kkk657

ブログ記事は何の目的で書くのか?


短刀直入に言うと、商品の購入してもらうためにブログ記事を
書くと言うことです。

でもいくら商品を購入してもらう為にブログ記事を書くと
いっても売り込み感が強いと嫌がれる傾向にあります。

「これ良いですよ」「買った方がいいですよ」って言うよな
類のものですね。

これってやられると引いてしまいますし、売り込み感が強いと
人間というのはそう言ったことを嫌う傾向にあります。

とはいってもアフィリエイターとしては、自分のブログを通じて商品を
購入してもらわないとなりません。

ブログ記事を書く目的は「商品を購入してもらう為」を念頭に入れて
では、セールス文はどの位置に置いておくのが良いのかを説明したいと
思います。

1、リード文(冒頭文)でのセールストークはNG
2、記事のまとめではしっかり売り込む

リード文(冒頭文)でのセールストークはNG

jjjo89


リアルのお店でも入っていきなり、セールスをされればすぐに出ていきたく
なりますよね。お店に入ってどんなものが置いてあったりとか見て回りたい
して雰囲気を感じて買ったり買わなかったり決めたりしますよね。

それと同じで冒頭文と言うのは所謂お店の入り口みたいなもので、はっきり言って
そういった入り口でセールス感が強い冒頭文を書くと離脱され易くなります。
では、理想的な冒頭文とはどのようなものになるかと言うと、「読者さんの心理を
刺激し読む気にさせる」必要がある部分となります。

検索意図を予測し冒頭文で本文の内容を掻い摘んで伝えると言うことです。
冒頭文でキーワードに対する答えを盛り込むのも一つの方法だと言われています。

記事のまとめではしっかり売り込む


ブログ記事を書く目的は「商品を購入してもらう為」でした。
アフィリエイトをやっている以上、どこかでセールスする必要があります。

まとめまで読むと言うことは非常に興味意識が高い読者さんとなります。
興味意識が高い読者さんと言うことは見込み客だと言うことです。
そう言った見込み客にセールを掛けないことは、大きな損失となります。
だからまとめではしっかり売り込むと言うことが必要になっていきます。

まとめ


ブログ記事を書く目的は、「商品の購入してもらうため」にブログ記事を
書くと言うことでした。
では購入してもらう為のセールス分はどこに置くと良いのかについては、
最後のまとめでしっかり売り込むと良いと言うことでした。

「売る」ということに気持ちが行き過ぎると、肩に力が入ってしまって
肝心の記事が書けなくなってしまったりする人がいるので注意してください。