やまさんの日記(麺やまらぁ公式ブログ)

人形町「麺やまらぁ」に関する告知と食べ歩き日記。

カテゴリ: ラーメン・北陸(富山・石川・福井)

dd478b7f.jpg


ラーメン→うどん→ラーメン という転身をされたお店だという地元の超人気店。
実際開店時間の30分前にお店に到着すると、開店時間にはかなりの行列となっていた。

暖簾をくぐると13席のカウンターと4人がけのテーブルが1卓。
このほかに店内用の待ち席も用意されている。

カウンターで囲まれた厨房には凛とした雰囲気を漂わせるご主人と、接客を担当されている奥様(?)の二人。
店内に張り詰めた空気もそうだが、お品書きひとつをとってもここが上質なお店であることを窺わせるものになっている。
そのメニューは、味は一本で、トッピングによるバリエーション。
ここはとにかくチャーシューも絶品との触れ込みだったので、”炭火焼きチャーシュー麺(三枚)”950円をオーダーした。

赤絵付けの丼には醤油色の半濁~清湯のスープ、麺、刻みネギ、ノリのみ。
別皿で、見事なピンク色のチャーシューと、メンマが。

先ずはスープを頂く。
無化調だというそれは、昆布などの魚介素材が前面に出た上品で奥深い味わい。
舌でとても美しいと感じられるスープで実に旨い。
リンとしていて後味もすっきりだ。

自家製の麺はおどろくほどのコシの強さ。
多加水でピロピロとした食感も面白いし、何より歯を強力に跳ね返すコシの強さが素晴らしい。

チャーシューは前評判の高さが頷けるもの。
燻製した高級ハムのようにもっちりとしていて本当に美味。
これはなかなかお目にかかれない。

ユニークだったのはメンマだ。
予め胡椒をまぶしてあり、スープに入れるとそこにぴりっとした刺激が移る。

正直なハナシ、北陸でこんなにもハイレベルな一杯に出会えると思っておらず面食らってしまった。
今回試さなかったワンタンや味玉にもとても期待が持てる。


5049e03c.jpg
<データ>
中華そば 神楽
最寄駅:野町(北陸鉄道石川金名線)
住所:石川県金沢市寺町1-20-10
定休日:月曜
営業時間:11:30~14:30、18:00~20:30

d22698fb.jpg


富山と言うと過去は”富山ブラック”にばかり目を奪われていたのだが、今回は普通に地元で人気となっているお店へ足を運んでみた。
「まるたかや」というお店で、公式HPに拠れば富山市内を中心に7店舗展開している。

本店とされている牛島店を訪れたが、外観の割りにカウンター17席のみという中規模な店内。
メニューは基本の味が一本で、トッピング違いでバリエーションをつけている。
僕は基本の”ラーメン”630円を。

スープは塩分濃度が高めで、醤油由来の酸味がたっているが、それに負けないくらいにトンコツの旨みが出ていて好印象。
店内の貼紙にある指南に従い、卓上の背脂カスをまず投入してみると、スープ全体がマイルドになり、コクも深まる。
次いでおろしニンニクとブラックペッパーを加えるとより一層ジャンキーなスープに。
この変化が面白いし、変化する前もあともそれぞれに楽しめる味になっているところがいい。

中太の縮れ麺は加水高めでぷりぷりしていてコシも強め。
ジャンキーなスープによく合っている。

メンマは細めながらコリコリとした食感で薄味つけで美味。
チャーシューも厚切りで肉の旨みが感じられ美味しく仕上がっている。

総じて満足度の高い一杯で、人気のほどが頷けた。
背脂カスを投入するというのもオリジナリティがあるし、また食べたいと思わせる惹きも強かった。


4a41b915.jpg
<まるたかや>
最寄駅:富山(JR北陸本線)
住所:富山県富山市牛島本町1-1
定休日:月曜
営業時間:11:00~22:00

このページのトップヘ