スポンサード リンク

 

謝罪文の書き方

謝罪文の書き方

大人になるにつれ、物事の分別や常識、礼儀の知識が身についていきます。
ビジネスや社会生活の中で他人に迷惑をかけてしまったとき、その謝罪の意は丁寧な謝罪文や詫び状として相手に伝えねばならない場面もあることでしょう。
しかしながらビジネス文書としての謝罪文となるとその形式や儀礼的な言葉の使い方などに気を使ってしまうものです。
謝罪文や詫び状の書き方や文例というものを見ながら手紙や文書を書く方も多いことでしょう。
しかし、ここでもただのサルまねでは通用しません。相手には何も伝わらないでしょうし、それどころかあまりに書式や形式にこだわった書き方をすると、「心がない」ととらえられがちです。
マニュアルに沿って詫び状を書くことは決して悪いことでありません。
どんなに真摯な態度で謝罪しようとしても、そのアプローチや用法が間違っていたり、ポイントがずれていたりしては、逆効果になってしまうからです。
マニュアルに沿って書いたとしても、そこにあなたの陳謝の気持ちが表現されていれば、相手には失礼にはならずに気持ちは伝わるはずです。
何事もバランスと本質が大切です。
上手に文章を書こうとするのではなく、どうすれば相手に分かってもらえるか、問題解決方法はあるのかを考えながら書きましょう。
償いの意志と方法などを具体的に示しましょう。

desole at 00:00│clip!