65b7fdc0166b28e07f35a17ea764957c_s













こんにちは、わたるです(*・ω・*)

今回は、教員採用試験直前の状況について書いていこうと思います。


教員採用試験(公立学校)

いよいよ、関東の教員採用試験が行われますね。
自分は何度も受けては落っこちてを繰り返してきました

「僕は覚えるのは本当に苦手なんです!」

というのは言い訳なんですが。
当時は、目標に向けて何をすべきかがわからなくて、ただがむしゃらに勉強をしていたというイメージがあります。

「ゴールや目的なしには、人は頑張れない」
と言われますが、最近は、

「どうやったら頑張れるのかがわからない」
という人が非常に多い気がします。

今現在、本番を迎えるにあたって、何をすべきか?
ということも、合格する人は合格すべくしてしていくものですので。
かなり自由な時間を過ごしていらっしゃるのではないでしょうか?(たぶん)

 



合格のために

1次試験はとにかく勉強ですよね。

どれだけ対策を練って、暗記ができたか。
そして、どれだけ本番で引き出せるか。

僕にはなかなかできませんでした。

こうして専任で教員をやれているのが、とても不思議です。
でも、自分にできることを全力でやることでしか、誰かに認められることはないのですよね。

僕は、新しい自分の教師像をどのようにして作り上げるか、そういうことをとにかくイメージしました。
合格のためには、そのイメージを強烈に作り続けて、それに向けて努力するしかないのですが、そのイメージをどうやって作るかは、まさに経験に差によるのですが。


最後にできることは

最後に必ず持っておくべきは、自分を信じることですね!

自分にしかできないこと、他の人に真似できない自分だけの特技や技術を存分に発揮すること。
それ以外で合格することはできないと思っています。

それだけの準備や用意、そして自信をもっていくしかありません。


僕は、自分の人生をかけて試験に臨んだ、昨年の夏を一生忘れないでしょう。







↓クリック応援お願いします☆