やまさんの日記(麺やまらぁ公式ブログ)

人形町「麺やまらぁ」に関する告知と食べ歩き日記。

カテゴリ: 丸長系

a9d4fe58.jpg


昨年9月に開店したばかりの、最も新しい丸長系のお店。
開店した翌月に一度訪問したが、この日二度目の訪問を。

前回が”嘉六つけ麺”だったので、今回は”丸和つけ麺”(700円)を頂いた。
デフォだと結構な麺量となるので、少なめで。

オペレーションを眺めていて面白かったのは、麺の湯きり、水切りに遠心分離機を使っていたこと。
これは初訪の際には気づかなかったが、途中から導入したもの?
とにかく個人的には初めて目にした光景だった。
しかし名古屋では数軒、これと同じものを使っているお店があると同行のラー友が教えてくれた。

つけ汁は動物系を半濁~白濁させるまで炊いたものに魚介出汁を加えたもので、”嘉六~”と比べてより出汁の濃度を強調したものがベース。
しっかりとした旨みを持ち、甘辛酸がプラスされている。
調味料のバランスは、甘さは極力抑え目、辛さは普通、酸味強めというバランスだが、酸味の強さは”嘉六~”のそれよりは抑え目と感じる。

麺が激変していた。
開店当初は加水低めだったのだが、この日食べたものはかなり加水率の高い麺だった。
以前のものも特徴的で面白かったが、こちらの麺の方が一般ウケはするであろう。
つるつると喉越しがよく、コシも強い。
あまり熟成も進んでおらず、キレイな風味の麺で旨い。

すっかり地元で認知されたようで、開店時間に多くのお客さんが訪れていた。
酸味が強いものが果たして名古屋で受け入れられるのだろうか?という心配は杞憂に終わったようで嬉しい。


<データ>
丸和
最寄り駅:春田
住所:愛知県名古屋市中川区春田1-150-1
定休日:日曜
営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00、土曜・祝日11:00~15:00

21db3afe.jpg


丸和さんの友人さんからの情報により、一部内容を修正しました。(11月9日)
丸和さんの友人さん、情報提供ありがとうございました。


先月オープンしたばかりの最も新しい丸長系。丸長好きの僕としては、このお店のオープンのニュースには狂喜した。絶対いつかは行かねば!と思っていたが、こんなに早く訪れることが出来るとは思わなかった。

お店は「丸和米穀店」というそこそこ大きなお米屋さんに併設されている。10席が並ぶカウンターと、小上がりにテーブルが2卓というキャパ。

開店時間ぴったりに伺ったので他にお客さんもなくご主人と少しお話しすることが出来た。
ご主人の奥様は埼玉県坂戸市のご出身。その奥様のお父様は、荻窪丸長で修行したのち、丸嘉(閉店)を営んでいたそう。こちらのご主人はそのお義父様からラーメン作りの手ほどきを受けた上で開店にあたり、嘉六氏(お義父様)と親交の深かった坂戸丸長へ出向き、甘利氏の教えを請う。
従って、現存する丸長の中では坂戸との関係が強いお店といえる。


こちらのお店で提供されるつけ麺は二種類。丸長で山岸さんに先んじて賄いとしてつけ麺を考案したのは嘉六氏との説があるが、その嘉六氏(義父)から直接教わった作り方を受け継いだ”嘉六(お義父様の名前)つけ麺”と、こちらのご主人のオリジナルとなる”丸和つけ麺”である。それぞれつけ汁が異なる上、デフォでは嘉六→細麺、丸和→太麺という差別化もはかっている。
僕は勿論”嘉六つけ麺”700円を頂いた。

なんと、つけ汁は熱せられた器に注がれており、ぐつぐつと沸騰した状態で提供された。丸長系でこういう演出を行うお店は初めてだ。さすがは新店。色々なラーメンを研究している結果であろう。で、そのつけ汁に関してだが、すっきりと魚介出汁の効いたベースに、酸味やや強め、唐辛子もやや強め、甘味は控えめというバランスの調味料。油はやや多めで、白ゴマが浮いている。
麺は加水低めの細ストレート。丸長は加水高めが多いが、加水低めな坂戸丸長との共通点といえる。ただ坂戸のそれよりも更に加水率は低い。茹で加減は硬めなので歯ごたえは強い。

b58ce100.jpg
麺についてはまだお客さんの意見を聞きながら微調整をしている段階なので、これからもまだ変化はあるものと思われるが、”丸和つけ麺”のつけ汁などは割りと流行りの方向性に近いので若年層のファンも着実についてくると思われる。
因みに元々が米穀店なのでランチタイムには美味しいおコメのご飯かおにぎりがついてくるのも魅力のひとつ。折を見て再訪を果たしたいお店がまた増えた。


【丸長系のページ】へ飛ぶ

<データ>
丸和
最寄り駅:春田
住所:愛知県名古屋市中川区春田1-150-1
定休日:日曜
営業時間:11:00?14:00、17:00?21:00、土曜・祝日11:00?15:00

c3964f0a.jpg


数年前に一度行って、あまりいい印象を持たなかったつくば丸長。丸長コンプしたところで食べてみたらまた印象も変わるかもと思い、再訪。

店はつくば学園都市にある。その学園都市には少なからず思い出がある。最初の思い出は高校生のときに万博に行ったこと。学校の遠足と家族旅行とで2度行った。万博が終わると学園都市に生まれ変わるが、万博の記念として残されたプラネタリウムには、ハタチ前くらいに当時仲良く遊んでいた女の子を連れてデートに訪れた。五月晴れの日で、美しい新緑と木漏れ日が眩しかった記憶が残っている。デートの相手が変わるたびにバカの一つ覚えみたいにドライブで訪れた。

と、まあ、そんな感傷にひたりながらお店の中へ。ここは以前来た時もそうだったが、今回もまた若いスタッフがお出迎え。恐らくバイトちゃんだと思うが、数人の学生くらいの歳のスタッフがいて、丸長らしからぬ若々しく瑞々しい雰囲気がある。その中の一人の女の子は好みのタイプだったw

店内は満席で待ちも数人。しかし40ちかいキャパがあり回転も速いのでそれほど待つことはない。ここもつけ麺・ラーメン専門店。ユニークなのは”替え玉”(150円)があるという点。丸長全22軒の中でも替え玉なるものがあるのはここだけだ。
僕はチャーシュー入り(750円)をオーダーした。

厚めに切られたチャーシュー4枚が並んだつけ汁は、酸味やや強め、胡椒、唐辛子の辛味もやや強め、甘さは控えめ、で万人ウケタイプ。食べ手を選ばない方向性なので苦手意識を持つお客さんは少ないと思う。
ストレートの太麺は平均的な丸長より量が多め。ふわっとしたソフトな歯ごたえがあり、もっちり感もありなかなか良い麺ではあるが、若干スープの持ち上げが弱いのが気になる。
チャーシューはしっとり、もっちりで旨い。厚みもあって満足度も高く言うことなし。

結果的に前回来たときとは麺もスープも大きく印象が違っていた。これが丸長舌になっているからそう感じるのか、進化を遂げたのか、はたまたブレなのかは分からないが、まあまあそこそこのレベルと言ったところか。
個人的には万人ウケするチューニングというのが逆に物足りなく感じる要因になってしまったが。。。


【丸長系のページ】へ飛ぶ

<データ>
丸長(つくば)
最寄駅:つくば
住所:茨城県つくば市春日4-12-3
定休日:水曜
営業時間:11:30~15:00、18:00~20:30

6a682bda.jpg


丸長全店制覇の旅、最後に訪れたのはここ沼袋。食べた感じからすると目白の出なのかな?って思うけど、実は阿佐ヶ谷出身。昭和48年創業の30年超選手。

店内は9席のみで小ぢんまりとしているが、ほぼ満席。厨房のご主人は恰幅がよく、髪の毛をオイルで丁寧にオールバックになでつけていて格好いい。と言ってもそこそこ歳のいったおじちゃんではあるが。因みに声も渋くて格好いい。

メニューはつけそば11種、ラーメン7種、それに炒飯とギョーザで、ラー・つけ専門店。本日のオーダーはチャーシュー入り750円。因みにノーマルのつけそばは500円と安い。

つけ汁はラーメン用の大きな丼に入ってきた。そしてスープは薄茶濁。一般的な丸長のそれとは全然見た目の印象が違う。『これはもしや?』と思ってそのままの状態で飲んでみる。すると動物系の出汁がかなり濃厚に出ていて、カツオの風味も鼻腔を抜ける。旨いぞ?!しかし塩分濃度なし。そう、もしやと思ったのは目白式のつけ汁と同じでは?と思ったのだ。かえしや調味料は丼の下に沈んでいて上層には寸胴のスープ。最初によくかき混ぜないとつけめんのつけ汁として機能しないというヤツだ。案の定、よくかき混ぜてみると薄茶色から濃茶色へと変化した。この状態で酸味と辛味はやや強く、甘味は極力控えめというバランス。かえしはかなりたっていたが、それでも出汁の旨みがしっかり感じられる。これは目白のスープを凌駕して、丸長の中では最もパワーのあるスープだ。スライスした玉葱が入っているのと、コロコロとした食べ応えのある切り方のチャーシューも特徴的。このチャーシューがまた旨い。

麺も素晴らしい。ストレートの太麺。タイプ的にはやはり目白のそれに似ていて、もちもちとした食感でコシが強く、つるつると喉越しがよい。分かりやすく言えばレベルの高い東池系大勝軒の麺に印象が似ている。多くの丸長とは赴きが違い、進化を遂げた麺という感じだ。量は280gくらいだろうか。普通盛りでも結構満足のいく量である。

旅の最後を飾るに相応しいとてもいい丸長に巡り会えた。これで一応は丸長22軒全店制覇したが、記憶の古い丸長を何軒かもう一度巡る予定。既に阿佐ヶ谷と荻窪は周ったが、勝田台とつくばが残っている。それが済んでから、ホムペに丸長のページを新設する予定。


【丸長系のページ】へ飛ぶ

<データ>
丸長(沼袋)
最寄り駅:沼袋
住所:東京都中野区沼袋1-44-10
定休日:日曜
営業時間:10:30?21:00

10e9171a.jpg


昭和52年に目白から暖簾分けされた比較的新しい丸長ではあるが、店舗の内外装からは相当の年季が入っているように見受けられる。13席のキャパがある店内は、薄暗く、店主夫妻も物静かで刻が止まったかのような空間。冷水器もなく、店内の一角に山積みにされたコップのわきに冷水の入った大きなペットボトルが置いてあるだけだ。

メニューは麺メニューのほかに炒め物なども揃える。つけめんは450円と安い。

つけ汁は透明度の高い茶色の清湯で、ラー油が浮いているのが特徴的。メンマ、チャーシュー細切り、刻みネギが入る。酸味やや強く、辛味もやや強いという程度。胡椒と唐辛子の併用。甘味は殆ど感じない。
麺はストレートの細麺。やわ茹ででコシは弱い。奇妙なことに前半食べ始めは麺が異様に長いのだが、後半になるにつれ逆に異様に短くなる。どういうカラクリなのか全く分からない。

訪問した日がたまたまだったのかも知れないが、入店した際には前客ゼロで、12時を過ぎると次から次へと地元のお客さんが集まりあっという間に満席になってしまった。活気のない澱んだ空気が、一瞬にして賑やかに。そこそこ固定客は掴んでいるようで安心した。


【丸長系のページ】へ飛ぶ

<データ>
丸長(小豆沢)
最寄り駅:志村坂上
住所:東京都板橋区小豆沢1-6-16
定休日:日曜
営業時間:11:00?19:00

このページのトップヘ