受けた感じではそれほど加水は高く感じなかった。
恐らくは通常の”白丸”や”赤丸”に使っているものと比較すればということなのだろう。
それはさておき絶妙な茹で加減で不満はなし。
風味もよいのでひっかかりなくするすると入っていく。

大きめのチャーシューも外側はカリっと、内側は柔らかく仕上げてありとても美味。

帰り際、お会計を済ませて『ごちそうさまでした』の言葉を残してお店を出ると、スタッフの1人がわざわざ外まで出てきてくれて『ありがとうございました!』とおっしゃりながら深々と腰を折っている。
その姿にも感動した。
味も確かだが、これほど気持ちのよいお店なら何度でも通いたいと思ってしまう。


d82d8fa0.jpg
<データ>
一風堂 大名本店
最寄駅:西鉄福岡(西鉄天神大牟田線)
住所:福岡県福岡市中央区大名1-13-14
定休日:無休
営業時間:11:00~翌2:00、日曜11:00~24:00

524bb644.jpg


「宝来軒」という屋号のラーメン屋さんもまた多く存在するらしい。
僕はその中でも歴史が古そうなこちらのお店に来てみた。

年季の入った建物は龍の絵が描かれたド派手な暖簾が目を引く。
店内は30席ほどの中型店舗。
複数いるスタッフはお客さんが入ってきても特に挨拶や反応がないのが淋しい。

”ラーメン”700円をいただいた。

粘度は高くないがしっかりとした旨みで不足感はない。
くさみもないし、甘味のあるかえしも独特でオリジナリティを感じる。
白ゴマがのるのも特徴的。

極細ストレート麺はヤワメ。
バラロールチャーシューは薄めだが柔らかかった。


774c9d13.jpg
<データ>
宝来軒 本店
最寄駅:中津(JR日豊本線)
住所:大分県中津市日の出町2
定休日:火曜
営業時間:11:00~18:00

b14bf85d.jpg


とにかく派手な外観で一目でラーメン屋さんと分かる店舗は、内装はステーキハウスを思わせるアーリーアメリカン調。
23席の店内には若い男性スタッフが4人、元気に忙しく動いており、活気に溢れている。
若者を中心に殆ど満席状態で人気のほどが分かる。

メニューはご自慢の炙りチャーシューの枚数でバリエーションがつけられるというユニークなもの。
更に麺は基本麺と唐辛子麺から選べるというシステム。
一枚入りは550円で、僕は二枚入り690円を普通麺でオーダーした。
店内にはチャーシューを炙る煙と香ばしい香りが充満していて食欲をそそる。

一見するとかなり濃い色をしたスープに白ゴマがたくさん浮いていて特徴がある。
して、そのスープだがこれがかなりの濃度。
粘度はさほどでもないのだが、トンコツの旨みが振り切っているという感じで凄みがある。
インパクト充分でこれならこの人気も頷ける。

麺は極細のストレートで博多ラーメンのように替え玉が存在するが特に硬さの好みは聞かれない。
デフォでかなりのヤワメだ。
しかし弱さはまるで感じないのでこの強烈なスープの前に存在感がなくなってしまうことはない。

チャーシューはバラ肉のロールタイプ。
表面はかりっと香ばしく、全体はトロリと柔らかく仕上げてある。

ぐいぐいと引き込まれる魅力と常習性のある一杯だった。


027188f0.jpg
<データ>
一骨屋
最寄駅:古国府(JR久大本線)
住所:大分県大分市畑中658-1
定休日:水曜
営業時間:11:00~23:30

このページのトップヘ