2006年06月14日

陽のあたる場所の隠者たち!?

丘にまで手をのばしてしまった・・・文字どおり陽のあたる場所にいる彼らはオカヤドカリである。

実はオカヤドカリもひそかなブームらしく(まったく知らなかった!)もっぱらこちらはダイビングのように海に見に行くではなく飼うほうだが、色々オカヤドカリサイトを検索してみてその多さに2度びっくり!というところだろうか。

で、その中のあるサイトの情報によるとオカヤドカリにも種類があるらしく日本で見ることができるのは、オカヤドカリ、ムラサキオカヤドカリ、ナキオカヤドカリ、サキシマオカヤドカリ等であるらしい!!

ちなみに下3枚のヤドカリは前者のオカヤドカリらしい。何故らしいかというと見分け方のひとつ爪先の色がこれらの写真では見えないためである・・・
その他の見分け方は目柄や目の形等とあるので興味のある方はここに詳しくでているので見てみてください。

しかし、同じオカヤドカリでも色々色彩バージョンがあって中々やりますな彼らも。

参考までに、日本のオカヤドカリはすべて国の天然記念物に指定されているので勝手に捕ってきてはだめであるぞよ。とるのは写真だけにしましょうね。

ビーチに佇むオカヤドカリ。フォトジェニックですな。
ナキオカヤドカリ1






こいつはちょっと赤紫でおしゃれです。
ナキオカヤドカリ3






オカと名が付きながら渚にたむろしていた彼らであった。
海のヤドカリの常識でいくとこれだけ足柄が異なると別種の可能性もってことになるのですが・・・
ナキオカヤドカリ2







ブログランキングにほんブログ村 マリンスポーツブログへにほんブログ村 地域生活ブログへ

人気blogランキングへ

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/detective7/50218789